原作・三浦しをん×大森立嗣監督で徹底的に“人間の闇”を描いた最新作neol.jp | neol.jp

NeoL

開く

原作・三浦しをん×大森立嗣監督で徹底的に“人間の闇”を描いた最新作

1712062

三浦しをんの同名小説を、大森立嗣監督が映画化した『光』が11月25日より公開。

東京の離島・美浜島で暮らす、中学生の信之。ある夜、恋人の美花と待ち合わせをした場所で美花が男に犯されている姿を目撃してしまい、信之は彼女を救うために男を殺してしまう。そしてその夜、天災が島を襲い、信之、美花、信之を慕っていた年下の輔と数人の大人たちだけが生き残る。それから25年後、島を出てバラバラになった信之と美花のもとに、過去の事件の秘密をほのめかす輔が現れる――。

「暴力で傷ついたら、暴力で返すしかない」――。原作者の三浦自ら「ものすごい映画」と評す本作。かねてより熱望していたという、井浦新、瑛太の競演にも注目。


監督・脚本:大森立嗣
出演:井浦新、瑛太、長谷川京子、橋本マナミ ほか
(2017年/日本)
11月25日(土)新宿武蔵野館・有楽町スバル座ほか全国ロードショー
©三浦しをん/集英社・©2017『光』製作委員会
http://hi-ka-ri.com/

RELATED

LATEST

Load more

TOPICS