アヴちゃん(女王蜂)「デートはライトに」 Vol.9 ゲスト:やしちゃん おらが丼編neol.jp | neol.jp

NeoL

開く
text by Ryoko Kuwahara
photo by Shuya Nakano

アヴちゃん(女王蜂)「デートはライトに」 Vol.9 ゲスト:やしちゃん おらが丼編

NeoL_avuyashi2 | Photography : Shuya Nakano


女王蜂のアヴちゃんが彼女を慕う方たちとお忍びデート。その様子をドキュメントする人気連載第9回目に登場するのは、なんとやしちゃん! 「アヴちゃんの本命は俺や」と名乗りをあげ、みっちりプランを考案してデートに臨んでくれました。


11:40食事処 名代亭


アヴちゃん「あ!ご飯キタ! なんて素敵なハミデント(はみ出しているの意味)」


やしちゃん「このハミデントは最高です。お醤油ください」


アヴちゃん「どうぞ。わたしはワイサイビ(山葵の意味)」


やしちゃん「いただきます!」


アヴちゃん「いただきます!ウワーッ、しゅごい!しゅごいよ!」


やしちゃん「サザエ入っとる」


アヴちゃん「うん、いい酢飯。めっちゃ美味しい。この焼いてるハラスも美味しい」


やしちゃん「おいC—!」


アヴちゃん「2分で食べられるくらい美味しい。食いしん坊アヴィバ降臨。アヴィバというのはわたしのもうひとつの人格です」


やしちゃん「素晴らしいね。鯵、大好き。玉子もセクシー。魚って全部セクシーな味よな」


アヴちゃん「確かに。食感とかね。お汁も美味しいで」


やしちゃん「ガリも好き」


アヴちゃん「わたしはガリは苦手。あまじょっぱからくて謎。やしちゃんはお弁当のプチトマトが食べられないから、いつもわたしが食べてあげてるの」


やしちゃん「全食材の中で唯一食べられないのがトマト。ケチャップとかミートソースは好きやのに、トマトは憎たらしい味がする。今日はアイメイクが青いな」


アヴちゃん「いいでしょ。うちらはみんな、メイクちょっとでも違ったらすぐ言うよな。『ええやん!』って。この間SILENT SILENとの対バンのときに、ルリちゃんが本番前にメイクしてたんだけど、パッと見たら口唇が真っ青で」


やしちゃん「目の上も真っ青やったな」


アヴちゃん「めずらしく、わたしが『あっ!』ってなって」


やしちゃん「『全然いいんやけど、SILENT SILENの日やし、ちょっと怖がらせてしまうかも?』ってアヴちゃんが言って、ちょっとして見たらピンクに変わってたよな。仕事がはやい」


アヴちゃん「全部ピンクになってた。仕事がはやくて綺麗。ルリちゃんのコメントの解読はわたししかできないからね。古代文書のように難しい」


やしちゃん「脈絡もなく突然『わたし、イノシシやから』って言うしな」


アヴちゃん「『猪突猛進ってことですね。はい、分かりました』って」


やしちゃん「あれはわたしも大体わかってた。もうぽんぽこりん」


アヴちゃん「わたしも完食」


やしちゃん「おごちそうさまでした!」


アヴちゃん「おごちそうさまでした!おいちかった」


やしちゃん「幸せ」


NeoL_avuyashi |photography | Shuya Nakano



NeoL_avuyashi3 | Photography : Shuya Nakano



NeoL_avuyashi4 | Photograpy : Shuya Nakano


NeoL_avuyashi5| Photography : Shuya Nakano


NeoL_avuyashi6| Photography : Shuya Nakano

1 2 3

RELATED

LATEST

Load more

TOPICS