ジャン・コクトーが携わった映画『オルフェの遺言』『悲恋』の写真展が開催neol.jp | neol.jp

NeoL

開く

ジャン・コクトーが携わった映画『オルフェの遺言』『悲恋』の写真展が開催

1803201
『写真展ジャン・コクトー「オルフェの遺言」「悲恋」』作品 Jean Cocteau / The testament of Orpheus ©Photo by Lucien Clerque / G.I.P.Tokyo

『写真展ジャン・コクトー「オルフェの遺言」「悲恋」』が、東京都 銀座 Art Gallery M84にて開催される。

Art Gallery M84の第71回目の展示として実施される本展では、フランスを代表する芸術家(詩人、小説家、劇作家、評論家としても著名)で画家、映画監督、脚本家としての活動も行ったコクトーに関わる写真作品が約36点が集まる。

1960年製作の映画『オルフェの遺言』はコクトーが監督、脚本、主演を務めた作品。40日間続いた南フランスの撮影中、パブロ・ピカソの紹介で交友が始まったという写真家ルシアン・グレイグに、現場を自由に撮らせた作品が展示される。
また、1943年に製作された映画『悲恋』はコクトーが原作、脚本を務めた作品。1930年代から1940年代にかけて活躍した写真家ロール・アルバン=ギーヨが撮影した、当時のプリント作品も展示される。

『写真展ジャン・コクトー「オルフェの遺言」「悲恋」』
2018年3月19日(月)~4月21日(土)

会場:東京都 銀座 Art Gallery M84

時間:10:30~18:30(最終日は17:00まで)

休館日:日曜

料金:700円

RELATED

LATEST

Load more

TOPICS