ローラ・アルバート×アヴちゃん(女王蜂)『作家・本当のJ.T.リロイ』対談 neol.jp Page 2 | neol.jp - Part 2

NeoL

開く
text by Ryoko Kuwahara
photo edit by Ryoko Kuwahara
photo by Shuya Nakano

ローラ・アルバート×アヴちゃん(女王蜂)『作家・本当のJ.T.リロイ』対談

laura_avu1


アヴちゃん「生きることはファッションじゃないから。真実に向き合うと怖いから、誰かを攻撃したり、追いつめることで安心しようとする人がとても多いけど、私はそれが気にくわない。自分にしても、トラウマのまま傷にして同情されるのがおいしいのはわかっているし、辛すぎて死んでしまう人がいるのもわかっている。でも私の中にはマグマがあるから向き合って戦う。犯されても何されても、心が常に燃えていれば、手を洗って作品にしてしまうことができるから汚されない。それはこの映画からもすごく感じた」


ローラ「そうやって作品にするためには、自分の心をおさえているものを取り除くことが大切よね。自分が経験した苦しみに正直であること、それを何らかの作品に変えていくことで、他の人にも同じ機会を与えることになり、そうやって自分はひとりじゃないと感じることができる」


アヴちゃん「そう。だからリロイを使ってあなたがやったことは、規模は違うかもしれないけど、キリスト教と同じだと思う。ゼウスがいて、キリストがいて、象徴としての十字架がある。リロイがゼウスだと思われているかもしれないけど、実はリロイが十字架で、あなたがジーザスですよね。経験に基づいた物語を媒介に真実を引きずり出したという意味で、同じことをやっている」


ローラ「非常に美しく、隠喩的な例えをありがとう。インタビューなどで自分の話をするたびに心が血を流すのだけど、それはスティグマーター(聖痕)だと思う。『サラ、いつわりの祈り』で娼婦が集っているスリー・クラッチズという所に行く場面があるけど、あれは私とジョアンナと精霊(J.T.)という三位一体を意味しているの。うまく言えないんだけど、J.T.は本当に存在していたのよ。私は嘘をついたのではなく、彼の真実を語っただけ」


アヴちゃん「私も同じで、今回“Q”という作品でお父さんに虐待された少年の曲を書いたんです。それはあなたがJ.T.を媒介にしたのと同じで、虐待された子を媒介にしなくては語れないことだったりするけれど、そこで語られているのはひとりの物語ではなく、みんなの物語なんですよね。世間では虐待をうける人のことを特別視してるけど、誰しもに起きうること。自分をそこから切り離して安全なものにしておきたい人が、封をしたり、いじめたり、追いつめたりする。でも自分にも起きうることだと気付いてほしいし、気付くときがくると思う。私はバンドで、ローラさんは作家さんで、戦い方は違うかもしれないけど、そのときまでマグマを持つもの同士戦い続けましょう」


ローラ「私たちは同じ星の人間ね。私の本を読んで曲を書いてほしいわ。ぜひコラボレーションしましょう。でもね、きっとあなたは音楽だけじゃなく、自分の物語を書くときがくると思う。私たちは音楽や本を使って仲間を次々と見つけ、ヘルプしていくのよ。そうやって真実について綴られた物語を生かし続けていきましょう」


laura_avu4


photo Shuya Nakano
interview & edit Ryoko Kuwahara


JTリロイ_main_s
『作家、本当のJ.T.リロイ』
新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷ほか全国順次公開中


1996年に突如文壇に現れ、女装の男娼となった過去を綴った自伝『サラ、神に背いた少年』で時代の寵児となった謎の天才美少年作家、J.T.リロイ。その才能にほれ込み、映画監督のガス・ヴァン・サントは『エレファント』の脚本を依頼。二作目の著作『サラ、いつわりの祈り』はアーシア・アルジェントによって 2004 年に映画化された。しかし、2006 年ニューヨーク・タイムスの暴露記事によって事態は一変する。
監督:ジェフ・フォイヤージーク(『悪魔とダニエル・ジョンストン』)
撮影監督:リチャード・ヘンケルズ
音楽:ウォルター・ワーゾワ
出演:ローラ・アルバート、ブルース・ベンダーソン、
デニス・クーパー、ウィノナ・ライダー、アイラ・シルバーバーグ ほか
(2016年/アメリカ/111分/カラー、一部モノクロ/1.85:1/DCP/原題: Author: The JT Leroy Story)
配給・宣伝:アップリンク
© 2016 A&E Television Networks and RatPac Documentary Films, LLC. All Rights Reserved.


★サンダンス国際映画祭2016 正式出品★
●公式サイト http://www.uplink.co.jp/jtleroy/
●公式Twitter https://twitter.com/JTleroyMovieJP
●公式facebook https://www.facebook.com/jtleroy.movie.jp/



ローラ・アルバート

1965 年、アメリカ・NY州ブルックリン生まれの女性。J1996 年から J.T.リロイ名義で小説を書き始め、「サラ、 神に背いた少年」(2000)、「サラ、いつわりの祈り」(2001) がベストセラーになる。2004 年には「かたつむりハロルド」を出版。「J.T.リロイ」という名前は、先に自分が創り出していた 2 つの名前「ジェレマイア」と「ターミネーター」の 頭文字と、彼女が相手をしたテレホンセックスの客の名前「リロイ」から取っている。
http://lauraalbert.org


女王蜂
アヴちゃん(Vo)、やしちゃん(Bass)、ルリちゃん(Drums)、ひばりくん(Guitar)。2009年神戸にて結成。2010年7月 FUJI ROCK FES「ROOKIE A GO-GO」に出演。同年11月 ファッションブランド[ヒステリックグラマー]のシークレット・パーティ出演。2011年インディーズにて初の全国流通盤『魔女狩り』を発売し、1万枚の売り上げを記録。9月、ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズよりメジャーデビュー盤『孔雀』をリリース。収録曲“デスコ”が大ヒット映画『モテキ』メインテーマに起用され、本人役で映画初出演を果たす。2012年5月、メジャー2作目となるアルバム『蛇姫様』をリリース。LIVE・リリース共に精力的に活動し、話題沸騰の中、Gtギギちゃんの利き腕の不調による脱退に伴い、2013年にバンド活動を休止。2014年2月、約1年間の活動休止期間を経て活動を再開。活動再開後、NHK「あさイチ」にて地上波初登場を果たし、再び注目を浴びる。2015年1月テレビ東京ドラマ「怪奇恋愛作戦」の主題歌“ヴィーナス”を書き下ろし、初のシングルリリース後、3年ぶりのフルアルバム『奇麗』をリリース。夏には5年ぶりの FUJI ROCK FESTIVAL2015へ出演。
2016年対バンイベント「蜜蜂ナイト」を主催し、 ’’KEYTALK‘’ ’’Tommy heavenly6’’ ‘’チームしゃちほこ’’ などと異例の2マンライブを開催。5月にはVoアヴちゃんによる別プロジェクト’’獄門島一家’’とのスプリットシングル「金星/死亡遊戯」をリリース。2017年4月05日には2年ぶり5枚目のアルバム『Q』をリリースし、オリコンデイリーチャート5位を記録現在開催中の自身最大規模の全国ワンマンツアーは各地チケットがソールドアウト。リリース・ライブともに精力的に活動中。
http://www.ziyoou-vachi.com/

1 2

RELATED

LATEST

Load more

TOPICS