Interview with Stephen Chbosky about “Wonder” /『ワンダー 君は太陽』 スティーヴン・チョボスキー監督来日インタビューneol.jp | neol.jp

NeoL

開く
text by Nao Machida

Interview with Stephen Chbosky about “Wonder” /『ワンダー 君は太陽』 スティーヴン・チョボスキー監督来日インタビュー

本告期メイン-S


遺伝子の疾患で、人とは異なる顔で生まれてきた男の子、オギー。ずっと自宅学習を続けてきた彼が外の世界へと飛び出し、5年生にして初めて学校に通った1年間を描いた映画『ワンダー 君が太陽』が日本上陸した。R・J・パラシオのベストセラー小説を映画化したのは、自らの著書をもとに『ウォールフラワー』(2012)を撮ったスティーヴン・チョボスキー監督。ただ感動作に仕上げるのではなく、多角的な視点と程よいユーモアを取り入れ、決してシンプルではない物語を丁寧に描いている。本作を引っさげて来日した監督に、映画の撮影秘話や、主人公の母を演じたジュリア・ロバーツとの現場について、さらには次回作の予定まで、貴重な話をたっぷりと聞かせてもらった。


——今回はご自身の小説ではなく、R・J・パラシオのベストセラーが原作です。『ウォールフラワー』の時と比較して、他の人が書いた本の脚色は難しかったですか?


スティーヴン・チョボスキー監督「今回の方がずっと楽でした。というのも、(制作中は)原作の著者のR・J・パラシオが素晴らしいパートナーだったからです。それに、『ウォールフラワー』で脚色は経験済みでしたから、映画に必要のない要素を前回よりもずっと楽に手放すことができました。僕は原作の『ワンダー』が大好きなので、原作のファンだったらどのように映画化するかを考えて作りました。というわけで、実際にはずっと楽な作業でした」


——You adapted a very popular book by R.J. Palacio. Was it more difficult to adapt your own book?


“It was much easier because I had a wonderful partner, R.J. Palacio who is the author. And because I’d already done it once with ‘The Perks of Being a Wallflower,’ I just found it was much easier to let go of the things I knew didn’t need to be in the movie. I love the book “Wonder” so much that I just made it the way I thought a fan of the book would make it, like any fan. So yeah, it was actually much easier.


——映画は原作にどのくらい基づいているのですか?


チョボスキー監督「かなり忠実に作りました。僕は原作が大好きなのです。もちろん、映画なので時間が限られていますから、より簡潔にするためにカットした部分はたくさんありますが、原作の持つスピリットをとらえようと努力しました。さらに、主人公の両親については原作よりも膨らましました。本では子どもやティーンエイジャーが主軸に描かれており、親たちはどちらかというと脇役なのです。親や祖父母が子どもたちを連れてこの映画を観に行くだろうと思い、素晴らしい役者もそろっていたので、彼らの仕事を増やしました」


——How faithful is the movie to the original book?


“It’s very loyal to the original book. I love the original book. Obviously, because it’s a film it’s shorter, I cut out a lot of things to make it more succinct, but I worked very hard to capture the spirit of the book. I also added a lot of the things for the parents, because the book is really about the children and the teenagers, and the parents are little bit more off to the side. And because I knew that parents and grandparents will be bringing their children to see the film, and because I had these wonderful actors, I gave them more to do.


W_D07_ _01171.NEF


——パラシオさんとはたくさん話し合ったのですか?


チョボスキー監督「僕らはすべてについて話し合いましたし、僕は基本的に、彼女を一番の観客と考えて本作を作りました。もし原作のクリエイターを喜ばせることができれば、ファンも納得するはずだと思ったのです。すべてはうまくいきました。非常に満足しています」


——Did you talk to her a lot?


“Oh yeah, about everything. I was essentially making the movie and she was my primary audience. Because I knew that if I please the creator of the book, the fans of the book would follow. And everything worked out. I was very very pleased.”


——初めて原作を読んだときはどう思いましたか?


チョボスキー監督「美しい話だと思いました。映画でも描いたのですが、原作で最も圧倒されたのは、人とは異なる顔を持つ小さな男の子が学校生活を始める物語だと思って読み進めていき、ページをめくったら、次の章に“ヴィア”(主人公の姉の名前)と書かれていたことです。その瞬間、素晴らしい本が名作になりました。ヴィアの視点に切り替わった途端に、苦労しているのはオギーだけではなく、ヴィアやヴィアの友だち、オギーの友だち…みんなもがいているのだと気づくのです。あれは信じられないほど素晴らしかったです。R・Jは本を書き始めた当初、(他の登場人物の視点を描くことは)予定していなかったそうですが、自然な成り行きで、ヴィアのことも知ってもらうべきだと思ったのだとか。大好きな本です」


——What did you think when you read the book for the first time?


“I thought it was beautiful. I have to say, the most staggering part of reading the book was, and I tried to capture it in the movie, you are reading it and reading it and you just think it’s the story about this little boy with the facial difference dealing with school, and then you turn the page, and it says ‘Via.’ That was the moment when the great book became a classic book. Because once it’s switched to Via’s point of view, you realized that, ok, he has his struggles, but so does she, and so does her friend, and so does his friend… everybody all down the line. It was just incredible, just absolutely brilliant. R.J. said when she started writing the book originally she wasn’t planning on that. It just naturally happened that the character of Via demanded to be known. And I just loved it.

本告期サブ㈭-S


——それぞれの登場人物の視点を描くのは、素晴らしいアイデアだと思いました。予告編を観たときは想像していませんでした。


チョボスキー監督「びっくりしますよね?こういう映画かなと思って観ていると、ああいう映画になり、さらにはああいう映画になって。すごく気に入っています!」


——I thought that was a great idea to have each character’s point of view. When I saw the trailer, I didn’t see this coming.

“It’s very surprising isn’t it? You think you’re watching this movie, and then it becomes that movie and then that movie. I love it!”


——登場人物を描く上で、どのようなことにこだわりましたか?


チョボスキー監督「それぞれの役が本の中で非常によく描かれていたので、僕は彼らに息を吹き込むことだけを考えていました。3時間くらいかかってしまうし、退屈させてしまうと思うので詳しくは説明しませんが、本の3つの章を映画では6行の会話で描く方法があるのです。習得するのに25年ほどかかったのですが、それは確かに存在します。キャスティングや撮影方法、音楽も駆使して、原作の3章、つまりは100ページほどを100秒ほどのシーンにするのです。そこにはコツがあります。僕は文学や本が大好きで、今後も脚色を続けたいので、常にそこに注力しています」


——What were you particular about depicting each character?


“The characters were so well drawn in the book that I just wanted to bring them to life. I wish I could describe it, if I ever to describe the process, it would take me three hours and you’d be bored senseless after a while. There is a way to turn three chapters of the book into six lines of dialogue. It’s taking me 25 years of doing this to know how to do that, but there is a way to do it. There is a way to cast it, there is a way to shoot it, and there is a way to score it with music. What you are doing is, you are taking three chapters, you are taking 100 pages, and you are turning it into 100 seconds. There is a trick to it. And it’s something I’m constantly working on because I love literature, I love books and I want to keep adapting them as movies.”

本告期サブ㈯-S


——主人公のオギーを演じたジェイコブ・トレンブレイは名演技でしたね。


チョボスキー監督「彼は素晴らしかったです。あれほどの手腕のある役者がいるということも、脚色を成功させる上で大いに役立ちます。本だと数ページは必要な登場人物の描写も、ジュリア・ロバーツの見せる表情やジェイコブの笑い一つで表現できるのです」


——Jacob Tremblay who played Auggie was spectacular.


“Yes he is. And it really helps by the way a key to a successful book adaptation is having actors of such caliber. Because it’s amazing what Julia Roberts can do with a look or what Jacob can do with a laugh that would take several pages to do in the book to make you feel for these characters.


——なぜジェイコブを抜擢したのですか?


チョボスキー監督「長年にわたって見てきた中で、最高の子役だったからです。本作のキャストは全員素晴らしいのですが、ジェイコブに関しては、非常に卓越したものを感じます。彼は“非凡な才能を持っている普通の子ども”で、カットと言われた瞬間に普通の子どもに戻るのです。アーティストとしての彼の素晴らしさは、人間性の良さから来ています。それらは間違いなく関係しているのです。彼には素晴らしい家族がいて、とても愛情あふれる人たちですし、強い絆で結ばれています。ある意味、彼は間違えようがないのです。ほぼすべてのテイクが素晴らしかったのですが、中でも最高のテイクを選んだつもりです。彼の演技すべてが使えるものでした。母親役のジュリア・ロバーツも、父親役のオーウェン・ウィルソンも、校長役のマンディ・パティンキンも、すべてのキャストがそうでした。本当に素晴らしかったです」


——Why did you choose Jacob for the part?


“He is the best child actor I’ve seen in a long time. The whole cast is great. There is something really remarkable about Jacob. He’s an extraordinary talent but he’s an ordinary kid. The minute you say ‘cut,’ he goes back just being a normal kid. And his greatness as an artist comes from his goodness as a person. They are absolutely linked. His family is terrific, they are very loving people, they are really good strong close family. He could kind of do no wrong. It’s remarkable thing to work with. He was there every take, and I chose I hope all the best takes. But everything that he did was usable. Same with Julia Roberts, same with Owen Wilson, same with Mandy Patinkin and the whole cast. It was pretty great.

——オギーの友だちであるジャック役の子役も、とても良かったですね。


チョボスキー監督「でしょう?ノア・ジュプ!『クワイエット・プレイス』の彼もよかったです」


——I really liked the boy who played Jack Will, too.


“Right? Noah Jupe! Have you seen ‘A Quiet Place’? He’s good in that too.”


——子役たちは素晴らしかったですが、一般的に「子どもや動物とは仕事をするな」と言いますよね。


チョボスキー監督「メイクアップもね(笑)。本作にはそのすべてが入っています!でも僕はとても楽しめました。子どもたちは現場でワクワクしていましたし、すごく自然でしたから。キャストはみんな素晴らしくて、大人が違ったというわけではないのですが、子どもたちはとにかく自然な熱意を持って挑んでくれました。大変だったのは、子役の撮影は時間が限られていることだけです。難しいのはそこだけで、あとは最高でした」


——So kids were great, but they say “Don’t work with kids and animals.”


“And makeup. [Laughs] I got everything! But you know, for me I actually love it because kids are so excited to be there and they are so natural. The whole cast was great so it’s not like adults were different, but the kids just have the natural enthusiasm. The only tough thing about it is you only have them for certain amount of time everyday to work. That’s the only drawback, everything else was great.”

本告期サブ㈪-S


——子どもたちはどのように演出したのですか?


チョボスキー監督「唯一のルールは、セリフを覚えてくることだけ。僕はキャスティングの段階で、人として、そして家族の一員として選んだのです。もしオーディションがよかったら、『すごくよかったよ。ママに会わせてくれる?』と言いました。『おめでとうございます、素晴らしいお子さんですね』と伝えるためでもあるのですが、親に会うことで、その子がこの映画のスピリットに合っているか、それとも問題を起こしかねないかを判断しました。良い家庭で愛情あふれる親に育てられると、自分を大切にできる人が多いと学んだからです。すべての役のために何百人もの子役と会って、最も互いに影響を与え合えるであろう子どもたちを選びました。とてもうまくいって満足しています」


——How did you direct them?


“First of all, my only rule was I needed all of them to know their lines. That was my rule. Because I felt like when I chose every actor, I also chose them as people and also chose them as a member of the family. So let’s say that a kid gave a great audition, I would say ’That was great, hey, I want to meet your mom.’ Partly to say ‘Congratulations, you have a very talented child,’ but partly to size up the mom or dad and think ‘OK, is this person going to be a part of the spirit of this movie? Or is this person going to cause trouble.’ What I found is people who come from a good family and loving parents have tendency to be loving themselves. I saw hundreds of kids for all the parts, and I tried to choose the best group of kids that would interact with each other. And it worked. I was very very pleased.”


——オギーの友だちのサマーも良かったです。


チョボスキー監督「彼女も素晴らしいですよね。実は、8人中6人の子どもたちはカナダ出身でした。カナダ人は本当に良い人たちなんです!ティーンエイジャーは全員アメリカ人でしたが、子役の中でアメリカ人はいじめっ子のジュリアンを演じた子だけでした(笑)。でも、ジュリアン役のブライス(・ガイザー)も本当は良い子なんですよ」


——I like Summer, too.


“She is great. It also helps by the way that six out of eight people were Canadian. Canadians are so nice, oh my god! The teenagers were all American, but the only American child was Julian (the bully) [laughs.] But by the way, the kid who played Julian, Bryce (Gheisar) is totally nice.”


——劇中では『スター・ウォーズ』の要素が出てきますが、あれは原作にも描かれているのですか?


チョボスキー監督「原作に基づいています。それに、僕も『スター・ウォーズ』が大好きなんです。劇中に登場するダースベイダーの頭は僕が子どもの頃から持っているもので、故郷のピッツバーグから持って行きました。他にも宇宙飛行士のヘルメットなど、宇宙のモチーフがオギーというキャラクターの冒険に関係しているところが気に入っています。『スター・ウォーズ』をフィーチャーすることに関しては、プロデューサーのデヴィッド・ホバーマンのおかげでルーカスフィルムから使用許可を得ることができました。彼は30年にわたってディズニーと仕事をしてきた人で、キャスリーン・ケネディ(映画プロデューサー/ルーカスフィルムの社長)に電話をして、『これは特別な作品なので、本と脚本を読んでください。もしあなたたちがサポートしてくれたら、すごくうれしいです』と話してくれました。彼らが同意してくれて感謝しています」


——Did the Star Wars references come from the book?


“Yeah, it’s part of the book. Also, I love Star Wars. The little Darth Vader head in the movie, that’s mine as a child. I brought it from Pittsburgh. What I also love it about is the fact that it also had everything to do with, you know the helmet and space and it all fit the motif of space and exploration of the character. So everything worked and I’m so grateful that David Hoberman, our producer was able to get us the rights from Lucasfilm. He’s had a relationship with Disney for three decades. And he made a phone call to Kathleen Kennedy and said ‘Hey it’s very special. Please read this book and the script. Your support mean a lot to us.’ And we are really grateful that they all agreed.”


——ジェイコブも『スター・ウォーズ』が好きなのですか?


チョボスキー監督「大好きで、熱狂的なファンです。僕もシリーズを観て育ちましたが、ジェイコブは僕が知らないようなことも知っています。何でも知っていてすごいですよ!」


——So does Jacob love Star Wars?


“He loves it. He’s a fanatic. I grew up watching these movies, but he knows things that I could never hope to know. He knows everything. It’s amazing!”


本告期サブ㈬-S


——オギーの両親を演じたジュリア・ロバーツとオーウェン・ウィルソンも素晴らしいですね。彼らとの仕事はいかがでしたか?


チョボスキー監督「僕らはコラボレーションしたのです。キャストはみんな素晴らしいのですが、特にジュリアはとても力強かったです。現場では『私はこんな風に演じようと思う』と、とても率直に話してくれました。彼女の演技を見て、もし他のやり方があると思ったら、『このシーンで泣きたくないのはわかっているし、それは全然問題ないけれど、このシーンを書いた時の僕の気持ちを伝えたいと思う』と話し、それを受けて、再び演じてもらいました。そのテイクが最終的に使われることが多かったです。僕の意図と彼女の視点が通じ合った時、あの役の最もよい形が生み出されました。彼女は素晴らしい役者です。そして、オーウェンは一緒に仕事をしていてすごく楽しいですし、いろんなアイデアや感動的なセリフを考えてくれました。ジェイコブが演じたオギーが初登校から帰ってきて、父親に『パパの一日はどうだった?』と聞くシーンがあるのですが、彼は『今この瞬間が最高だよ』と言うのです。あれは彼のアドリブで、僕はモニター越しから『すごくいいね!オーウェン、ありがとう。カット!』と言いました」


——I really loved the parents. Julia Roberts and Owen Wilson were great. How was it like working with them?


“It was a collaboration. I love the whole cast, I love everybody. And Julia in particular, she is very strong. She comes in and says ‘I’m going to do it this way.’ She’s very very direct. And my answer is like ‘ok!’ So she’d do it, and if I felt that there was something else, I would walk up to her and say ‘Listen, I know you don’t want to cry right now. Fine, that’s absolutely fine. I would tell you while I was writing what this scene meant to me.’ I would just share that for couple minutes. I say ‘make that whatever you want.’ I can’t tell you how often I would go back to behind that camera and say ‘action,’ and the next take would be the take in the movie. Because there is something about the communication between my intent and her point of view that led to the best version of the character. She’s great though. And Owen was so funny to work with, and he came up with so many things and some very moving lines. I remember one line when Jacob as Auggie says at the end of his first day of school, ‘So how was your day?’ He says ‘My day is really good right now.’ That’s him. He came up with that line. I was behind the monitor and said ‘That’s really good! Thank you Owen, cut!’”

——劇中では、ジュリア・ロバーツのあの笑い声を聞くこともできてうれしかったです。


チョボスキー監督「でしょう?彼女は本当にあんな風に笑う人なのです。だから、一緒に仕事をしていると現場では一日中彼女の笑い声が響いています。あの有名なジュリア・ロバーツの笑い声が一日中!でも、映画ではなかなかやらないので、どうにかして引き出す必要があります。プロデューサーのデヴィッド・ホバーマンから、『ジュリア・ロバーツは映画史最高の笑い声の持ち主なのだから、絶対に引き出してくれよ』と言われたので、脚本には随所に『イザベルが笑う』と書いておきました。でも、彼女は笑わないのです。最終的に笑ったのは、イザベルが論文を書き終えて『さあ飲みましょ!』というシーンなのですが、そこで僕はプレゼントの箱を用意しました。彼女もオーウェンも『プレゼント?』と言ったのですが、『サプライズだよ』とだけ伝えて、誰も中身を知らなかったのです。僕はあのプレゼントを一週間かけて準備しました。最終的に中身を見た彼女は爆笑してくれて、あの笑い声をゲットすることができました」


——And I was really thrilled to hear Julia laughs the way she does.


“What can I tell you! First of all, that’s her actual laughs. So when you are working with her, on set, you hear it all day long. The famous Julia Roberts laughs are on set all day long! But in movies, she just doesn’t do it. You have to earn it. So our producer David Hoberman said ‘Julia Roberts has the greatest laugh in the movie history, you have to get it.’ So in the script I kept writing ‘Isabel laughs.’ But she wouldn’t do it. So finally in the scene she does the laugh, she finishes the thesis and goes ‘oh my god, let’s get drunk!’ That’s the end of the writing. So then I said, ‘I have a gift.’ She goes ‘What’s the gift?’ And I said ‘it’s a surprise.’ Owen goes ‘what’s the gift?’ ‘It’s a surprise.’ No one knows. I built it up the whole week. So when she finally saw what it was, she burst out laughing. There it was.”


——箱の中には何が入っていたのですか?


チョボスキー監督「それは秘密です。ジュリアとの約束で、箱の中身は誰にも言えないのです(笑)」


——What was in there?


“I can’t tell you. It’s a secret. She made me promise, she swore me the secrecy that I can never tell what was in the box [laughs.]”


Jacob Tremblay as "Auggie" in WONDER.


——この映画は子どもたちだけではなく、大人にもインスピレーションを与えるのではないかと思います。監督が本作を通して最も伝えたいメッセージは何ですか?


チョボスキー監督「映画にも出てきた“(正しいことよりも)優しさを選ぶ”ということです。そこには2つの言葉があり、優しさはみんなわかっているはず。難しいのは選ぶことで、生きていれば誰でも選択することになります。(オギーのような)子どもを凝視して相手の気分を害するのか、それとも、興味を持って相手を知ろうとするのか。相手が普通の存在になればなるほど、自然と気持ちを理解できて、互いに優しくできるものです。R・J・パラシオは以前、『すぐ近くにいる人を嫌うのはすごく難しいことだ』と話していました。今日私たちはこうして出会いましたが、僕にとって、今この部屋にいる人を嫌うのはとても難しいです。きっとあなたも僕にとって同じように感じているはずです」


——I think this film will inspire not just children but adults too. What kind of message would you like to convey the most through this film?


“The message comes from that quote ‘Choose kind.’ But there are two words there. There is kind that we all get. Choose. That’s the work because everybody who lives has the choice. You can either look at that child and stare at them and make them feel bad. Or you can try to get curious and you can learn about them. But what I found is the more that the other becomes normalized, the more that our natural empathy is going to lead us to be kind to that person. R.J. Palacio said this wonderful quote which is ‘It’s really hard to hate somebody up close.’ Like now that we’ve all met here, it would be very hard for me not to like anybody here. And I would hope you feel the same way about me.”

——いじめは日本でも、とても大きな問題です。


チョボスキー監督「(日本における)子どもによる自殺などの話を聞いて、とても残念に思います。子どもたちがそんなにも孤独を感じているとは…僕はよく知りませんでした。いじめは前作の『ウォールフラワー』でも、本作でも触れたことです。私たちがもっと話し合って、子どもたちの孤独な気持ちを軽減することができたら、それはみんなにとってよいことだと思います。特別な子どもたちが命を落としていることは明らかで、それは誰にとってもよくないですから。本当に残念に思います。例えば、生徒たちがナイフを持ち歩いて、毎日校内でお互いを傷つけ合っていたら、学校はそれを止めるはずですよね。傷が目に見えないというだけで違ってくるなんて理解できません。こんなにも(いじめが)黙認されていることに、とても驚いています。個人的には、大人や教師たちに、学校の中で起きていることを止める勇気を持ってほしいです。それによって、いじめっ子を含む全員にとってよくなると思うからです。原作にはなかったのですが、僕は劇中のいじめっ子のジュリアンを罪から救いたいと思いました。オギーは見た目を変えることができないのだから、僕たちが見る目を変えるべきだと教えたかったのです。それによって、ジュリアン自身がよりよい人になり、より幸せになれると思います」


——Bullying a very big problem here in Japan as well.


“I’m very sorry to hear about all these suicides and everything else with the kids (in Japan.) The fact that kids feels so alone… This is something I know a little bit about. The last movie ‘The Perks of Being a Wallflower’ had a lot to deal with this, this had something to do with it. The more that we can talk about these things, make these kids feel less alone, are the better off we are all going to be because a lot of special kids are obviously dying, and we are all worse off for it. I’m very sorry for it. Let’s say that students walk around with knives and stab each other everyday in a hallway, the school would probably put a stop to it, I’m guessing. So I don’t understand why, because the wounds are invisible… I’m very surprised that is tolerated as much as it is. And personally I would love for the adults and teachers to be empowered to put a stop to some of the things within the school walls. Because I think everyone would be better off for it and bullies themselves. Something I tried to do with the character of Julian which is not in the original book, I tried to redeem him. I tried to teach this lesson that he could learn that if Auggie can’t change the way he looks, maybe we can change the way we see. And Julian is going to leave that office as much better and happier person.”

W_D27__04920.NEF


——日本には『ウォールフラワー』のファンがたくさんいます。映画はもちろん素晴らしいのですが、監督の小説を待っているファンも多いはずです。今後、新しい本を書く予定はありますか?


チョボスキー監督「実は新しい本を書いたので、来年には出版する予定です。シングルマザーと小さな息子を主軸に描きました。僕の多くの脚本と同じように、とてもエモーショナルな本です。さらに、この話にはとても怖い要素が含まれています。映画や他の仕事の合間に少しずつ書いたのですが、700ページの長編小説が完成しました。とても気に入っています」


——There are a lot of people who love “The Perks of Being a Wallflower” in Japan. You make great films, but I think a lot of people are waiting for your book as well. Do you have any plans to write a new book?


“I have a new book. It will come out next year. It’s about a single mom and her little boy. And it’s a very emotional book like most of my scripts are emotional. But in this case there is a little extra component that is also very scary. In between movie jobs and everything else, I would write it, write it, write it, and when it hit page 700, I realized there is an epic story. And I love this book.”


——すごく楽しみです!


チョボスキー監督「僕も待ち切れません。小説について聞いてくれてありがとう。映画製作も監督業も大好きで、とても楽しいのですが、僕の初恋は小説でした。もっとたくさん書きたいと思っています。再び小説と恋に落ちた気分なので、今後しばらくは書き続けたいと思っています」


——That’s so exciting!


“It exciting, I can’t wait. And thank you for your compliment. I love making movies and directing, it’s such great fun. But my first love was novels, and I’m going to write a lot more. I’ve fallen in love with it again so I’ll keep doing this for a while.”


——最後に、次の映画のプロジェクトについて教えてください。


チョボスキー監督「自分の本を映画化するか、もしくは、ディズニーのために書いた『プリンス・チャーミング』になる予定です。ちょうど1ヶ月前に書き上げました。ディズニーは予定している作品が多いので、実際にいつになるかはわかりません。最終的には作る予定なので、とても楽しみにしています」


——What is your next movie project?


“Well, it’s either going to be adaptation of my book, and I wrote ‘Prince Charming’ for Disney. I just finished that a month ago. I don’t know when they want to make it, because they have so many things down the pipe. Eventually we are going to make it, I just don’t know when. I’m very excited.”



スティーヴン・チョボスキーL




text Nao Machida



『ワンダー 君は太陽』
http://wonder-movie.jp
6月15日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開
© Motion Picture Artwork © 2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
原題:『Wonder』 原作:R・J・パラシオ『ワンダー』ほるぷ出版刊
監督・脚本:スティーヴン・チョボスキー 『ウォールフラワー』
製作:トッド・リーバーマン デヴィッド・ホバーマン
出演: ジュリア・ロバーツ『プリティーウーマン』『エリン・ブロコビッチ』オーウェン・ウィルソン『ミッドナイト・イン・パリ』『マイ・ファニー・レディ』ジェイコブ・トレンブレイ『ルーム』ほか
配給:キノフィルムズ/木下グループ

RELATED

LATEST

Load more

TOPICS