OKAMOTO’Sのアドレス帳 Vol.10 吉澤嘉代子×ハマ・オカモトneol.jp | neol.jp

NeoL

Culture


OKAMOTO’Sのアドレス帳 Vol.10 吉澤嘉代子×ハマ・オカモト

yoshizawahama1

OKAMOTO’Sのメンバーが友人はもちろん、憧れのアーティストなどをゲストに迎える対談企画第10弾は、ハマオカモトが注目するシンガーソングライターの吉澤嘉代子が登場。バックグラウンドから曲との向き合い方を語ってくれた。そしてこの場を借りて吉澤がハマにお願いしたいこととは?

 

――ふたりが初めて会ったのはいつごろなんですか?

ハマ「吉澤さんに初めてお会いしたのは、僕がMCを担当しているBSの音楽番組(「FULL CHORUS〜音楽は、フルコーラス〜」)にゲストに来ていただいたときですね」

吉澤「去年の10月くらいだったかな?(実際は9月29日オンエア)」

——ハマくんはそれ以前に吉澤さんの楽曲を聴いてたんですか?

ハマ「聴いていました。2015年は女性シンガーソングライターにスポットが当たることが多かったので、いろいろな女性シンガーソングライターの音源をチェックするようにしていました。その流れで音楽好きの先輩と話していたときに吉澤さんのお名前が出て。インタビューを読んだことはありましたが、音源は聴いたことがなかったので気になっていたんです。先輩の勧め方も『カメレオン的な音楽性だから聴いてみて』というかなり興味が惹かれる言い方で」

——“カメレオン的”って吉澤さんの音楽性を思うと言い得て妙ですね。

ハマ「そうですよね。それでYouTubeでMVを観たんです。最初に観たのは『ケケケ』のMVで。別の日にスペシャ(スペースシャワーTV)で全く違うタイプの曲のMVが流れていたので『カメレオン的ってこういうことか!』と思って。そこから過去の作品も聴いていきました」

吉澤「ありがたいです」

ハマ「これは番組でお会いしたときにも話しましたが、歌詞の妙だったり、どこまでが本人の作曲で、どのようにアレンジしているのかなど、細かいことがいろいろと気になって」

1 2 3 4 5

関連記事