旅をしすぎたかも!直感を信じよう〜neol.jp | neol.jp

NeoL

開く

Blog

Niky Roehreke

Niky Roehreke

ニキ ローレケは日本、アメリカ、ヨーロッパを行き来しているノマドアーティスト。東京にてドイツ人の父と日本人の母の間に生まれる。ロンドンのセントラルセントマーチンのグラフィック学科を卒業後ブルックリンに移転し、イラストレーターとして仕事をはじめる。5年間のニューヨーク生活を経て、2014年にワシントン州のオーカス島に拠点を移し森の中でキャンピングカー生活をはじめて以来、自然と都会生活を行き来する旅を続けている。イラスト、テキスタイル、グラフィック、ミュージックビデオやアニメーションなど様々なフィールドで活動。ニキの手描きのイラストとコラージュは下書きせずに遭遇的に仕上がる部分へのこだわりがある。現在はアートをとおして環境問題、本来存在していた自然と人間を繋ぐ制作を進めている。
Niky is a German/Japanese artist and illustrator born and raised in Tokyo. She graduated from the Central Saint Martins College of Art&Design in London and now lives between Japan, Europe and the US west coast. Along with her work in commercial illustration, textiles and animation, Niky is cultivating more personal projects and fosters a growing interest in art as a tool for social change and peaceful activism. Art, she believes, is the most compelling means to address the urgency of our time and to engage in thoughtful reflection of the growing need for a healthy planet.
http://www.nikyniky.com


旅をしすぎたかも!直感を信じよう〜

    IMG_9735

     

    どうも!お久しぶりです。ノマドニキです。

    ブログもリニューアルしたという事で、やっとインド、ペルー、カルフォルニアなどで書き続けたきた文章をい~っぱいアップできる~と思ったら。。。まとめが苦手な私は混乱状態です。

     

    最後書いたブログがまだインドの旅の途中だったし、それからあらゆる事がありました。

    まず今どこにいるかというと、カルフォルニアのサンディエゴにいます。

    去年の10月から2ヶ月間インド、12月~1月の頭までペルーにいたので、

    久しぶりのcity lifeは最初は衝撃的すぎてしばらくひきこもりでした。

    でも今はこうして街中のカフェでコーヒー飲みながらコンピュータに向かって時間を過ごしてるのが久しぶりに居心地が良いです。

    私、少し旅をしすぎちゃったかも。

    なんで一人旅してるの?自分探し?てよく友達に聞かれたりしたけど、もうかれこれ2014年の夏ニューヨークから出発して2年間お家がないノマド生活を送り、特に最後のインド&ペルーの旅のあとに言える事は:注意!旅しすぎると更に自分が一体何者なのかわからなくなるよ。笑

    えーとそれが良い事なのか悪い事なのかはまず置いといて。

    人間には直感ていうのがあります。私の経験では他人とか世間の言う事とか自分の脳みそが言う事よりも。。。自分の直感の言う事を信じるのがベスト!なんというんだろう?自分の心?本能?の声が直感というのかな?

     

    今思い返すと気づいたのが、インドの旅はひたすら直感で行動してたらミラクルのような不思議な出来事だらけの毎日だった。危なくなった時もやっぱり感?で動いてたらどうにかなった。でも逆にペルーの旅は直感を無視し続けた結果主に怖すぎる経験をしてすごい勉強になったなー

     

    ペルーに行って世界一毒を持った毒グモと同じ部屋で生活して、巨大な蛇に出会って、蚊に100000回噛まれくって、ジャングルに住む人々に洗脳されそうになって、シャーマンに出会い、頭が狂いそうになってやっとわかりました:直感をなめては行けません!

    12月の頭にインドからペルーへの飛行機がカルフォルニアで乗り継ぎだったからそこで、一瞬久しぶりにシーツがついたふわふわのベットで寝て、暖かいシャワーを2ヶ月ぶりに奇麗なお風呂場で浴びて、おいしいご飯とコーヒーを飲み、ペルーの準備をしてたらなんか体?心?の底のどこかで「ニキ、ペルー行かないほうがいいよ。もう十分。」ていうMr. 直感の声がたしかに聞こえたんだけど。。。私のうるさい脳みそ野郎が「いやいや何言ってんの、飛行機代払ったし、ジャングルでの1ヶ月滞在の手配全部したし、まさかあきらめるなんてダサい事しないでしょあなたは。」って言うから、だよねーと脳みその言う事を聞いてペルーに行きました。

    まだ今まとまっていないので、ペルーの詳細は今度のブログに書きますが。。。

    最後に言えるのはまー後悔するような事をしようが、どんな最高にハッピーな事、最悪な悲劇的な事あっても今こうして私もみんなも毎日生きてるという事は人それぞれには今!ここに。この瞬間瞬間生きろ!という運命というものがあって生きているんだと思う。

    という事で、どうせだったらもっとありのままに生き生き(ニキニキ)と生きたい。

    それは今の私にとってもっと自分の事を信じよう、直感・本能にまかせてみようという事かな。

    今一瞬思い出した、Kurt Kobainが言った言葉:I’d rather be hated for who I am, than loved for who I am not

    (本当の自分でない自分を愛されるより、ありのままの自分が嫌われる方がマシだ)

     

    さすがに私はこんな事は言えないけど。。。

    さて絵を描こう〜

    IMG_3822

     

     

     

    RELATED

    LATEST

    Load more

    TOPICS