藤代冥砂「新月譚 ヒーリング放浪記」#30 ベルリンneol.jp | neol.jp

NeoL

開く

藤代冥砂「新月譚 ヒーリング放浪記」#30 ベルリン

DSC03546

 



日頃から体調には気をつけていても崩すことはある。そういう時のリカバリー方法を自分なりに心得ている人は多いと思う。勝手知る付き合いの長い自分の体のこと、自分で治すコツをいくつか持っている人はセルフヒーラーでもある。私の場合、腹痛に対してはうつ伏せに寝て腹部に拳を当てる。拳に遠慮なく脱力した体重をかけ、痛い箇所を圧迫する。たいていの腹痛は五分も待たずにやわらいでいく。頭痛の場合は後頭部の首とのジョイント部分を指圧するようにマッサージする。これも良く効く。頭蓋骨を持ち上げるほどに強くじんわりと当てるのが心地よい。眼性の疲労ならば、鼻の上、眉の端下にあるツボを揉む。こんな具合に病院や薬局に行く前に、いくつかの小さなスキルを持っておくと心強い。特に旅行中の不調は心細く不安に陥りやすい。そんな時こそスキルというホームドクターの存在がありがたい。自分にもつい最近そういうケースがあった。場所はベルリンでのこと。その朝、目覚めると、疲労感と発熱感があり、腹部にも不快感があった。風邪にも似ていたが、それに輪をかけて強い疲労感があり、すぐに昨夜のメニューが思い浮かんだ。

ベルリン在住の友人の薦めでトルコ料理店に行き、薦められるままに羊の内臓のスープをいただいた。普段肉をほとんど食べないので、ちょっと強すぎるかなあと尻込みしたが、口にすると癖は強いが以外と美味しかったので、結局内臓も食べ、全て飲み干してしまった。

翌朝、私は鏡に映る疲弊した自分の顔を見つつ、腹に手をあてて、今更悔いたがもう遅かった。

それでも午前中の約束を果たすべく、地下鉄を乗り継いで動物園駅前にある待ち合わせ場所、ヘルムート・ニュートン写真美術館へとたどり着いた。

三十分も前に着いたので、十ユーロほどを払ってニュートンの展示を見ることにしたのだが、全身に力が入らず、搾りかすのようなていたらくぶりであった。ニュートンの力強い構図が、弱った体に追い討ちをかけるかのように私を見下ろして、浜に打ち上げられた漂流者の虚無を感じた。

私は展示を見ることを早々に諦めて、広大な建物の隅に慈悲のように配置されてあるソファに身を預けた。

2ページ目につづく

1 2 3 4

RELATED

  • FEATURE
  • REGULAR