Interview with Jayda B from Bae Tokyoneol.jp | neol.jp

NeoL

開く
text by Ryoko Kuwahara
photo by Takaaki Sano

Interview with Jayda B from Bae Tokyo

baetokyo4| Photography :  Takaaki Sano


文化の違い、人種やジェンダーアイデンティティの壁を超え、才能ある女性アーティストの活躍をサポートするコミュニティとして2015年に始動したBae Tokyo。クリエイティヴでユニークなイベントや様々なアーティストとのコラボレーションを通し、世界中の音楽や文化を紹介する場を提供。アーティストのみならず、Bae Tokyoのイベントに参加する全ての人々を繋ぎ、協力の輪を広げていけることを目指している。そのBae Tokyoの2周年を祝うアニバーサリーパーティが11月4日(土)にCIrcus Tokyoにて開催。イベントを目前に控えたBae Tokyoのファウンダー、Jayda Bに彼女たちの活動について話を聞いた。



ーーあなたのこと、そしてBae Tokyoについて教えてください。


Jayda B「私の名前はJayda B。ジョージア州のアトランタ出身。19歳から東京とアトランタを行き来していて、現在は東京に住んでいます。Baeの活動は2015年に私の地元のアトランタで始まりました。様々な方面で拡大させるために東京に移って、まだ小さなチームではあるけれど予想以上に広がりを見せています。この2年でイギリス、ソウル、シンガポール、ロサンゼルスで様々な女性たちと活動してきたんですが、みんながこんなに純粋な気持ちで支援してくれるなんて思ってもいませんでした」


ーーBae Tokyoがクリエイティヴ・エージェンシーという形をとっているのはなぜでしょう。


Jayda B「私たちがやることは全て、このチームから出来ていると気づいたから。それと、他社のプロモーターに私やその他の”Bae girls”と働きたいというオファーももらうようになったので、自分たちの活動だけにとどまらず、他者に同じサービスを提供しだしたんです。例えばライヴが上手くいくように代理店のような動きをすることもあり、みんなに公平に給料を支払ったりもしています」


ーー主要メンバーの役割は?


Jayda B「インターンからマネージャーまで幅広いポジションがあって、どの役割も大事だけど、自分たちの見せ方ややり方にはこだわりがあるからファウンダーの私が決定を下す事柄が多いですね。デザインは、アトランタに拠点を持っているCOOのAshley Rhodenに任せています。彼女はセンスが良くて、デザインに関してはなんでも知っているんです。彼女がすることに指示を出すことはありません。私たち2人は好きなスタイルも仕事の進め方も似ていて働きやすいんです。彼女がしていることをまず信じて、質問は後にするというやり方でうまくいっています」


ーーアートワークではセーラームーンがインスピレーションになっているそうですね。


Jayda B「セーラームーンに夢中なんです。強い女性像というだけでなく、共感もできるキャラクターですよね。幼少時代の影響もあると思うけど、90年代のアニメのアートスタイルとカラースキームは妙に落ち着くんです。Ashleyもアニメが大好きなんです。Baeを始める前にやっていた個人プロジェクトでも同じようなものを参考にしていて、それをBaeでも受け継いでいます。興味を持ってもらいやすいと思うし、最初からこういうイメージにしたいと思っていたので」


ーーDJ活動をするうえでアートワークは重要ですよね。両者の関係についてどう思うか教えてください。


Jayda B「SNS文化によってみんなの集中力が薄まっていると思います。多くの人々が興味を持つのは、そのコンテンツの見た目がいいか悪いかだけ。誰もが見栄え中心になっているみたい」


baetokyo5| Photography :  Takaaki Sano

1 2 3 4

RELATED

LATEST

Load more

TOPICS