Interview with Jeff Goldblum about “Isle of Dogs”neol.jp | neol.jp

NeoL

開く
text by Nao Machida

Interview with Jeff Goldblum about “Isle of Dogs”

NeoL_jeff


『グランド・ブダペスト・ホテル』(2014)のウェス・アンダーソンによる待望の新作『犬ヶ島』が、ついに日本上陸した。日本を愛する監督が選んだ新たな舞台は、彼のイマジネーションによって生まれた近未来の日本。『ファンタスティックMr. FOX』(2009)以来となるストップモーションアニメーションで、愛犬を探す旅に出た少年と犬たちの友情を描いた。今回インタビューしたのは、犬のデューク役の声優を務めたジェフ・ゴールドブラム。3度目のアンダーソン組となったベテラン俳優は、ジャズや息子たちの話になると目を輝かせ、劇中でも響かせた美声で時に歌声までも披露しながら、本作の製作秘話や監督の魅力について語ってくれた。


——『犬ヶ島』の公開おめでとうございます!素晴らしかったです。


ジェフ・ゴールドブラム「気に入ってくれてうれしいよ」


——Congratulations on the fantastic film! I loved it.


“I’m so glad you liked it.”


——私はウェス・アンダーソンが大好きで……


ジェフ・ゴールドブラム「僕も大好き!」


——I love Wes Anderson……


“I do too!”


——犬も大好きで……


ジェフ・ゴールドブラム「僕も大好き!」


——And I love dogs……


“I do too!”


——さらに本作は舞台が日本なので、日本人として感激しています。日本にいる多くのウェス・アンダーソン・ファンが同じ気持ちのはずです。昨夜の来日スペシャルイベントでは、皆さんが登壇したら観客が叫んでいましたよね。


ジェフ・ゴールドブラム「喜んでいたね。幸せそうだった。あの時点で映画を観ていた人は一部だけだったけど、その誰もが気に入ってくれたようだ」


——And the film is set in Japan, we are so thrilled. I think a lot of Wes Anderson fans in Japan feel the same way. At last night’s event, everyone was screaming when you guys came on stage.


“They were happy. They seemed happy. And only some of them had seen the movie, but everybody who has seen it loved it.”


——実際に日本のファンの反応を目にして、どんな気分でしたか?


ジェフ・ゴールドブラム「ファンタスティック!素敵だったよ。すごく感激した。誰もがスイートで、すごく興奮してくれて!みんな若々しくて、実際に若い人たちだったけど、質問をしてくれた2人はとても洗練されたアートシネマのファンのようだったし、もちろん、ウェス・アンダーソンに会えて感激していた。ウェスはみんなが大好きなスーパースターであり、監督だからね。彼があんなにも素晴らしいアーティストであること、そして、パワー全開の彼と同じ時代に生きられることは、本当にワクワクするよね。僕らはラッキーだ」


——How did you feel to see Japanese fans’ reaction?


“Fantastic! That was lovely. That was so thrilling. How sweet and excited they were! They seemed youthful, and they are, but the couple people who stood up and asked questions seemed very sophisticated art cinema fans, and thrilled to see Wes Anderson, of course. He is everybody’s favorite superstar and director, you know? What an artist he is, and what a great thrill to be living right now with him in full force of his powers, you know? We are lucky.”


isle_of_dogs1


isle_of_dogs3


isle_of_dogs4


——ウェス・アンダーソン監督とは本作で3作目のタッグですね。


ジェフ・ゴールドブラム「『ライフ・アクアティック』(2004)と『グランド・ブダペスト・ホテル』(2014)以来になるね」


——So you have been in two other films with him before.


“Yeah, ‘Life Aquatic (The Life Aquatic with Steve Zissou)’ (2004) and ‘The Grand Budapest Hotel’ (2014).”


——最初に監督から本作のデューク役をオファーされたときは、何と言われたのですか?かなり前のことだったのですよね?


ジェフ・ゴールドブラム「ウェスは6年前からこの作品を手がけてきて、後半の3年間は、人形師たちとあらゆる作業をしていたんだ。その過程の途中だった2年前に、彼からメールが届いた。僕とウェスはまったく会っていなかったんだ。彼はいつもパリやロンドンにいるし、本作の制作もロンドンで行われていて、僕はロサンゼルス在住だから。でも、『こんなアイデアがあるのだけど、参加しませんか?』とメールが届いた。僕はいつだって、『すごいラッキーだ、素晴らしい』と思うんだ」


——What did Wes ask you when you offered you the role of Duke in ‘Isle of Dogs’? It was quite a while ago, right?”


“He’s been working on it for six years, and then the last three years, working with the puppeteers and doing all that. But somewhere along the line, couple years ago, he sent me an e-mail. I didn’t see him at all, because he always lives in Paris and London, he was working in London on it, and I’m in Los Angeles. But he sent me an e-mail saying ‘I have this idea. Would you like to do something?’ And I’m always like ‘this is so lucky, so wonderful.’”


——その時点で、犬の役だということは明かされていましたか?


ジェフ・ゴールドブラム「言われたよ(笑)。脚本と一緒に何枚か画像が送られてきたんだ。日本の犬の絵と、あとは確か山とか景色の画像だった。『ウェスがこれを使って何をしようとしているのか知らないけれど、すごいことになりそうだ』と思ったよ。彼は……とにかく面白い男なんだ。そして僕の思った通りになった。少ししてから、僕はひとりでブースの中に入り、2時間ほど声を録音して、それから2年後に作品が完成するまで、彼とは二度と会わなかったんだ。僕らはみんなでベルリン(国際映画祭)へ行き、そこで銀熊賞を受賞した。そのときに初めて他の共演者と顔を合わせたんだよ。みんなで集まって映画を観て…ワオ!と驚いた。君はいつ観たの?」


——Did he tell you that you were playing a dog?


“Yeah, yeah [laughs.] And he sent me a script and couple of other images. They were some paintings of Japanese renderings of dogs and maybe a mountain and some landscapes, etc. I said, ‘well, I don’t know what he’s going to do with this, but it’s going to be great.’ He is…… how interesting is he. And sure enough, a little while later, just by myself, I was in the thing, talked for two hours and recorded it, and didn’t see him again till couple years later when it’s all done. We went to Berlin and won the prize there. I saw all the rest of the cast there whom I hadn’t seen. We all got together and watched the movie… wow! When did you see it?”


——1ヶ月くらい前に試写会で観ました。すごく興奮しました。


ジェフ・ゴールドブラム「ウェスは本作に6年を費やしたんだ。これは彼が好きでやったことなんだよ。昨夜のイベントでも話していたように、日本は彼が本作を最初に公開したかった場所であり、本作にとって、最も大切な場所なんだ。だから、日本の皆さんが楽しんでくれていることをウェスは喜んでいるはずだよ」


——I went to one of the screenings here a month ago. I was so excited.


“Wes has been working on it for six years and it’s his labor of love. Japan is, as he said at the event last night, the first place he wanted to take it, and the most important place to take it. I think he must appreciate people’s enjoyment here.”


——私たちこそ、彼の素晴らしい作品に感謝しています。


ジェフ・ゴールドブラム「僕もだよ。なんて素晴らしい天才なんだろう」


——Well, we appreciate his fantastic work.


“Me too, me too. What a genius.”


isleofdogs5


isleofdogs6


isleofdogs7


——あなたのデューク役は素晴らしかったです。声が美しいですね。


ジェフ・ゴールドブラム「ありがとう」


——You sounded amazing as Duke in the film. You have a beautiful voice.


“Thank you.”


——セリフはお一人で録音したとのことですが、他の犬たちの声はすでに収録されてあったのですか?彼らの声に反応して演じることができたのですか?


ジェフ・ゴールドブラム「いや、各シーンに登場する他の役のセリフはウェスが読んでくれた」


——So you mentioned that you did the recording by yourself. Did Wes have the other dogs’ voices already? Were you able to react to them?


“No. I think Wes read the other parts in each scene.”


——監督からはどのようなディレクションがありましたか? こだわりの強い監督だけに、すべてのセリフは脚本に書かれていたのでしょうか。それとも、即興もありましたか?


ジェフ・ゴールドブラム「自由にできる部分も少しはあったよ。『グランド・ブダペスト・ホテル』のときは、僕が読んだのは全部ウェスが書いたセリフで、とても入念に書かれていた。彼は求めているものがはっきりしていたんだけど、その中で役者の演技も楽しんでくれるから、僕らは自由に遊ぶことができる。それにウェスは役者思いの監督だし、繊細かつ複雑かつ面白い形で、人間の営みを理解している。さらに、(実写と違って)声のレコーディングでは何度も繰り返せるんだ。お金があまりかからないから、20回でもやり直すことができる。これもやろう、あれも試してみよう、とね。彼もそうしていたよ。彼は会話に対して非常に音楽的な耳を持っているし、演じていて楽しかった」


——What kind of directions did you receive from him? He is very particular about his craft, so was it totally scripted? Or were you able to improvise a bit?


“There were some things that we were free with. But the stuff I did in ‘The Grand Budapest Hotel’ was all his writing, was all very meticulously done. He wanted it a certain way just like he did, but within that, you kind of know he sort of loves what you are doing, and you have a kind of freedom to play. And he’s an actor’s director and understands human behavior in subtle, complicated and funny way. And you keep doing it, in recording, it’s not so expensive so you can keep doing it 20 times, let’s try this, let’s try that. So that’s what he did. He’s got a very musical ear for dialogues, and it was fun to do that.


isleofdogs8


isleofdogs9


isleofdogs10


isleofdogs11


——初めて完成した作品を観たときに最も驚いたことは?


ジェフ・ゴールドブラム「全部だよ!脚本こそ読んでいたけれど、全体の物語がちゃんと把握できなかったからね」


——What surprised you the most when you finally got to see the film?


“Everything! Because you know, I read the script but I never understood the story fully.”


——この映画は情報満載ですよね。1度映画を観た後に、脚本まで読んでしまいました。日本人だと日本語のセリフもすべて理解できるので、把握するべき情報がすごく多くて。今回のインタビューの前に詳細を確認したかったので、脚本を読みました。


ジェフ・ゴールドブラム「よくわかるよ。僕はこれまでに3回観たんだ。最初はベルリンで観て、それからロサンゼルスで行われたプライベートな試写で観た。そのときになってようやく、『ちょっと待て、これってあの人なの?フランシス・マクドーマンドが出演しているなんて知らなかった!』と思ったんだ。(初見では)全員の声は認識できなかったからね。それから3回目はオースティンで。観客が泣いたり笑ったり盛り上がっていて、そこでようやく全体の話がつかめたし、作品に込められた意味やその力に気づいたんだ。とても面白いし、驚きにあふれているし、予想外だし、感動するし、ものすごく美しい。1回目に観たときはちょっと涙が出たよ、だって……なんて美しい映画なんだ。彼らはどうやってあんな作品を作れたんだろう?ってね」


——There is so much information in the film. I saw it once and I even read the script. If you are Japanese, you understand the lines in Japanese too, and it’s so much information to grasp. I wanted to check the detail before this interview so I read the script.


“I know what you mean. I saw it three times now. I saw it for the first time in Berlin, then I saw it at a private screening in Los Angeles, and it wasn’t even until that time that I was like, ‘wait a minute, that’s so and so? I didn’t know Frances McDornand was in the film!’ You Know, I didn’t even recognize all the voices. And then the third time, we saw it in Austin. The audience was laughing and crying and everything, then I kind of got the whole story, and what it meant to do and the power of it. It was very funny, surprising, unexpected and touching, and so beautiful. I think the first time I got little weepy just because…… what a beautiful film, how did they do all that?”


——ここに脚本があるのですが、これがデュークの登場シーンですね。


ジェフ・ゴールドブラム「(笑)すごくスイートだよね!『僕はもとの暮らしに戻りたいだけ。バランスのいい食事、定期的なトリミング、年に1度の健康チェック』…そうそう」


——This is where Duke comes out in the film.


“[Laughs] It’s so sweet! ‘I only ask for what I’ve always had, a balanced diet, regular grooming, and a general physical once a year.’ That’s right.”


——ご自身とデュークで似ているところはありますか?


ジェフ・ゴールドブラム「似ているかって?どれどれ……僕はバランスのいい食事を摂るようにしている。身だしなみは僕にとってもすごく大切だ。それから、年に1度の健康チェック。イエス!今年の健康診断はちょっと遅れているけど、いつも年に1度チェックするようにしているよ」


——Are you like Duke in any ways?


“Am I like that? Let me see…… I try to get a balanced diet. I like my grooming, and my grooming is very important to me. And a general physical once a year. Yes! I’m little behind on this year’s physical, but that’s what I try.”


isleofdogs12


isleofdogs13


isleofdogs14


isleofdogs15


isleofdogs16


——監督との仕事において1番の魅力は何ですか?


ジェフ・ゴールドブラム「ウェスはとてもスイートな人だ。他に類を見ないほど優しいんだよ。彼は高潔かつ厳かに、敬意を込めて、それでいて驚くほど純粋な独自の視点で、この世界を見て、楽しんでいるように思える。それに、彼は独自のユーモアのセンスと深い洞察力の持ち主だ。情熱を込めて熱心に仕事をする人で、彼が美しいものを作るために人生を捧げているのは明確だよね。さらに、映画の歴史や文化についての素晴らしい先生でもあり、人を大切にする。だから一緒に過ごしていると、僕も彼の目を通して、他の人をもっと興味深く美しい存在として見られるようになるんだ。ただ者ではないよ」


——What do you like the most about working with Wes?


“He is a very sweet person. You see he is uniquely kind. He seems to see the world and enjoy the world in a uniquely honorable, dignifying, respectful but wondrous pure way. And he has his own sense of humor about it and his own deep insight. He’s a passionate work ethicist, so he’s devoted his life obviously to making beautiful things, and is a great teacher about history of cinema and culture, and appreciate people. So after you spend time with him, when you are around him, you see other people through his eyes as more interesting and beautiful. He is really something.”


——監督はあなたのどのようなところに魅力を感じて、何度も役をオファーしてくださるのだと思いますか?


ジェフ・ゴールドブラム「面白いよね…わからないな。ウェスと仕事をしたい人はいくらでもいるし、誰でもキャスティングできるはずだから、自分はすごくラッキーだと感じている。もしかしたら、その理由の1つとしては、僕自身が彼との仕事をものすごく楽しんでいるからかもしれない。僕は彼との時間も楽しんでいるし…わからないけど(笑)。それに、僕はこれまでいろんな人と仕事をしてきたから、ウェスは彼が憧れている他の監督たちと僕を関連づけているのかもしれない。ロバート・アルトマンのような監督とね」


——What do you think Wes sees in you that he keeps inviting you back to his films?


“Well, that’s interesting… I don’t know. I feel so lucky because he could have anybody, anybody would want to work with him. Maybe, partly, it’s because I enjoy it so much. And I enjoy him so much… I don’t know [laughs.] Also, I’ve worked with other people so maybe he associates me with other directors who I think he might admire, like Robert Altman.”


——キャストのインタビュー音源に犬のアニメーションをつけた動画を観たのですが、あなたはデューク・エリントンの曲のメロディを口ずさんでいましたね。あれも最高でした。


ジェフ・ゴールドブラム「(歌い出す)…あれは僕らに与えられたちょっとした課題で、完全に即興だった。僕は即興が好きなんだ。ウェスからは、『本作の制作がどのような体験だったかをインタビュー風に話してほしい。そこから僕らが何かしら選ぶから』と言われた。それで、いろんなことをとりとめなく話した20分ほどの音源を渡したら、『あの1分半が気に入ったよ』と。それで彼らはあの部分に合わせたアニメーションを作ったわけだけど、天才的だと思ったよ!」


——I saw “Meet the Cast” clip, and I loved you were humming Duke Ellington as Duke.


“(Singing) Yeah, that was a little assignment within the endeavor that was entirely improvisation. I like to improvise. He said ‘just talk like it’s an interview for what it was like making the movie, and we’ll pick something.’ I gave him twenty minutes of rambling about one thing or another. And he said ‘you know, I like those little a minute and a half that you do about that.’ And how they animated that I thought was genius!”


——インタビューまでアニメーションにするなんて、すごいですよね。


ジェフ・ゴールドブラム「ウェスはすべてにおいて人任せにしないんだと思う。ポスターとかでさえも標準的ではないよね。すべてが特別なんだ」


——It was amazing he even made the animation for interviews.


“I think his hand is on everything, even the poster and things, it’s not a standard thing. It’s all special.”





——本作には監督が日本の映画や文化から受けた影響が詰め込まれています。あなたは日本の文化に親しみはありますか?


ジェフ・ゴールドブラム「ウェスほどではないけど。彼は信奉者だからね。でも、僕も日本には何度か来たことがあるし、大好きなんだ」


——Wes put so much inspiration from Japanese cinema and culture in this film. Are you familiar with any of the Japanese culture?


“Well, not like he is. He is a devotee. But I’ve been here few times and I love it.”


——日本のどんなところが好きですか?


ジェフ・ゴールドブラム「食べ物!日本食が大好きなんだ。それに、日本の人は本当にスイートだよね。あとは、小津安二郎の『東京物語』とか黒澤明の『乱』のような映画も観たことがある。『タンポポ』は公開されたときに映画館で観た。今後はさらに観て、勉強して、もっと日本に来ないといけないな!」


——What do you like about Japan?


“Food! I love Japanese food. And people are so particularly sweet, really sweet. I’ve seen some of the movies like ‘Tokyo Story’ by Ozu and ‘Ran’ by Kurosawa. I saw ‘Tampopo’ when it came out in the theaters. I have to see more and study more and come here more!”


——ぜひ来てください!


ジェフ・ゴールドブラム「僕はジャズバンドをやっていて、ちょうどアルバムを制作したばかりなんだ。今日会った人から、『バンドを連れて来日ツアーをやるべきだ。日本の人は君がジャズを演奏するのを観たいと思う』と言われたよ」


——Please!


“I have a jazz band and we just made a record. And someone I met today said ‘hey, you should bring your band here and tour a little bit. People might enjoy seeing you play jazz.’”


——日本を舞台にしたこの映画を、ようやく日本人の観客が観るわけですが、今のご気分は?


ジェフ・ゴールドブラム「最高の気分だよ! ウェスがどんな気分なのか想像もつかないな。まるで子どもを生むようなものだろう?この映画は彼と日本の6年間にわたるロマンスであり、そこにはものすごくたくさんのインスピレーションが詰まっているわけで、本作を日本で公開することは、彼にとってすごく特別なことのはず。僕も日本が大好きだから、この作品が大好きだし、すでに観た人たちは文句なしに楽しんでくれたようだ。最高だね、すごくうれしいよ」


——How do you feel that Japanese audience is finally going to watch this film set in Japan?


“I feel fantastic! I can’t imagine how Wes feels, it’s like giving a birth, you know? It’s his six-year love affair with Japan, and so much inspiration, so I know bringing this film here is very special for him. I love it because I love Japan, and I met some people who has seen it, and they seemed to have unqualified enjoyment with it. I love it, I’m so glad.”


——日本の観客には、本作を観て何を感じてほしいですか?


ジェフ・ゴールドブラム「どのように感じてくれても、もちろんOKだ。僕としては、本作は映画における画期的な体験だと感じている。何か美しいものを見ると、それは君の人生を何らかの形で永遠に変えることになるんだ。さっきも言ったけど、ウェスは実に誠実な人だし、これはすごく私的で心がこもった作品だ。彼の政治的信条やアンチ偏見の精神、情熱が表現されているし、学生運動がスリリングで効果的に描かれていて、少年と犬たちの愛がすごくロマンティックかつディープでソウルフルだし、さらには、ナツメグ(スカーレット・ヨハンソンが演じた美女犬)とブライアン・クランストンの役(チーフ)のセクシーでロマンティックなストーリーも含まれていて…。とにかく盛りだくさんで、人生がもっと愛おしくなるし、このラッキーな惑星において、より多くのことに関わりたいと思えるんだ」


——What would you want Japanese fans to take home with when they leave the theater?


“Whatever they take from it, it’s certainly OK. But for me, I feel like it’s a landmark experience in cinema. I think when you see something beautiful it changes your life in some way forever. Like I say, because Wes is so genuine, it’s so personal and heartfelt. His political conviction and his anti-bigotry, passion, how the student uprising is so thrilling and effective in this, and how the love between the boy and the dogs is so romantic, deep and soulful, and there is a sexy romantic story of Nutmeg and Bryan Cranston’s character… It’s just so much that make you love life a little more, and want to be involved in this lucky planet.


isleofdogs17


isleofdogs17


isleofdogs18


isleofdogs19


——ところで、ご自身も犬は飼っているんですか?


ジェフ・ゴールドブラム「イエス」


——By the way, do you have a dog yourself?


“Yes.”


——デューク役を演じるにあたって、愛犬からヒントを得たりしましたか?


ジェフ・ゴールドブラム「もちろん!彼は勇敢な犬でね。命を賭けてでも群れ——つまりは僕らと子どもたちを守ってくれるヒーローなんだ。すごくスイートだよ。時に子どもたちは容赦なく彼と接する。彼のことが大好きだから飛び乗ったり抱きしめたりするんだけど、好きにさせてくれるんだ」


——Did you get any hints from him to play Duke?


“Sure! He’s heroic. He is our hero who risks his life to protect his pack, which are us and our kids. So sweet. Even though our kids can be little tough. They love him so they jump on him and hug him and stuff, and he just lets them do it.”


——お子さんたちに本作は見せましたか?


ジェフ・ゴールドブラム「彼らはまだ観ていないんだ。映画は1度も観せたことがないんだよ」


——Did you show this film to your kids?


“They haven’t seen it. They haven’t seen any movies.”


——犬の役を演じたことは伝えましたか?


ジェフ・ゴールドブラム「理解できないと思う。1人は1歳で、もう1人はもうすぐ3歳だから(笑)。自分の仕事については、『パパは他の人になりきって、映画を作っているんだ』と話している。でも、映画を見せたことがないから、よくわかっていないと思う。本作はとても美しいし、見せてもいいかもしれないな。子どもたちは犬が大好きだしね」


——Did you tell them you are playing a dog in the movie?


“I don’t think they understand. One is one and the other is almost three [laughs.] I tell them what I do. I say, “you know, I pretend and I’m going to make a film.” But I don’t think they know because we haven’t shown them anything. So maybe this is one of the things they can see because it’s so very beautiful, you know? They love dogs.”


——これまでにさまざまな映画に出演されていますが、それぞれの作品でまったく別人のようで、いつも驚かされます。将来的にぜひ演じてみたい役はありますか?


ジェフ・ゴールドブラム「最近の僕はとても忙しくて、スケジュールがいっぱいなんだ。タイカ・ワイティティ監督の『マイティ・ソー バトルロイヤル』では、たくさん即興ができて楽しかった。そして明日の朝には、もうすぐ公開される『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のプロモーションでロンドンに行く。それから、ジョディ・フォスターと『Hotel Artemis』という作品で共演して、興味深い役を演じた。あとは、タイ・シェリダンと共演した『The Mountain』という作品もあって、すでにクランクアップしたのだけど、まだ観ていない。これは1954年の太平洋岸北西部を舞台に展開するダークなストーリーだ。そして、先日は2本の新作への出演契約にサインをしたばかり。今はこれらの作品をまっとうしようとしているところで、その後はまだわからないな。ジャズのアルバムも作ったばかりだし…とにかく忙しいんだ(笑)」


——I grew up watching you in so many films, and am always amazed how different you are in each film. Is there a specific role you would like to play in the future?


“Well… I’ve been very busy recently and my plate is full. I did ‘Thor: Ragnarok’ with Taika Waititi and we improvised a lot, that was fun. And then I’m going to London tomorrow morning to do publicity for ‘Jurassic World,’ which is opening up soon. Then, I did a movie with Jodie Foster called ‘Hotel Artemis’ for the interesting part. And I did a movie that I haven’t seen yet called ‘The Mountain’ which was me and Tye Sheridan. It’s kind of a dark story takes place in the Pacific Northwest in 1954. And I just signed up for two new movies. I’m just trying to do those things justice right now. After that, I don’t know. I just made this jazz record… I’m just busy [laughs.]”


isleofdogs20


isleofdogs21


isleofdogs22


isleofdgs23


isleofdgos24


text Nao Machida





『犬ヶ島』
第68回ベルリン国際映画祭【銀熊賞】2作品連続受賞の快挙達成。『ファンタスティックMr.FOX』でストップモーション・アニメの新次元を切り開き、日本でも大ヒットを記録した『グランド・ブダペスト・ホテル』でアカデミー賞®9部門にノミネートされたウェス・アンダーソン監督が、自身の最高傑作を塗り替える最新作を完成させた。日本を深く愛するアンダーソン監督が、「黒澤明と宮崎駿、二人の巨匠から強いインスピレーションを受けて作った」と語る本作の舞台は近未来の日本。4年の歳月をかけ、670人ものスタッフが心を込めて作り上げた登場人物と犬たち。一つ一つ精巧にデザインされた驚愕の“日本”のセット。ユニークで愛くるしい犬たちと少年の間に芽生えていく温かい絆に、世界中がピュアなハートを取り戻す、心躍る冒険物語。


■ ストーリー
近未来の日本。ドッグ病が大流行するメガ崎市では、人間への感染を恐れた小林市長が、すべての犬を“犬ヶ島”に追放する。ある時、12歳の少年がたった一人で小型飛行機に乗り込み、その島に降り立った。愛犬で親友のスポッツを救うためにやって来た、市長の養子で孤児のアタリだ。島で出会った勇敢で心優しい5匹の犬たちを新たな相棒とし、スポッツの探索を始めたアタリは、メガ崎の未来を左右する大人たちの陰謀へと近づいていく──。

監督:ウェス・アンダーソン
キャスト:ブライアン・クランストン、コーユー・ランキン、エドワード・ノートン、ビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、野村訓市、グレタ・ガーウィグ、フランシス・マクドーマンド、スカーレット・ヨハンソン、ヨーコ・オノ、ティルダ・スウィントン、野田洋次郎(RADWIMPS)、村上虹郎、渡辺謙、夏木マリ


全国ロードショー
原題:ISLE OF DOGS
配給:20世紀FOX映画

(c)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
■公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/inugashima/
■公式Facebook:https://www.facebook.com/FoxSearchlightJP/
■公式Twitter:https://twitter.com/foxsearchlightj

RELATED

LATEST

Load more

TOPICS