藤代冥砂「新月譚 ヒーリング放浪記」#39 瞑想ワークショップneol.jp | neol.jp

NeoL

開く
text by Meisa Fujishiro
photo by Meisa Fujishiro

藤代冥砂「新月譚 ヒーリング放浪記」#39 瞑想ワークショップ

IMG_5174


 ヒーリング関係のワークショップは様々で、ヨガやアロマから、ちょっと怪しげなものまで百花繚乱である。何を選び、どれに参加するかはまさに運や縁の世界になってくる。
 もちろん初めから自分に合ったものに出会えれば問題ないのだが、もしそうでなかった時に、せっかくのヒーリングへのドアが閉ざされてしまうのは、勿体無い。
 また、洗脳とまではいかなくとも、その世界にどっぷり浸かり、それ以外を排除してしまったり、法外に高価な物販に誘われてしまうのも、残念に思う。
 この連載を通して様々なヒーリングがあること、そしてヒーリング的な視点を日常に持って生活すること、を語ってきたのだが、その時々に触れた内容に興味を持って、いざ踏み出そうと思っても、どれを選んでいいのか躊躇してしまった方も多いと聞く。
 言葉による紹介だけでなく、実際ヒーリングへのきっかけを具体的に提案できないかなと僕も次第に考え始め、行き着いたのが瞑想ワークショップだった。
 読んでの如く、瞑想を経験していただく会である。去年の12月から始め、月に4度ほどのペースで開催しているのだが、どの会も定員に達している。参加者は8割方女性で、瞑想には以前から興味を持っていたがきっかけがなかった、ということを一様におっしゃる。それを聞くたびに、まさに自分の意図したことが形になっているのだなと嬉しく思う。
 参加者募集はフェイスブックの自分のタイムラインのみという限定されたものだが、1回につき6人という少人数のクラスには、ちょうどバランスが良いようだ。
 開始は10時であることが多く、午前中の新しい光の中での瞑想が好ましいという考えからで、本当は8時に始めたいのだが、それは早朝クラスを設けることで後々実現してみたい。
 開催は、平日休日を混じえ、偏りのないようにしてある。意外と平日の参加者が多い。主婦の方や、時間の自由がきくお仕事をされている方、幼稚園へ子供を送り出したあとのお母さん、などの面々が、お互い見知らぬ者どおしで集い輪になっている。日常を外していただくために、自己紹介などは意図的に省いている。いつもの自分をいったん無くし、匿名となれるようなニュートラルな環境をまずは提供する。



2ページ目につづく

1 2 3 4

RELATED

LATEST

Load more

TOPICS