Interview with Iceage about “Beyondless” by AAAMYYYneol.jp | neol.jp

NeoL

開く
text by AAAMYYY
photo by Riku Ikeya

Interview with Iceage about “Beyondless” by AAAMYYY

NeoL_Iceage2 | Photography : Riku Ikeya


作品ごとに存在感を増し、来日公演も連日ソールドアウトと日本のみならず世界中から注目を集めるバンドへと成長を遂げたIceage。スカイ・フェレイラとのコラボレーションでも話題となった“Pain Killer”を筆頭に、力強さの中に繊細さを持った音像が印象的な『Beyondless』をリリースする彼らに、同世代のミュージシャンであるAAAMYYYYがインタビューを試みた。

——新しいアルバムを聴かせてもらったんですが、最高でした。新作のレコーディングやソングライティングはどのようなモチベーションで始まったんですか?

– This new album Beyondless, I loved it. What kind of motivation did you have when you started recording or started writing songs for this album?


Johan「ソングライティング自体は随分前に始めていたよ。このアルバムの前に長い休暇をとっていたんだけど、そうすることで衝動を呼び戻し、作品にエナジーを注入できたと思う」


Johan “I think we started writing the songs a long time before we recorded them. We had a long break before writing this album. I think it creates a specific energy when you’ve been away from something or feel the urge to come back to it.”



Elias「ただ作る必要があったというだけだよ。どこに向かうのかはわからない。でも何か道しるべを見つけて、それに従っていけば見える景色があるんだ」



Elias “The motivation is just a need to create and initially you don’t quite know where that’s going to take you. That’s something you discover along the way, so you follow your gut feeling and you discover where that’s taking you.”

——レコーディングを始めた時には、どういう作品を作ろうと思っていました?


–Cool.When you started recording this album, what did you want to make out of it?


Elias「なるようになるという感じかな。感情を伝えられるような曲をレコーディングできるように自分たちのモチベーションをもっていきたかった。スタジオに向かう時はいつでも、天啓のように曲が降りてくるように頭の片隅で常に音楽のことを考えていたよ」


Elias “We wanted to make what it became. We wanted to invest ourselves and push ourselves into a place where we could convey these songs with as much feeling we can project onto the tapes. Whenever we head into a studio, it’s always a need to get in a headspace where everything is just about the music and getting the true nature of the songs down.”



NeoL_Iceage1 | Photography : Riku Ikeya


——曲作りやレコーディングのプロセスの中で楽しかったことは?


–What did you enjoy during the process of making songs and recording this album?


Johan「創れたことに満足しているし、楽しかったね」


Johan“We do it because of the satisfaction of creating.”


Elias「もちろん常に楽しいわけじゃないけど、充実していたし、探求するということ自体が素晴らしいことなんだ」

Elias“ It’s massively enjoyable, it’s not always pleasant, but it’s fulfilling, the pursuit in itself. The chase is better than the catch.”

——リードトラックにもなっていた“Pain Killer”という曲が私のお気に入りなのだけど、どのようにしてスカイ・フェレイラとのコラボレーションを果たしたの?



–Your second single drop,”Pain Killer” is amazing. How did the collaboration with Sky Ferreira happen?


Elias「彼女に頼んだら、イエスと答えてくれたんだ。この曲には他の声を加えることが有益だと思ったし、それには彼女の声が最適だった。彼女が加わったことで、このトラック全体の質を飛躍的に高めることができた」


Elias “We asked her, and she said yes. There’s something with that song where it felt like it could benefit by having another voice, and she was the first one we thought about. She ended up contributing something that really elevated the whole nature of the track.”


——ホーンやトランペットなどの、これまでの楽曲には使っていなかった新しいサウンドがたくさん散りばめられていますよね。どこからインスピレーションを得たんですか?


–I also hear a lot of new sounds, like horns and trumpets. I wonder where do these imaginations come from?


Jakov「サウンドピクチャーを拡げたいと思って始めたんだ」



Jakov “We started doing a little bit on plowing and I think we felt ready to expand the sound picture.”


Elias「僕たちにとっては魅力的な音景だった。70年代のソウルミュージックで使われているようなサウンドで、それがうまくマッチしている気がする」


Elias “It’s an attractive soundscape for us, we dove into another record that uses those elements whether it be 70s cruise or soul music. It just feels like something that integrates well.”



NeoL_Iceage6 | Photography : Riku Ikeya

——前作と全く違うアルバムになって、とても強さがある印象を受けました。ニック・ケーヴやPJハーヴェイを彷彿とさせますよね。最初からこういう作品にしようと意識して作ったんですか?


–Every record is very different, but the newest album is even tougher.It remimds me Nick Cave and PJ Harvey. Were you guys conscious of making something tough/strong among your music history?


Jakob「ありがとう。どのアルバムも全てとても強固なものにしようと思って作っているよ」


Jakob “Good.Thanks.We wanted to make all of our albums strong, but then..”



Elias「感情を表現した時に、極端に両方向に振れるようなものになるのが僕たちなんだ。ドラマティックなんだよ。毎回毎回のレコードで、その時に一番強い感情で作っている。だから何か目論んだわけはなく、これが僕たちの表現方法なんだ」


Elias“I think we’re very much about reaching to the polar extremes when it comes to expressing our feeling. We’re quite a lot of melodrama. I don’t think it’s in our vision to do something subtle or pleasant even. Our way of expression is quite bombastic, if you say.”


——なるほど。でもアルバム制作の前はとても長いツアーを行っていましたよね。しかもたくさん!


–You guys have been touring a lot!


Elias「そう、野良犬のようにずっと外を出回っていたよ」


Elias “Yeah since we’ve started we’ve been road dogs.”


Johan「だから僕らは疲れて見えるだろう?(笑)」


Johan “It’s why we look so tired.”


——ライヴではアイスエイジの独自のグルーヴや格好よさが秀逸だし、めまぐるしいツアースケジュールも乗り越えて、こんな傑作を作るなんてすごく大変だと思う。決して一発屋じゃなく、どんどん良い作品を生み出していっていますよね。


–The tour was hectic, but you guys still managed to make this strong album. You guys actually get to show people what kind of band you are. It’s not like a one hit wonder.”


Johan「ライヴを続けることでレコードの価値を高めるということが必要だったけど、結構時間がかかったと思う」


Johan “We take great time in going up, ascending the records.”


Jakob「ライヴは楽しいけどレコーディングとは全く違う経験。好きにやるだけだよ」


Jakob “It’s a lot of fun. Playing live, it’s very different from recording but it’s it’s own thing.”


Elias「音楽を探求し続けている人生だから、全てをそこに注ぎ込むだけなんだ」


Eias “Music has sort of become our pursuit in life, we just invest everything we have in it.”



NeoL_Iceage4 | Photography : Riku Ikeya



——実際に今回のアルバムはいつから作り始めたの?


–When did you guys actually start making this album?


Johan「作曲自体はレコーディングを開始する1年くらい前だったかな」


Johan “Writing, around a year before we started recording, I guess.”


Elias「いつ最初のアイデアが浮かんだを思い出すのは難しいよ」


Elias “It’s difficult to track when the first ideas came.”


——ツアー中に曲を書いていたということ?


–Were you guys writing songs while you were touring?



Elias「いや、ツアー中に書くのは難しい。何か別のことを考えながらツアーをやるなんてできない。ツアー中にアイデアは浮かんだかもしれないけど、ちゃんと書く時間も余裕もスペースもないのがツアーさ」


Elias “No. It’s difficult to write on tour, there’s not the headspace or the actual space to do something.You can get ideas on tour, but actually sitting down and doing the work, there’s no room for that on tour.”


——どうやって曲を書くのかすごく聞きたいな。スタジオに行って座ってという感じ?


–How do you guys make songs? Do you sit in a studio and start?


Johan「スタジオでは曲を書かないよ」


Johan “We don’t write the songs in the studio”


Elias「曲の構造に関してアイデアが浮かんだら、リハーサルスタジオに行って弾いてみる。そして、どのようにしたら完成に持っていけるかを突き止める。まるでテレパシーのようだよね。バンドメンバーみんなが、アイデアをどのように運んでいくか同じヴィジョンを共有できているんだから」


Elias “You can get an idea for a structure of a song, you go to the rehearsal space, and sort of play it in, and figure out how to take an idea into something that feels accomplished. It’s sort of telepathic in a way. We all usually have the same vision of where an idea needs to go.”


——なるほどね、そしたらみんなでスタジオに入って一緒に演奏しながら作るんだね。


–So you guys all go into the studio and play it together?



Johan「その通り。誰かがアイデアを持ってきたら、それをみんなで組み立てるんだ」


Johan “Well yeah, someone will bring in an idea and build upon that idea. Some of it is done collectively.”


Jakob「ジャムセッションするわけじゃないよ。たまにはやるけどさ」


Jakob “We don’t jam. Sometime for ourselves.”


——ジャムでは曲を作らないんだ。それはどうして?


–Why not?


Johan「やることもある。でもそれは作曲のやり方じゃないかな」


Johan “We do, but it’s not a way of writing songs haha.”


——そういう作り方だったんだね、すごく面白い。ちなみに私はレコーディングの前にやる決まった儀式のようなものがあるんだけど、皆さんもそういうものがありますか?


–When I record my albums, I always have something to do before I record, like a ritual. Do you guys have something like that?


Johan「ないかな。でもワインをスタジオに大量に持ち込むよ。儀式はないけど、メソッドはあるんだ」


Johan“No, haha. We bring a ton of wine into the studio. We don’t have a ritual, we have a method”


Elias「浴びるほど酒を飲んで、時計の周りで作業をする。わざとちょっと短めにスタジオを予約して、やらざるを得ない状況に追い込むんだ。自分自身にフォーカスして、作業に没頭するようにね」


Elias “A lot of alcohol involved and we work around the clock. We always purposely try to book a bit less time than we need so everybody is stressed out, everybody can’t get enough sleep, everybody is in a constant whirlwind where you just have to force yourself and you’re being in a place where nothing matters but what’s at hand.”


——かなりタフな作り方だね。敢えて自分を追い込む状況にしないと、なかなか曲作りは進まなかったりするからすごくわかります。私は失恋した出来事のおかげでとてもよい曲をかけたことがあって、アイスエイジも作曲につながるような出来事はありましたか?


——I could wrote a good song when I broke up on Valentine’s day.Do you have same situation something like that for songwrithing?



Elias 「困難に打ち勝ちたい時に曲ができることはあるよね。作曲というのはそういう困難を超えるにはよい方法だし、いつもできるというわけではないけど時にはトラウマを追いやることができるから」


Elias “Sometimes a song comes out of a difficult thing you need to overcome. Songwriting can be a good way to transcend issues like that and become a place where you can have something inside and you can place it somewhere else. You can’t always do that but sometimes it’s a good vehicle to just get some sort of trauma out of the way.”



NeoL_Iceage3 | Photography : Riku Ikeya



——そうだよね。ちなみにアルバムタイトル『Beyondless』の意味は?


–True.The title of this album, Beyondless, what does it mean?


Elias「”beyond less”じゃなくて二つの言葉をくっつけた造語なんだ。アイルランドの劇作家サミュエル・ベケットが書いた『Worstwrad Ho』から派生している。言葉を離したりくっつけたりして新しい意味を提案するという本なんだ。Beyondlessというのはとてもいい単語であり、同時に実際には単語ではない。これだと閃いたね」


Elias “It’s not beyond less, it’s Beyondless which is not a word. It’s derived from Samuel Beckett, the playwright in “Worstward Ho”. It’s a book where you’re breaking words apart and joining words that are correct but to suggest new meanings. I thought it (beyondless) was a great word, that even though it wasn’t a word, it makes sense.”


——サミュエル・ベケットのことからもわかるようにあなた方は非常に読書家って聞きました。最近のお気に入りの本はある?


–I heard you guys love to read books. What is your favorite book recently?


Joahn「一番最近読んだのはノーマン・メイラーの本かな。モハメド・アリとジョージ・フォアマンとのボクシングマッチを書いた『The Fight』という作品だよ」


Johan “Last book I read was a Norman Mailer book about a boxing match between Muhammad Ali and George Foreman. The Fight.


——どうしてその本を選んだの?


–Why did you pick that book?


Jakob「棚にあったから。あと、僕はボクシングのファンなんだ」


Jakob “Uh, just because I found it in a shelf, and I’m a fan of boxing.”


Elias「僕はトーマス・マンの『ヴェニスに死す』を読んでいるところ。まだ30ページくらいしか読んでないから感想は言えないな」


Elias “I’m reading Death in Venice by Thomas Mann right now.I’ve read like 30 pages, I don’t quite know yet.”



——その本を選んだ決め手は?


–How did you pick that book?


Elias「寝坊して空港に急いでいてバッとバッグに詰めたのがそれだった(笑)」


Elias “Waking up late and having to go to airport and stuffing the bag, haha.”


Johan「僕は野球の本を読んでいる。野球が大好きなんだよ、観る専門だけど」


Johan “I’m reading a book about baseball. I really like baseball. I just like watching it.”


——なるほど(笑)。本当に忙しいなあ。ちなみにアートワークはどのようにして選んだのでしょう?


–How do you guys pick up artwork for your album?


Johan「今回はちょっと時間がかかったね」


Johan“This time it took a while.”


Elias「あまりちゃんと話し合う時間がなかったんだ。知り合いの女性の祖父がアーティストで、手作業で大理石のような模様のアートワークを作っていた。そのアーカイヴを見せてもらって全員一致で決まったよ」


Elias “Yeah, we couldn’t settle on anything. And then finally we got a hold of this girl whose grand dad used to do marblings by hand and she let us look through the archive and then that one just came up.”

——血のようにも見えるよね。


–It looks like blood.


Elias「うん、何か身体のようなそういう感じだよね」


“Yeah it’s like a bodily sort of thing.


NeoL_Iceage5 | Photography : Riku Ikeya



——こうやって取材をしていてもとても仲が良いことがわかるね。幼馴染だそうですが、ツアー中などにこのメンバーの隣になるのは嫌だとかあります(笑)?


–You guys really get along well, but you’ve known each other for a long time right? Since you were young? Do you guys have like, “Oh I don’t wanna sleep next to him” because you know each other so well?


Elias「ヤコブだね」


Elias “Jakob.”


Johan「なるべく同じ部屋で寝たくないよ(笑)」


Johan “You can say as much as you want but at the end of the night, you’re gonna sleep in the same room, haha”


Elias「仲良いフリをしてるだけなんだ(笑)」


Elias “We all pretend to like each other, haha”


——ヨハンはいびきをかかないの?


–So you don’t snore?


Johan「そう思うよ。でも寝てる時に動き回ってしまうんだよね」


Johan “Uh, I don’t think so.I move around a lot when I sleep.”


Jakob「ダンはどこでも寝れるヤツなんだ(笑)」


Jakob “Dan can fall asleep anywhere.”


Elias「そう、誰がいびきをかくかなんて彼には問題じゃない。ただ寝るだけさ」


Elias“Yeah it doesn’t really matter if someone is snoring, he’ll just sleep.”


——なんだか家族みたいですね。


–You guys are more like family, then.



Johan「バンドを始める前からこんな感じだったからね」


Johan “We were before we started the band as well. When we started making music we were still like a group”



——バンドを家族に見立てたら、誰が長男?


–If you guys were an actual family, who do you think would be the oldest brother?


Jakob & Johan「ダンだね」


Jakob & Johan “Dan.”


——末っ子は?


–The youngest?


Elias「ダン」


Elias “Dan.”


——ここにいないのに(二日酔いのため)、彼が実は隠れた中心人物なんですね(笑)。


–He’s not even here! Haha. Is that why? He’s like the hidden core.


Johan「その通り」


Johan “Yeah.”





——あ、MVのことも聞きたいな。“Catch It”のMVを観たのだけど、あれは誰が映像を撮ったんですか?


–I watched the music video, ‘Catch it’. I liked it. How did you guys film?


Elias「僕たちはディレクションしていなくて、アダム(Adam Hashemi/mewのMVも手がける監督)がやっている。彼は曲に寄り添いつつ曲にフォーカスが当たるような素晴らしいヴィジュアルを作るアイデアを持っている。お世辞じゃなく、本当にセンスが良いんだ」


Elias “We didn’t direct that video. It was Adam. He had a pretty firm idea in his head of how we wanted the visuals and doing it in a way that didn’t take away from the song, but just complimented it. He has really good sense, something that sort of goes along with the track but the track is still the focus.”


——ビデオにはたくさんの写真やアートが出てくるよね。みんなで描いたの?


–I see a lot of pictures and art in the video. Is that what you painted?


Jakob「ダン、長男が描いたんだ(笑)」


Jakob “It was Dan. The older brother haha.”


Johan「彼は絵が上手いんだよ」


Johan “He’s very good at drawing.”




——赤ちゃんもでてくるよね。


–There was a baby. Who’s baby was it?


Jakob 「うん、監督のベイビーだよ」


Jakob “The director’s. That’s actually his baby.”


Elias「彼は本当にすごい。湖で火事があって、その周りが焼けてしまったところで撮影したんだ。『世界が燃えている!』みたいな感じを出したら、すぐに泣き出してくれた。何もしなくても役になりきってくれた、天性の役者だよ」



——最後に、今はさまざまなアーティスが社会情勢に対して声を発していたりしますが、あなたたちの曲やアルバムにもそのようなメッセージがあったりしますか?


–Right now a lot of artists are running to nationalism and free thinking, but do you guys have a hidden meanings in your songs/albums?



Jakob 「世界で何か起こっているかに影響を受けないで生きることはできないよね」


Jakob “You can’t live in the world and not be affected by what’s happening in the world, so of course.”


Elias「今起こっていることに限らず、昔から世界ではいつも何かしらが起きている。自分たちが直接そこにフォーカスして言おうとすることはないけど、影響は受けざるを得ないから曲に出て来ることはあると思うよ」


Elias “The world has always been an ongoing tragedy. Maybe some parts in how a lot of countries are going right now makes it more apparent. The world is dealing with crisis in a pretty bad way these days. But we don’t address directly, current events. It’s just created in the world that those events are happening.”





iceage
Iceage
『 Beyondless』

2018.05.04 Fri On Sale
(MATADOR / BEAT RECORDS)
国内盤CD
ボーナストラック/歌詞対訳・解説冊子封入

[ご予約はこちら]
BEATINK: http://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=9438
amazon: https://www.amazon.co.jp/dp/B07B8VR1BF/
tower records: http://tower.jp/item/4696669
hmv: https://bit.ly/2IMvZ26

iTunes: https://geo.itunes.apple.com/jp/album/beyondless/1349318425?app=itunes
Apple Music: https://geo.itunes.apple.com/jp/album/beyondless/1349318425?mt=1&app=music



AAAMYYY
長野県出身のSSW/トラックメイカー。CAを目指しカナダに留学、帰国後22歳から突如音楽制作を始める。2017年からソロとしてAAAMYYY名義で活動を開始。サイケロックバンド”Tempalay”のサポートをはじめ、”KANDYTOWN”のメンバー”呂布”のゲストボーカル、ラジオMC、DJとして幅広く活動中。
https://soundcloud.com/aaamyyy-tokyo



photography Riku Ikeya
interview AAAMYYY
edit Ryoko Kuwahara

RELATED

LATEST

Load more

TOPICS