NeoL

開く
text by Kana Yoshioka
photo by Keisuke Tanigawa

Interview with Ed Davis (BRAIN DEAD)

_19A5442_TRIM



_19A5271_TRIM


世界のアートグラフィックからファッションシーンを牽引するクリエイティブブランド BRAIN DEADのメンバー Ed Davisの世界初となる個展が4月6日(金)~4月15日(日)の期間、原宿 WAG Galleryで開催された。世界中のデスメタル~ハードコア~パンク、スケートボード、ホラー映画、カルトコミック、アートなどあらゆるカルチャーからインスパイアされ、それらを巧みにミックスすることで独自の世界を築き上げているEd Davis。今、最もその動向が注目されているアーティスト。シルクスクリーンプリント作品8点、コラージュ作品15点、特大ヴィンテージポスターにスクリーンプリントした作品やフラッグ作品が初披露され、さらにこれまでCarhartt WIPへ提供したグラフィックや昨年リリースしたbook『ARTICIAL ARTIFACT VOLUME3』からも作品を展示した本展にて、彼のヒストリーから制作過程などを聞いた。

— ようこそ東京へ。 そして、ソロエキシヴィション開催おめでとうございます! 世界初になるのですよね。今のお気持ちはいかがですか?


Ed Davis 「とてもいい感じだよ」


— 何故、今回エキシビションをやってみようと思ったのですか?


Ed Davis 「今回の展示を企画・制作しているcommuneと僕たちは、2017年のニューヨークアートブックフェアで一緒に作品集を制作したんだ。そういう風に友達と一緒にプロジェクトをやることが好きなのと、これまでに長いこと作品を作ってきて見せたことはなかったけど、ついに見せる時がきたと思ったんだよね」



– Welcome to Tokyo and congratulations on your first exhibition! This is your first exhibition ever, right?


Ed: “Yes.”


– What do you think of that right now?


Ed: “It feels nice, it’s a good feeling.”


–Why did you decide to do this exhibition?


Ed: “So I could work with commune again. We did a book together (for the 2017 New York Book Fair). I like doing projects with my friends and so it seemed like a good idea. I have been making things for a long time but I’ve never shown any work. I thought maybe I should start, it was a good time. This was the time to do it”


— 改めてエドのプロフィールを知りたいです。 生まれはいつですか?


Ed Davis 「1976年だよ。今、42歳」


—メルボルン出身なのですよね。どんな子供でしたか?


Ed Davis 「メルボルンの郊外、山のあるところで育ったんだ。90年代はスケートボードをやって音楽を聴いて育った。インターネットが普及する前のことだよね。そしてできる限りの旅をしはじめた。ロンドンに数年住んでヨーロッパ中を旅して回ったんだ。僕は高校を卒業していないんだけど、1年間グラフィックの学校へ行っていた。それも卒業しないままになってしまったんだけどね(笑)。そこから今やっていることとは違う、映像関係でTVコマーシャルなどの編集をする仕事をやっていたんだ。その仕事を辞めた後に、グラフィックデザイナーとして働きはじめるようになった」


–I would like to know a little bit about your profile, your history. You were born in Melbourne? What was your childhood like?


Ed: “I grew up in the mountains, outside of the city. I spend my years skateboarding and listening to music in the 90s, so before the internet. And then I started traveling, as soon as I could – I lived in London for a few years. I’ve lived in London, I’ve traveled all around Europe. I studied graphic design. I didn’t graduate high school and I just did one year of graphic design school. I didn’t finish that either, haha. I started working in different jobs, small jobs, and i worked as a film editor for a while. I used to edit T.V. commercials. And then I quit that job and started working as a graphic designer.”


–When were you born?


Ed: “1976. So I’m 42 now.”


_19A5283_TRIM


— 10代からスケートボードをしているということですが、好きなスケートボーダーは?


Ed Davis 「マーク・ゴンザレス。今でも好きなボーダーだよ。90年代からね」


— 90年代はどんな音楽が好きだったのですか?


Ed Davis 「デス・メタル全般。ヒップホップやレゲエも好きだった。ミックスして聴いていたね。だけど今はディスコミュージックが好きだよ。デス・メタルは変わらず聴いているけど」


— 映像の仕事をやった後、グラフィックデザインをやろうと決めた理由はなんだったんですか?


Ed Davis 「映像の仕事をしながら、1年ほどグラフィックを学んでいたこともあって、デザインをすることが好きだったんだ。映像の仕事で一番楽しかったのは、トップにグラフィックのデザインを入れることだった。それでグラフィックの方へ本格的に進んでみようと思ったんだ。映像の仕事はTVコマーシャルとミュージックビデオが主だったよ」


– So you skateboarded when you were a teenager? Who is your favorite skateboarder?


Ed: “Mark Gonzalez. Still my favorite skateboarder. 90s, yeah.


–What kind of music did you like at the time?


Ed: “A lot of death metal. But also hip-hop and reggae. There was a mix. But now I like a lot of disco. I still listen to death metal.


–After you studied filmwork, why did you decide to start graphic design?


Ed: “When I was doing the filmwork, I became.. I’ve always liked design and graphics and studied it for a little bit, for one year. The part I enjoyed most about the filmwork, was putting the graphics on top of them, so I decided to do that instead, get rid of the film and only do the graphics. The filmwork was mostly T.V. commercials and music videos.


_19A5286_TRIM

— 個展のタイトルは「THEY DRANK ALL THE MILK AND ATE ALL THE BUTTER」ですが、これは朝食の出来事なのでは……(笑)。


Ed Davis 「そうなんだよ。16歳の息子と14歳の娘がいるんだけど、朝食はいつもバターを食べて、牛乳を飲んでいるんだ。僕が朝ごはんを食べようとして冷蔵庫を開けると、いつも牛乳がないんだよね。何かのサインみたいにね(笑)だから僕はブラックコーヒーを飲んでスタジオへ向かうんだ」


— (笑)。今もメルボルンに住んでいるのですか?


Ed Davis 「そうだよ」


— このタイトルをつけた理由は?


Ed Davis 「ただ笑わせたかっただけ(笑)」


— ミルクとバターと子供たちって、毎日エドが見ている光景のひとつですよね。ということは作品もそういう距離感のものということですか?


Ed Davis 「ああ(笑)。その感じはいいね」


–This time your title is They Drank All The Milk and Ate All the Butter. Is this breakfast? Haha.


Ed: “It is. I have two children and they’re teenagers, 16 and 14. One boy and one girl. And they ate all the butter and drank all the milk, all the time. Everytime I try and have breakfast there’s no milk. When I open the fridge, it’s like, *sigh*, haha. Every day! So then I’ll just have black coffee. Then go to the studio, work.”


–So you still live in Melbourne, right?


Ed: “Yes.”


–What did you put into this title?


Ed: “It just makes me laugh.”


–For me I thought that the milk and butter and your children are people you see every day, so it’s a title very close to your artwork?


Ed: “Yeah, haha. I like that.”


_19A5288_TRIM


— (上の作品を見ながら)コラージュをやるようになったのはいつくらいからですか。


Ed Davis 「1年くらい前からだよ」


― コラージュ、シルクスクリーンほか、2~3つのスタイルがアートワークの中にありますね。これは雑誌でしょうか?


Ed Davis 「うん、古い雑誌のページ。それにコラージュをしたんだ。僕はいつも古い雑誌をとっておくんだ。そしてカットして使う。雑誌に関しては素材と色褪せて黄色い感じがよくて大好きなんだ。ナイスだし、紙がいいよね。この作品は、4~5枚の異なった古い雑誌の写真を切って、そしてひとつのイメージにした。それを黒と白を基調にして常にトーンを整えている」


**Shows his artwork**


–When did you start making collages?


Ed: “A year ago.”


–You have collages, silkscreens, two or three types of art here. This is a magazine here?


Ed: “That’s a page from an old magazine. A collage at the top. I always keep old magazines and cut them up and rip them up. Markets and people’s rubbish. I like the material and its faded and yellow. I like life magazine they’re really good. They’re really nice and the paper is nice as well.”
“It’s from like 4 or 5 different photographs from an old film magazine that I cut up and made it one image. Kept it black and white to make it feel all the same.”


_19A5321_TRIM


_19A5320_TRIM


— 目を描く理由は?


Ed Davis 「それはいい質問だ。目は良く描くね。なんか興味があるんだよ……見るために目を描く。だけど実際は非常に弱いというか、この数年で僕は目がすごく悪くなってしまっていてね。眼鏡をかけなければいけない状況になってきたんだ。年をとってきたことの警告だよね(笑)」



–Why do you use the eyes?


Ed: “That’s a good question. I use a lot of eyes. They’re interesting – we use them to see, and it’s about looking and also they’re very vulnerable. And the last couple of years my eyes have started to get bad. I have to wear glasses now. It’s a sign of getting old, yeah.”


–These magazines look like they’ve come from the 50s.


Ed: “Yeah, I think it’s late 50s.”


_19A5291_TRIM


— ハエも好きですよね。


Ed Davis 「そうそう。ハエってグロテスクだよね。そしてうるさい。オーストラリアにはハエがたくさんいるんだよ」

–You have character for your collages. This is a..?


Ed: “That’s a poster. Like an outside poster for a concert.”


–You use flies a lot too. Flies and eyes.


Ed: “Yeah, haha they’re kind of gross. And annoying. In Australia we have a lot of flies.”


_19A5293_TRIM


Ed Davis 「これは少し後に制作したもの。数カ月前にコラージュしたもので、釉薬を上にペイントした。朝早く起きたんだけど、それまで夢を見ていたんだ。起きてその夢を描いた。夢を描いてみたのはこれが初めて。怖い夢ではなかったよ。自分の指を使って描いたから、指紋が見えるだろう」


Ed:“This one is a later one. I did the collage a few months ago but then I did the painting the glaze. I woke up early, I had a dream about it. And then I woke up and painted. This is the first time I painted a dream. No, it wasn’t scary. I painted with my fingers, see you can see fingerprints.”


_19A5302_TRIM



— このキャラクターはいつ頃から描いているの?


Ed Davis 「わからない。突如、何か頭の中に降りてきたときからだと思う。うさぎの耳を切り取ったんだ。病原菌とか、疾患を持っている感じ」」


— ネズミやウサギを小さな頃に見ていたりしました?


Ed Davis 「子供の頃は山にたくさんのウサギがいて、よく見ていたよ」

–When did you make this character?


Ed: “I don’t know, sometimes things just fall into place. It just happens.It’s a rabbit.I cut them up.It’s like a disease. Like germs.”


–You did rats and rabbits? Did you see them as a child?


Ed: “Lots of rabbits, yeah I saw them when I was a child.


_19A5304_TRIM


Ed Davis「メキシコの雑誌の中にあったクロスワードパズルをもとにしたものなんだ。誰かが終わらせたクロスワードを上から書きなぐり決して、後でさらに進化させて作品にした。このベロア生地のシルクスクリーン作品に関しては、Yuichiro Tamakiが刷っている」


— 政治的、社会的に関係するものはありますか?


Ed Davis 「この世界そのもの。僕の世界観はカオスなんだ」


— しかもいくつかの手法があって、それがひとつの作品に入っている。そりゃカオスですよね。


Ed Davis 「そうなんだよ(笑)」

Ed:”It was a Mexican crossword puzzle from an old Mexican magazine. So I scrubbed all the words up somebody had already finished it and I went ahead and crossed it all out.”

–Do you like tarots?


Ed: “No, haha.This is about balance and positivity.”



–Some involve politics?


Ed: “The world, chaos, yeah.”

–You have different types of art in one. It’s chaos.


Ed: “Yeah, it is chaos haha.”


_19A5326_TRIM


_19A5327_TRIM


_19A5328_TRIM


— これらは娘さんとコラボレーションをされた作品と聞いています。


Ed Davis 「娘もアートを制作するのが好きなんだ。写真はすべて彼女が選び、僕が上から貼って、さらに彼女が貼って、そして数個の水玉のステッカーを貼って……彼女はステッカーが大好きなんだ」


–This is a collaboration with your daughter?


Ed: “She loves making art. She chose all the pictures, then I’ll stick some down and then she’ll put some, and some dots and stickers and…she loves the stickers.”


_19A5332_TRIM


— 好きな映画はなんですか?


Ed Davis 「僕の人生の中でかい? ホラー映画は好きだね。あとSF、サムライ映画も好きだよ。映画は好きなものがありすぎて絞れない」



— このポスターは、どこで探したんですか?


Ed Davis 「communeのミユキが神保町の古本屋で探してきてくれた」


— 「Seasons in the abyss」とはどういう意味ですか?


Ed Davis「 スレイヤーのアルバムタイトル。ひとつは僕の好きなアルバムで、このフォントは僕がかつて影響を受けてきたLAのアーティストEd Ruschaが使用していたんだ。これがカスタムされたフォントかはわからないけど、彼のものを元に誰かが作ったんだと思う。Ed Ruschaに尊敬の意を込めて使用したよ」



— カオスだけどナチュラル。あなたはいろいろな側面を持っているんですね。


Ed Davis 「そう思うよ。人生そのものって感じ。バランスとカオスだ。(ブックの中にある作品のひとつ)これはリー・スクラッチ・ペリーのインタビューなんだよ。かなりクレイジーで、70年代のレゲエの雑誌からスキャニングをしたんだ。彼の頭の中はクレイジーだよね(笑)」

–What is your favorite movie ever, in your whole life?


Ed: “In my whole life..I like horror movies, sci-fi, samurai movies. I love too many movies.”

–How did you find this poster?


Ed: “Commune helped me find it. Miyuki helped me find it.” (at Jinbocho, vintage book store)


–Seasons in the abyss?


Ed: “That’s the name of a slayer album. It’s just one of my favorite albums. The font that I used to reference it is the L.A. artist Ed Ruscha. He uses this font. I don’t know if it’s custom font, but somebody made this based on his. I just wanted to pay respect.”

–You have so many different types of work. Sometimes chaos, sometimes natural. That’s you right?


Ed: Yeah I guess so, haha. That’s just life.Balance and chaos That’s from the interview with Lee Scratch Perry, it sounds crazy. I scanned from a reggae magazine from the 70s. His brain is so crazy.”

_19A5312_TRIM


_19A5307_TRIM


— 好きなアーティストはいるんですか? 影響を受けた人でも。


Ed Davis 「強いて言えば友達かな。すべての友達。ミュージシャン、アーティスト、デザイナー、家具職人など、異なったジャンルでたくさんいるよ」


— 東京はどんな街に感じますか?


Ed Davis 「東京はこれまで訪れた中でも最もインスピレーションを受ける都市のひとつだ。デザインにおいても、すべてが素晴らしくうまくいっている感じがする。今回で3度目の来日なんだけど、東京は静かでカオスなところだと再確認した。文化的だし、大声も聞こえないし、落ち着いていると思う。異なる都市で、異なるバイブスを持っているんだ」


— BRAIN DEADでの何かニュースや今後の予定はありますか?


Ed Davis 「わからない(笑)。BRAIN DEADはどんどん大きくなっているし、面白くなっているよ。キャップとTシャツだけでブランドをスタートしたのにね。CDGともコラボレーションをしたんだ。近日中にBRAIN DEAD × CDGがリリースされる予定だよ」


— BRAIN DEADのパートナー Kyle Ngがいるロスへはよく行くのですか?


Ed Davis 「まあまあよく行っているかな。少なくとも1年に1度はね。時には年に2回。連絡は毎日取り合っているよ」


— 最後に、日本の人たちへメッセージをください。


Ed Davis 「BRAIN DEADと僕のサポートをいつもありがとう。カオスな中にバランスが取れていることを見つけてもらえるといいな」

–Who is your favorite artist? Anyone you’re inspired by?


Ed: “Just my friends, all my friends. It’s like film it’s too many, across different areas – musicians artists, designers, furniture. Everything.”


–How about Tokyo?


Ed: “Yeah, very much. Tokyo is one of the most inspirational places I’ve ever been. Everything is just so well done, design. This is my third time. Tokyo I find is very quiet chaos though. I think culturally, you’re reserved so there’s not a lot of shouting. It’s calm. Different cities have different vibes.”


–Do you have future plans for Braindead?


Ed: “I don’t know..haha. Braindead is just getting bigger and more interesting. We have a collaboration with CDG coming out soon. Braindead x CDG.”


–Do you go to L.A. often?


Ed: “Yeah quite a bit. At least once a year but sometimes twice a year. We check in with each other through Facetime, text.”


–Please give a message to the Japanese people.


Ed: “Thank you for being so supportive of Braindead and me, and I hope they find balance in chaos.”

_19A5325_TRIM


Ed Davis |
クリエイティブブランド BRAIN DEADをKyle Ngと共に率いるオーストラリア メルボルン出身のアーティストEd Davis。インディペンデントパブリッシャー Heavy Time booksをRob CordinerとTodd Jordanと共に運営する一方で、プライベートワークをランダムにリリースするRat Brain名義でも活動している。メルボルンのセレクトショップ Doomsday Storeやブランド Nomesの制作に携わるなど多岐に渡って活躍。Carhartt WIPをはじめ、PALACE Skateboards、Paradise NYC、Babylon LA、Stussy、A.FOUR、LQQKへもグラフィックを提供している。世界初の個展を『THEY DRANK ALL THE MILK AND ATE ALL THE BUTTER』
2018年4月6日(金) – 4月15日(日)WAG GALLERYにて開催した(主催: Carhartt WIP 企画 / 制作: commune / commune Press )。
https://www.braindead.xxx
www.heavytime.com



photography Keisuke Tanigawa
text Kana Yoshioka

RELATED

LATEST

Load more

TOPICS