KANDYTOWN 『Kruise』インタビューneol.jp Page 4 | neol.jp - Part 4

NeoL

開く

KANDYTOWN 『Kruise』インタビュー

kandytown5

現在の彼らの注目度からすると、言葉通り早い者勝ちになりそうだが、その評価の高まりかたに対しても、独自の見解を彼らは持っている。
IO「外の評価を1番には考えないですね。自分達がクールだと思えることがまず、前提。外の人がどう言おうと、自分たちがベストだと思えばそれがベスト」
B.S.C多くの人に自分達のことを知ってもらうことは嬉しいけど、昔からいい意味で、外の意見は聞かないですね」
YOUNG JUJU「フェイマスになりたいからこういう曲を作ろうとか、こういう風に見てもらおうってキャラ付けみたいな事は全く考えてないし、俺らはイケてるだろうって事だけですね、言いたいのは。そういう生き様です。作品に関しても、本気ではあるけど、遊びの延長ではあるので、『これぐらいで評価されるんだ』って思ってる部分もありますね。曲書きたいなって作って、NEETZんちで録って、曲を出してるって段階なんで。だから、まだまだこれから、もっとヤバい作品が出せると思うんですよね」
MIKI「力出すのはここからだと思いますね」
また、DONY JOINT/IO/YOUNG JUJUの三人は、DJ NOBU a.k.a. BOMBRUSHやLostFace、JASHWONなどを擁するヒップホップ・クリエイター集団:BCDMGへ加入、呂布や菊丸、GOTTZなどはソロとしてもリリースを展開するなど、KANDYTOWN外での活動も展開する。
呂布「KANDYTOWNという場所、ファミリーがあるからこそ、色んな所に打って出ても大丈夫だって思えるんですよね。俺らにとってKANDYTWONが中心だから、色んな所に出て行っても、帰る場所はここだって分かってるから」
IO「みんなソロのプロジェクトもセットしてるし、ソロではKANDYTOWNの魅せ方とは違うものが出ると思います。
来年にはKANDYTOWNとして、オリジナル・フル・アルバムも予定しているとの事。そこでまた一つ、彼らの新たなステップが見えることになるだろう。
MIKI「出るか出ないかみたいな感じに思われてるけど……(笑)」
B.S.C出た時にはかなりヤバいアルバムになると思いますね。……まだ何にも作ってないけど(笑)」
呂布「目標に向かって頑張ろうみたいな部分はないんですよね。遊びの延長をデリヴァリーするって感じなんで。意識的にやると変わっちゃうと思うし、日常の中で生まれて、日常に溶け込むっていうような音楽を作りたいなって思いますね」
MUD「俺的には、ヒップホップを始めたキッカケがUSだったんで、行く行くはUSの奴にも届くものを作りたい。国境とかを100%無視するような作品を作りたいし、KANDYTOWNは国境とかっていう次元を超えたいんですよね。だから、「ジャパニーズ・ヒップホップ」じゃなくて、「ヒップホップをやりたい」って思います」
IO「自分のスタイルを信じて、音楽、ファッション、歩き方から仕草まで… 街の中をロマンティックにキメてく。
そうやって『クール』に生きる、それがKANDYTOWNです」

kandytown2

 

撮影 依田純子/photo Junko Yoda

文 高木”JET”晋一郎/text Shinichiro”JET”Takagi

編集 桑原亮子/edit  Ryoko Kuwahara

撮影協力:STUSSY HARAJUKU CHAPTER

 

 

KANDYTOWN
kandytownlife.com/

 

kandytown

KANDYTOWN
『Kruise』
9月30日発売
SOLD OUT
KANDYTOWN『Kruise』を1名様にプレゼントします。空メールを送信するとプレゼントに応募できます。(←クリック)ご応募お待ちしております。
後日当選された方にはいただいたメールアドレス宛にNeoL編集部よりご連絡させていただきます。

 

 

KOLD CHAIN(Kruiese’s Edition)

1 2 3 4

RELATED

LATEST

Load more

TOPICS