OKAMOTO’Sのアドレス帳 Vol.5 Megu(Negicco)×ハマ・オカモト 前編 | neol.jp

NeoL

開く

OKAMOTO’Sのアドレス帳 Vol.5 Megu(Negicco)×ハマ・オカモト 前編

hamamegu

OKAMOTO’Sのメンバーが友人はもちろん、憧れのアーティストなどをゲストに迎える対談企画第5弾。今回はハマ・オカモトとNegiccoのMeguという一見異色の組み合わせが登場。この両者に共通するスピリットとは?

 

——ハマくんはラジオでNegiccoさんの曲もかけたりしてますよね。元々Negiccoを知ったきっかけは?

ハマ「タワーレコードの『bounce』というフリーペーパーに俺らのアルバムインタビューが掲載された時のカバーがNegiccoだったんです。ちょうど俺がももクロなんかにもフォーカスをあてはじめた2011年くらいですね。そこで知って、その後『笑っていいとも』に出演してるのも観ました。その後に歌った小西(康陽)さんの”アイドルばかり聴かないで”って曲がもう本当にヤバくて。最初に聴いた時に『誰だろう?』と思って調べて、『Negiccoなんだ! すげえっ!』ってなったんですよ。それをラジオでかけさせてもらったんですけど、そこから遡って手に入るものは聴いて、ひとつ前のシングルも編曲が奇妙(礼太郎)さんだったりで、それもすごくいいなと思って。だからあえてB面の方をラジオでかけさせていただいて。今日お会いしたのは多分3回目ですけど、イベントで一緒になってもいつも時間がかぶってお互いにライヴを観れないんですよね」

Megu「はい。『ザンジバルナイト』の時にお話させていただいたんですけど、緊張しすぎて何しゃべったかあんまり覚えてないんです(笑)。すみません!」

ハマ「ちゃんとしゃべったのはあれが初めてでしたよね。俺らはツアー中で、ちょうどNegiccoのステージが始まるぐらいに会場を出なきゃいけなくて。それが悔しいという話と、あとかえぽ(Kaede)がまだ来てなかったからその話をして」

Megu「その日ハマさんと共演させていただくということで、ハマさんが好きそうな感じのセットリストを組んでいったんです。NegiccoのことをTwitterで呟いてくださったりしててすごく嬉しいなと思って、せっかく観ていただけるならと西寺郷太さんに作っていただいた曲を入れたりとか、ショートショートで曲をいっぱい聴かせたいなと思って色々考えてだったんですけど、残念ながら、残念ながら……」

ハマ「観れなかった!」

——(笑)。MeguさんはOKAMOTO’Sを知ったのはいつ頃ですか?

Megu「2011年に、友達が『ファッションショーがあるから一緒に行こう』って誘ってくれたんです。雑誌主催のイベントだったんですけど、そのゲストがOKAMOTO’Sさんで、初めて観させてもらって、かっこいいし、踊りながらライヴしてるのと、レイジさんが叩いてる時にワチャワチャしてて目を奪われてしまってすごく楽しかったんです。そこでハマってしまって、『欲望』のアルバムを買いに行きました」

——『欲望』は聴いてみてどうでしたか?

Megu「実はロックってあまり聴かなくて。でもアルバムを聴いた時に、ロックというだけじゃなくすごくセンスのあるかっこいい楽曲を作られているので初心者にも聴きやすくて、すごく素敵だなと思いました」

ハマ「ありがとうございます。この間のワンマンにはわざわざ新潟から来てくれたんですよね」

Megu「はい。行かせていただきました。熱気がすごくて、すごく楽しかったです。私、『天才てれびくん』が大好きなんですよ。エンディングで流れる“告白”をライヴで初めて観れて、嬉しかったです」

1 2 3

RELATED

LATEST

Load more

TOPICS