モノクロとカラーの映像美で描く、心に傷を負った女性の人生neol.jp | neol.jp

NeoL

開く

モノクロとカラーの映像美で描く、心に傷を負った女性の人生

1712262

故・高倉健をテーマにしたドキュメンタリー『健さん』でモントリオール世界映画祭最優秀作品賞を受賞した日比遊一監督による、初のフィクション映画『ブルー・バタフライ』が公開中。

義父から性的暴行を受けて育ち、酒やドラッグに身をまかせる荒んだ生活を送っているヤズ。彼女を守るために罪を犯した義兄・マニーは、妹への特別な思いを隠しながら必死に支えようとするが、ヤズの行動はさらにエスカレートしていく――。

孤独や絶望といったダークな感情を描きながらも、モノクロとカラーを織り交ぜた映像で切り取った美しい世界観が印象的。年始より各地で上映予定なので、ぜひスクリーンで堪能して。

ブルー・バタフライ
監督:日比遊一
出演:トレイシー・ペレス、イヴァン・カミロ、ジョン・ジューバック
(2014年/アメリカ)
公開中(横浜シネマリンにて1月13日(土)より、1月20日(土)にて京都みなみ会館、宇都宮ヒカリ座にて4月7日(土)より上映予定)
https://www.facebook.com/bluebutterfly.movie/

RELATED

LATEST

Load more

TOPICS