RMKから目を引く“シックな春色”コスメが登場neol.jp | neol.jp

NeoL

開く

RMKから目を引く“シックな春色”コスメが登場

1801045

RMKは、2018年春夏の新作コスメを発表。新コレクション「シック ライト スプリング(CHIC LIGHT SPRING)」を2018年1月5日(金)より発売する。

21年目の新しいステージへ突入したRMKは、新ステージの幕開けとなる2018年の春に、シックなカラーリングを提案。
一見春らしくないラインナップのように感じるが、光沢やツヤが調整されていて、肌に重ねると驚くほど軽やかに、春らしく仕上がる。インスピレーションとなったのは「水彩画」。みずみずしさと落ち着きのある、独自のカラーパレットが魅力的に彩る。使い方や重ね方によって、仕上がりがガラリと変わるのも今季の特徴。気分やファッションによって色合わせを変える“大人の色遊び”、自由に色と戯れてこそ生まれる新しいメイクを提案する。

1801046


なかでも目玉は、Wエンドアイシャドウの「RMK Wウォーターアイズ カラーインク」。スティック状のケースはWエンド仕様で、片方にはマットカラー、もう片方にはパールカラーがセットされている。パールカラーには大粒のラメが配合されていて、まぶたに重ねるとキラキラと輝く。テクスチャーは、2016年秋冬コレクションで登場した限定の「RMK クラシック フィルム アイズ」の進化版といった感じで、みずみずしいウォーターベース。両端にはチップとブラシが付属し、そのまま目元にポンポンとのせても、アイライナーのようにひいても使える。一度アイシャドウを手元に出し、指でまぶたに重ねていくとまた発色が豊かになっておもしろい。
カラーは全10種。「02 フレンチモーヴ」「07 スパイシーイエロー」「09 ピスタチオブラック」など、どれも珍しいニュアンスカラーだ。

1801047


コンパクトなケースに入った「RMK マルチペイントカラーズ」は、頬にも唇にも使える2WAYタイプ。のせる場所によって、仕上りの質感が異なるというユニークさが特徴だ。頬にのせるとつややかに、口元に重ねるとマットに仕上がる。

カラーは全7色。絶妙なニュアンス違いのピンク&レッド系で、どれもデイリーに使いやすい色調になっている。

1801048


“ぬれたようなツヤ”を仕込む新発想のグロージェル「RMK グロージェル」は、グロスのようなツヤと透明感を与えてくれるまるで魔法のようなジェル。目元にも頬にも重ねることができ、指で手にとりポンポンと重ねるだけで仕込みOK。カラーは、フェミニンな輝きを放つ「01 ピンク」とクールに決まる「02 ブルー」の2色。

1801049


「RMK ネイルポリッシュ」も、「シック カラー スプリング」のテーマから生まれた6色の限定色が追加。ヴィンテージ バニラ、シアー モーヴなど、どれもモードな印象を持つニュアンスカラーがズラリ。シックに見える色も抜け感のある発色で、仕上がりは意外なほど軽やか。指先にまとえば、大人っぽい春色の手元に。

RMK「シック ライト スプリング(CHIC LIGHT SPRING)」
■ RMK Wウォーターアイズ カラーインク 全10種 各3,800円+税
■ RMK マルチペイントカラーズ 全7色 各3,000円+税
■ RMK グロージェル 全2色 各2,200円+税[数量限定]
■ RMK ネイルポリッシュ 新色6色 各1,500円+税[数量限定]
2018年1月5日(金)発売

公式サイト
http://www.rmkrmk.com/index.html

RELATED

LATEST

Load more

TOPICS