BOMI『BORN IN THE U.S.A.』インタビューneol.jp | neol.jp

NeoL

開く

BOMI『BORN IN THE U.S.A.』インタビュー

bomi_088

 

BOMIのニューアルバム『BORN IN THE U.S.A』。本作で彼女は過去の自分を埋葬し、新たな人生を踏み出すまでの物語を描いている。全体的にシンセを軸にした構築の比重が高まったサウンドは、これまでより格段に洗練されシェイプアップされている。そして、必然的にBOMIの歌唱力も過去作と比べものにならないほど浮き彫りになっているのが何より喜ばしい。おめでとう、新生BOMI。

 

——ホントにいいアルバムができましたね。

BOMI「ありがとうございます」

——それはそれで間違いないなく必要な時期だったもと思うんだけど——今まではサウンドも歌のアプローチもギミック重視だったと思うし、カラフルにしなきゃいけないという観念があったと思う。でも、もうモノクロの表現性も込みで歌ったほうが説得力あるじゃん、っていう堂々としたコンテンポラリーなポップミュージックがクリエイトされていて。おめでとうって言いたいです。

BOMI「うれしいです。やっぱり今までの作風とは一線を画すものを作りたいという明確な意志があって作り始めた楽曲たちなので。必然的に色が変わりましたね。モノクロのイメージはもともとあったし」

——そういう発想に至ったのは、メジャーレーベルから離れて、自分が体現すべきポップミュージックとは何なのかって本気で対峙したからだと思うんですけど。

BOMI「うん、そうですね。今までは周りの人が求めるものに翻弄されてしまっていたところがすごくあったので。環境が変わったときに思ったのは、やっぱり自分でコントロールできないと私は音楽を楽しめないんだなって思ったのが大きくて」

——うん。それは本質的な問題で。

BOMI「そうなんですよね。作品の方向性も含めて、自分がしっかり舵を取らないと私がやっている意味がないと思ったし。もう、キュートな感じとかキッズが反応するとかじゃなくて、シンプルに歌がよく聴こえて、サウンドがカッコいいものを作りたかったんですよね」

——うん、少なくともBOMIちゃんに関しては10代の青文字系ファッション誌読者をターゲットにしてとか、そういうベタな発想はいらないと思うんですよね。表層的な戦略にとらわれてシンガーとしての本質がスポイルされるなら、しんどくなるのはBOMIちゃん自身だと思うし。

BOMI「そうですね。今の時代、『カワイイ』っていう言葉もなんか怖いですもんね(笑)」

1 2 3

RELATED

LATEST

Load more

TOPICS