OKAMOTO’Sのアドレス帳 Vol.16 八木 類(Czecho No Republic)×オカモトコウキneol.jp | neol.jp

NeoL

開く
text by Shoichi Miyake
photo edit by Ryoko Kuwahara
photo by Hiroki Wada

OKAMOTO’Sのアドレス帳 Vol.16 八木 類(Czecho No Republic)×オカモトコウキ

0221_0103


OKAMOTO’Sのメンバーが友人はもちろん、憧れのアーティストなどをゲストに迎える対談企画第16弾。今回はCzecho No Republicのギター、シンセサイザーを担当する八木類との対談が実現した。リスナーとしての音楽に対する趣味嗜好が近い両名のクロストーク。バンド外の活動も少なくない2人が、互いのバンドの行く末に還元するものとは?


ーコウキくんと八木さんの組み合わせはけっこう意外で。


コウキ「そうかもしれないですね」


ーOKAMOTO’Sとチェコが繋がってるイメージを持ってる人はそんなに多くないと思うんですよね。


コウキ「メンバー全員と知り合いというわけではなく、八木さんだけすごい仲よくさせてもらっています。この間、小池美由さんというアイドルのシングル(『恋する二人は』)のサウンドプロデュースと作曲をする機会がありまして。そのときに八木さんに演奏面で手伝ってもらいました」


―どのように出会ったんですか?


コウキ「1年くらい前にたまたま飲み会で一緒になったのがきっかけです。バニラズ(go!go!vanillas)のメンバーと一緒に飲んでいたら、八木さんもそこに合流して、ビートルズの話でものすごく盛り上がったんですよ。そのときにバニラズの牧(達弥)くんが、『八木さんの作る曲がすごいいいんだよね』と教えてくれて。実際に聴かせてもらったら『この人、本当にビートルズが好きなんだな』と思って(笑)」


ー一緒に飲んだときはほとんどビートルズの話を?


コウキ「最初はずっとビートルズの話をしていましたね。そこからさらにビートルズとアニマル・コレクティブの話で盛り上がって。『チェコのアルバムでその2組を合わせた様な曲を作ったんだよね』と八木さんが話していて」


八木「現段階で最新作の『DREAMS』というアルバムに入ってる、タカハシ(マイ)が歌っている『ゴッホとジョン』とか『Born Again』とか」


コウキ「八木さんはギタリストであると同時にコンポーザーでもあるので。シンセなどにもすごく詳しいんです。ミュージシャンとしてすごく面白い人だなと思いまして」


―八木さんはコウキくんに会う前はOKAMOTO’Sにどういう印象を抱いてました?


八木「若いときから活動してるし、超センパイみたいな(笑)」


ー年下のパイセンみたいな。


八木「でも、今はこんなに仲良くなれそうな人がいるんだって思ってます」


コウキ「僕も珍しいです」


八木「こんなに自分の家にいたい人がいるんだと思って(笑)」


コウキ「八木さんが僕の家に遊びに来たり」


八木「2回くらい行ったかな」


ー一コウキくんの家で緒にレコード聴いたりとか?


八木「そうですね。レコードのコレクションがすごいから、ずっといたいなって思う(笑)。ビートルズの大全集みたいのもあるし」


コウキ「レコードをずっと聴いていました」


八木「あと『スパイナル・タップ』も観たよね」


コウキ「観た!」


八木「一緒にいた元踊ってばかりの国の林(宏敏)くんと3人で『スパイナル・タップ』を観て爆笑したあとにビートルズのMV集観て『ええわぁ』って言い合うみたいな」


ー完全に男の子の遊びですね。


八木「『Love Me Do』を見始めて、気づいたら『Come Together』が終わってましたね(笑)」


コウキ「普段は誰かとビートルズのMVを観ようとは思わないですもん」


ー最早OKAMOTO’Sとのメンバーとは絶対に観ないだろうしね(笑)。


コウキ「絶対に観ない(笑)」


ー八木さんもあまり外交的なほうではないですか?


八木「飲んだりはするんですけど、家に遊びに行くまでの関係にはなかなかならないですね」


コウキ「僕も自分から開いていくタイプではないですし、落ち着いて音楽の話ができたらうれしいという感じなので。ましてや人見知り。八木さんは古い音楽と新しい音楽の両方が好きなので、仲よくなれたと思うんです。自分の感覚にピッタリ合う人はなかなかいなくて。さらに一緒に仕事もできたので。そうそう、去年テーム・インパラのライブも一緒に行きました。レモン・ツイッグスなども八木さんから教えてもらって」

1 2 3

RELATED

LATEST

Load more

TOPICS