呂布 × 高岩遼『All in One EP』対談インタビューneol.jp | neol.jp

NeoL

開く

呂布 × 高岩遼『All in One EP』対談インタビュー

3Z6A6159

誰よりも自由にビートと戯れようとし、“交歓のフロウ”でフロアにいるオーディエンスを満たす世田谷生まれのフリースタイルラッパー、呂布。彼が4月にリリースした1st EP『All in One EP』が素晴らしい。生音主体のトラックで豊潤なメロウネスをたたえたラップと歌をスムースに躍動させリスナーの耳を満たす。彼のアートフォームがひとつの形を見た作品といっていいだろう。今回、本作のリリースを祝うために対談企画を実施。

 お相手は、高岩遼(SANABAGUN./THE THROTTLE/SWINGERZ)。ジャズをルーツにヒップホップ、ソウル、ロックンロールのイズムを本質のみで体現するリアリズムに満ちたシンガーとしての生き様は、スターと呼ぶにふさわしいオーラを放っている。呂布と高岩は同い年で、2年ほど前から親交を深めており、SANABAGUN.は『All in One EP』のリリースパーティーにも出演した。雄々しく人間味に富んだ2人のクロストークを楽しんでほしい。

 

――お互いの初対面の印象は?

呂布「SANABAGUN.のライブを観て、同世代のアツいバンドが出てきたなと思って。いままで同世代で自分がおもしろいと思うバンドってなかなかいなかったから、心のなかでうれしかったんですよね。最初に会ったときにSANABAGUN.のメンバーから名刺をもらって」

高岩「そうだっけ?」

呂布「なんか、遼からは“ジョニー”って書いてある名刺をもらって」

高岩「ああっ! SANABAGUN.で名刺を作って配ってた時期があるんですよ。俺は“ジョニー・ザ・キッド”って異名を書いて(笑)」

呂布「その名刺をもらって俺は『どうも、呂布です』みたいな(笑)」

高岩「最初は(岩間)俊樹(SNABAGUN.のMC)と亮平(呂布の本名は中山亮平)がラッパー同士で話しているのを見て、あとで俊樹に『誰?』って訊いたら、『呂布っていうラッパーで超有名だよ』って返ってきて。マジか、タメかみたいな。そこからはもう、話せばいいやつだってわかるし、最初から俺は“亮平”って呼んでますね。ステージ上でも呼んじゃうんですけど(笑)。気づいたら下北沢GARAGEとかでよく会うようになっていて」

呂布「連絡は取ってないんだけど、よく会うみたいな。お互いにフィールするところが一致すると必然的に会う機会が増えると思うから」

高岩「確かにそうだね」

――呂布はそういう感覚をとても大事にするもんね。

呂布「うん、むしろそういうことしか大事にしない」

高岩「亮平のこの感じがめっちゃ素敵なんですよね」

――遼もそうでしょう?

高岩「俺もそうっす。大事なのはご縁と仁義っすね」

呂布「間違いない」

1 2 3 4

RELATED

LATEST

Load more

TOPICS