本年度ノーベル文学賞授賞式(12/10)記念。カズオ・イシグロ原作『日の名残り』特別上映 neol.jp | neol.jp

NeoL

開く

本年度ノーベル文学賞授賞式(12/10)記念。カズオ・イシグロ原作『日の名残り』特別上映

日の名残り_メイン

10月5日に発表された日系英国人作家カズオ・イシグロの2017年ノーベル文学賞受賞報を受け、Bunkamura ル・シネマで10月28日(土)~11月10日(金) の2週間、同氏代表作を映画化した『日の名残り』特別上映を実施。予想以上の反響があり、全14回が早々に満席となる大盛況となったため、急きょ会期を2週間延ばしたもののほぼ全ての回が満席。そのため、ストックホルムでノーベル賞授賞式が開催される12月10日(日)を会期に含む12月9日(土)~12月15日(金)に夜時間帯(連日 19:15~21:30)にアンコール上映を実施する。
『日の名残り』の原作は、1989 年に出版されたカズオ・イシグロの第3作にして、代表作。英語圏最高文学賞とされるブッカー賞を35歳の若さで受賞した同氏の名前は一躍世界に知られ、イギリスを代表する作家となった。1993 年に映画化された本作は、第 66 回アカデミー賞で作品賞、 主演男優賞、主演女優賞、監督賞、脚色賞、作曲賞、美術賞、衣装デザイン賞8部門にノミネートされた。特に、『ハワーズ・エンド』に続く共演となった名優アンソニー・ホプキンスとエマ・トンプソンの抑制された演技は高く評価された。いまは亡きクリストファー・リーヴや、若き日のヒュー・グラントが脇をかためているのも魅力。監督は、『眺めのいい部屋』『モーリス』『ハワーズ・エンド』をはじめとする数々の傑作で英国の伝統美とエレガンスの中に人間関係の機微を描き続けてきた名匠ジェームズ・アイヴォリー。実際にカントリーハウス (英国貴族の邸宅)で撮影された本作に登場する麗しい調度や、当時の上流階級の紳士淑女や使用人たち 衣装、クラッシックカーの数々は、眼福の一言。現在日本でも高い人気を誇る英国ドラマ「ダウントン・アビー」の世界観にも通じる。今夏公開され話題となった『ハ イドリッヒを撃て』に連なるミュンヘン会談 裏側を英国側の視点から描いており、実は歴史映画ファンにも興味深い要素がある。
Bunkamura ル・シネマは 2006 年にカズオ・イシグロ氏 オリジナル脚本をジェームズ・アイヴォリーが映像化した『上海 伯爵夫人』、2011年に同氏が原作・製作総指揮を務めた『わたしを離さないで』を封切り上映した縁があり、受賞を祝した今回の特別上映を決定。『日の名残り』をセレクトしたのは、1930 年代に別れて1950 年代に再会した主人公ふたりのように、1994年3月の日本封切から24年近くを経た今、観客にもこの作品に再びスクリーンで出会ってもらいたいから。「もしかして、若い頃に背伸びして観て、退屈な映画だと感じた方もいるかもしれません。当時、働き盛りで、今は人生のたそがれ時を迎えている方もいるかもしれません。年齢を重ねて改めて見なおすと、また違った感情を抱く作品だと思います。原作と映画ではラストが異なるので、本は読んだけれど映画は未見という方にも是非ご覧いただきたいです」と番組編成担当は語る。恋愛シーンのない、ほろ苦い大人の恋愛映画をぜひ。


日の名残り_サブ


12/9(土)~15(金) 1 週間限定 連日 19:15~21:30(予告なし) 鑑賞料金 1,200 円
Bunkamura ル・シネマ(東京都渋谷区道玄坂2丁目24−1)
監督:ジェームズ・アイヴォリー 原作:カズオ・イシグロ 出演:アンソニー・ホプキンス、エマ・トンプソン、ジェームズ・フォックス、クリストファー・リーヴ、ヒュー・グラントほか
1993 年/イギリス/134 分/ブルーレイ上映/原題:THE REMAINS OF THE DAY
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント http://www.bunkamura.co.jp/topics/cinema/803.html


1958 年。ダーリントン邸 老執事スティーブンス もとに、以前共に屋敷で働いていた女性ミス・ケントンから一通 手紙が届 く。懐かしさに駆られる彼 胸に 20 年前 思い出が蘇る。当時、主人に対して常に忠実なスティーブンスと勝気なケントン 仕事上 対 立を繰り返していた。二人に 互いへ 思慕 情が少しずつ芽生えていたが、仕事を最優先するスティーブンスがそれに気づく ずも なかった。そんな中、ケントンに結婚話が持ち上がる。それを知ったスティーブンス 激しく動揺するが・・・。

RELATED

LATEST

Load more

TOPICS