KANDYTOWN 『Kruise』インタビューneol.jp | neol.jp

NeoL

開く

KANDYTOWN 『Kruise』インタビュー

kandytown1

KANDYTOWN。世田谷出身の面子を中心に構成されるヒップホップ・クルーである。まず話の本筋に入る前に、総勢15人で構成されるメンバーひとりひとりを紹介しよう。

B.S.C:ラッパー
DIAN:ラッパー
DONY JOINT:ラッパー
GOTTZ:ラッパー
HOLLY Q:ラッパー
IO:ラッパー / フィルム・ディレクター
菊丸:ラッパー
DJ MASATO:DJ
MIKI:ビートメイカー
MUD:ラッパー / ビートメイカー
NEETZ:ラッパー / ビートメイカー / エンジニア
呂布:ラッパー / ビートメイカー
DJ WEELOW:DJ
YOUNG JUJU:ラッパー
YUSHI:ラッパー / ビートメイカー

上記のような彼らの横断的な担当分野からも分かって頂けるであろうが、ラッパー/ビートメイカー/DJ/エンジニア、そしてフィルム・ディレクターと、様々な才能を持ったアーティスト集団である。

 

B.S.C「もともとはストリートで出会いつつ、学校が一緒だったり、連れが繋がっていったり。みんな殆どフッドが世田谷だったんですよね。そういう連中がどんどん増えていって、今の体制になった感じですね。だから、古いヤツは保育園からの付き合いだったり、13~4の時にはグループになってたり」
YOUNG JUJU「基本的には、YaBastaとBANKROLLっていう、二つのクルー/グループがあって、そこを中心に組み合っていった感じですね。それで2~3年前にKANDYTOWNっていう集合体になっていって」
IOステージの上に立ってる時だけがKANDYTOWNっていう訳じゃなく、ヒップホップである以上、自分たちのフッドを愛して、地元をレペゼンして、シスターやブラザー、それに自分達の音楽に誇り持ってフッドを大切にしたい」
その意味では、一つの旗印ではなく、それぞれのメンバーが自然に引き合うようにして現在の形になったというKANDYTOWN。明確なリーダーはいないが、このクルーの精神的な支柱はYUSHIだと、メンバーは口を揃える。

IO「俺らは彼の事を『KING』って呼んでる。それぐらい、YUSHIの存在が大きいですね。YUSHIが俺らの中心だったし、みんなの判断もそうだと思う、YUSHIがNo Goodだって思うような事はやらないっていうのが、自分達の基準になってると思います。KANDYTOWNにリーダーはいないけど、強いて中心人物を上げるなら、YUSHIです」
呂布ラップを俺らの間で一番最初に始めたのがYUSHIだったし、あいつがいなかったら、KANDYは無いですね、確実に」
そう語られるYUSHIは、ドカット(ex.ズットズレテルズ)の名でも知られるラッパーだが、ニュースなどでも既報の通り、今年2月に急逝が発表された。しかし上記の話の通り、KANDYTOWNには、彼のイズムがしっかりと息づいているだろうし、彼への思いはBANKROLLの“KING”や、KANDYTOWNが制作したPV:YUSHI“42st”などからも、感じ取ることが出来る。

1 2 3 4

RELATED

LATEST

Load more

TOPICS