Interview with Dream Wife about “Dream Wife”neol.jp | neol.jp

NeoL

開く
text by Junnosuke Amai
photo by Hollie Fernando

Interview with Dream Wife about “Dream Wife”

DW 27ret sm


活気を見せるサウス・ロンドンの音楽シーン。このドリーム・ワイフは、シェイムやゴート・ガールとともにその一角を担う3人組のガールズ・バンド。アート発のプロジェクトらしくコンセプチュアルなメッセージ性を含みながらも、初期レインコーツからライオット・ガールの系譜まで受け継いだスタイリッシュでカラフルなガレージ/ポスト・パンク・サウンドが醍醐味だ。この春リリースされたセルフ・タイトルのデビュー・アルバムは、そんな彼女たちがかたちにした最初の成果にふさわしい。今月サマーソニックで初来日を果たす彼女たちにメールで訊いた。


――この夏にドリーム・ワイフのライヴを日本でも見られるということで、とても興奮しています。先日、国際女性デーに合せて公開された“F.U.U.”のMVは日本の音楽メディアでも報じられたのですが、まずはその話から聞かせてください。このタイミングでバンドとして発信するメッセージとして、他の曲ではなくあの曲が選ばれた理由を教えてください。そこにはどんな狙い、または期待があったのでしょうか。



DW「“F.U.U.”には大きな秘密があって、じつは最悪のヘアカットについての曲なの。でも“F.U.U.”は怒りの曲で、女性が怒りを表現することをこの社会は本当に許容してはくれないし、そんな強さを持った一部の女性は『ビッチ』って呼ばれたりする。この曲の最後で私たちはそのワードをあえて掘り返して、『全員ビッチ上等!』って大声で叫んで、その怒りを浄化させてるの。そのカタルシスを共有したかった」


-――We are super excited to see Dream Wife’s show this summer at SUMMER SONIC!! First of all, let us talk about the song “F.U.U.”; the music video was released on International Women’s Day and it also got many of Japanese music media attentions. Why did you particularly choose “F.U.U.” as the message from the band that delivers on International Women’s Day? What was your intention / expectation for the release?

“The big secret is that F.U.U. is actually written about a bad hair cut. F.U.U is an angry song and anger is an emotion which society doesn’t really allow women to express, they get called ‘bitch’. At the end of F.U.U we all scream BITCHES together and the reclamation of that word and that rage is cathartic and we want to share this catharsis. “





――“F.U.U.”のMVでは、女性の解放やエンパワーメントといったメッセージ性が、あくまでポップに、ある種エンターテインメントなスタイルで表現されているところが素晴らしいと思いました。つまり、そうしたテーマに関心が薄い人にも興味を持ってもらい、シェアされることを目的として作られている。女子プロレス団体のEVEがフィーチャーされた演出も含めたMV制作の意図、制作中のエピソード、また見た人からの興味深いリアクションなどあれば教えてください。


DW「EVEを紹介してくれたのはレーベルなの。私たちのバイブスと呼応するところがあって、なにか一緒にできるんじゃないかって。EVEの試合、そのパワフルな女子レスリングを観戦して、もちろんなにかが生まれる予感がした。だけど、MVでEVEをただの攻撃性の表現として捉えられるようなことは絶対にしたくなくて。私たちは女性の強い結束を見せたかったから、友達やファンと同じリングに集まった。そしてEVEのレスリングは、それに圧倒的な説得力を持たせてくれた。ワルなビッチたちが堂々と一同に会して、ワイルドな時間を過ごしたのよ。
ビデオはコラボレーターでもあり友人のエイダン・ジミリが監督を、パウリナ・ルッソがスタイリングをしてくれて、小生意気で遊び心のある、文字通り“強烈なパンチのある”世界観を作ってくれた。
曲にも参加してくれてるアイスランドのラッパーで、ラケル(・ミョル、Vo)とは旧い付き合いのフィーヴァー・ドリームも遠くから撮影に来てくれて、一緒にリングサイドで演技をしたの。一緒のフェスに出ているときや同じ都市にいるときはライヴも一緒にやったりもして、いつだって彼女と再会できるときは特別なんだけど、リングサイドではまた格別! 彼女がボスよ!」


――-The music video is remarkable that’s because it clearly shows the message of liberation / empowerment of women but yet it expresses the earnest feministic voices in a pop entertaining way, so that the video could even get attentions of people who don’t really care about the topics, and make them want to share it without giving assertiveness. What made you decide to ask EVE to appear the video? Would you share some behind-the-scenes stories? Let us know if you’ve got interesting reactions.

“We were actually introduced to EVE by our label, who thought it might be something that would work with our vibe potentially. Once we had been to see the EVE show, these powerful women wrestling, we knew it was something we could work with but we definitely didn’t want our video to just be a thing of aggression for the sake of it, we wanted it to show female solidarity, friends and fans coming together with us in the ring, and the wrestling from the EVE girls being an extreme force within that. Bad bitches owning it, together, and having a wild time in the process.
We worked with our collaborators and friends Aidan Zimiri (director) and Paulina Russo (styling) to create a world that was cheeky and playful, while still packing a punch….literally.
Icelandic rapper and old friend of Rakel’s, Fever Dream, flew over to partake in the ringside action too, she raps during a breakdown in FUU and we sometimes play this song live with her if we are all at the same festival or in the same city. It’s always special to be reunited with her, especially in the wrestling ring. She’s a boss. “



DW 38 ret wip LR


DW 49 ret LR



――ドリーム・ワイフが(作品)デビューしたのは2年前の2016年になります。ただ、本格的なデビュー作となるファースト・アルバムがリリースされたのは今年に入ってからということで、折からの「#MeToo」や「Time’s Up」の動きと絡めて、非常に“タイムリー”なバンドだと紹介されることが多いかと思います。実際のところ、今の時代に自分たちのようなバンドが活動することの意義について、ご自身ではどのように捉えているのでしょうか。



DW「3人の女性が思う真実をただ語っているだけなんだけど、こうして自分たちの声が届けられる場所のあるこの時代に、こうしてアートを作っていることはとてもラッキーなことなんだと思う。自分たちが過ごした90年代はまだフェミニストの論議だとか、そういった志を表現する女性ミュージシャンはすごく少なかったから、とくにロック・シーンでこうした変化が見られることは本当にエキサイティングね。私たちは誠心誠意行動してるだけで、社会が私たちの性別に対してこうあるべきだとか指図してくることなんて気にしない。こういったアクションが女性としていまだに急進的だと思われるなんて、絶対におかしい。今育ってる子供たちは、こんな思いをしなくていいようになっていることを願うわ」


ーーYou’ve done variety of activities as the band Dream Wife since 2016, but just made your official debut this year. As “MeeToo” and “Time’sUp” movements show rapid expanding these days, the band may have often introduced as in a way a hero of our time. What do you think is the significance of your activities as the band that holds feminist policy in this era, 2018?


“We’re just 3 women speaking our truth and we are very lucky to be making this art at a time where there is space for our voices to be heard. When we were growing up in the 90s there was very little in the way of feminist discourse or examples of female musicians, especially in rock and it’s so exciting seeing this change. For us it’s just doing it, wholeheartedly and not giving a fuck about how society dictates our gender should behave. It’s crazy that’s still a radical thing to do as a women, but hopefully the kids growing up now won’t have to fight so hard. “


――一方で、「#MeToo」や「Time’s Up」が浮き彫りにした事柄というのは、さまざまな分野で長い間解決されないままできた問題でもあるわけです。90年代のライオット・ガール、ピーチズのような00年代のエレクトロクラッシュ、あるいは遡ればエックス・レイ・スペックスのポリー・スタイリンたちの活動とは、まさにそうした問題と戦い続けてきた歴史でもあるわけですが、自分たちもそうした彼女たちの活動の流れを受け継いでいる、という意識は大きなものとしてあるのでしょうか。



DW「フェミニズムやセクシズム、いろんな性差のステレオタイプをブチ壊すための大きな議論に関して、私たちはもちろん深く関わってると思う。この討論に萎縮していたくないし、いろいろな方法で問題点を明確化して、現状に立ち向かうことは私たちの責務だと感じてる。ライオット・ガールは30年近くも前に起きたムーヴメントで、私たちはライオット・ガール・バンドとは違うけど、でもこうしていまだにライオット・ガールと比較されて意見を求められるってこと自体が、どれほどまでにこの議題が女性や、女性として生きる人々にとって肝要なことかを示してる。音楽の世界、それから一般的にも言えることだけれど、90年代にビキニ・キルのキャスリーン・ハンナが再三訊かれてきたであろうものと同じ、音楽の世界に生きる女性であることに関する質問をこうして今なお自分たちも尋ねられるってことは、この30年間女性ミュージシャンたちにとってはそれほど大きな変化はないってことでしょ? 平等であることがスタンダードになるまで、私たちは進み続けないといけないし、フェミニズム関連の論議ももっと一般的になったらもっとたくさんのことが変えられるはず。私たちはそれが打ち消されないように、根気よく物事を進めていかないといけない」


――On the other hand, many problems that have been brought up by “MeToo” or “Time’sUp” are something we can say that’s universal, fundamental and has been unresolved for a long time. Such as Riot Grrrl in the 90s, Peaches’ electroclash in the 2000s and Poly Styrene from X-Ray Spex have all been fighting against such sexisms, but do you see yourself as a band that has taken over the fighting spirit of this movement?

“We definitely feel engaged in this wider conversation surrounding feminism, sexism and smashing gender stereotypes. We don’t want to shy away from this conversation and feel like it is our duty in a lot of ways to be addressing these issues and challenging the status quo. Riot Grrrl is a movement that happened almost 30 years ago now, we aren’t a riot girl band, however the fact we still get compared to and asked about Riot Grrrl now, only proves the point of just how vital these conversations still are for women and female identifying people, in music and in general -how can we still be asked the same questions in interviews about being a woman in music that Kathleen Hannah was also being asked back in the 90s with Bikini Kill, it’s like have things really not changed that much for female musicians in 30 years? We need to keep pushing the standard, equality should be the standard and the more normalised the conversations surrounding feminism become the more things can change, we need to keep chipping away at this, and not let that drop. “


DW 58 ret LR v2



――ちなみに、そもそもは大学のアート・プロジェクトとしてドリーム・ワイフは始まったとのことですが、当初から現在掲げられているようなバンドのテーマやコンセプトみたいなものはあったのでしょうか。そのあたりの問題意識が芽生えてきっかけが知りたいです。


DW「このプロジェクトを始めた当初は、成り行きまかせで事が進んでいった。ただ3人のワイフたちが一緒のソファで眠って、自分たちでサウンドもやって、友達や知り合いに声をかけてブッキングまでするDIYのインターナショナル・ツアーでたくさんライヴをしたのが始まり。なんでも自分たちでやってみるしかなくて、でもそのツアーのおかげでチームに思ってもみなかったほどの結束が生まれたの。その経験、あるいはそのフィーリングがきっかけで、それを続けずにはいられなくなって、そこから徐々に自分たちがしてきたことに意味を見出していくことになった。おそらく女性が攻撃的な音楽をプレイすることをあまりよく思っていないであろう場所で演奏をする機会が増えるほど、セクシストの陳腐な常套句に出くわす機会も増えた。たとえば、私がアンプを使えるなんて思いもしない人もいれば、ショウの後で『10年もすれば見た目は劣化するんだから、もっとうまくなれよ』なんて言ってくるヤツもいた。こんなのは数多くあったことのたったふたつの例で、普通ならそんなにシリアスに受け取ることじゃないかもしれない。でもそういった『女の子だから』っていう扱いを受けたことで、ロックでは絶対に譲歩しないっていう決意はより固くなった。そういう経験が、間違った人々がいるってことを証明するための、確かな推進力を私たちに与えたの。これまでの道のりのなか、自分たちを外に晒すことで、私たちは多くのことを見つけて、それに対して自分たちがなにをできるかを探ってきた。そして今、こうして与えられた現在のドリーム・ワイフっていうプラットフォームで、こうした問題を取り上げてライヴをして、音楽を作って、女性や女性として生きる人々に安心してアクセスできる場所を作ることに従事して、繋がりを感じてもらいたい」


――Have you had the same concept for the band since you started Dream Wife as a project for your art collage? What made you aware of these types of issues in the beginning?


“When we started out we were really feeling this project out as we went. We were doing a lot of international DIY tours at the start, just us three wives sleeping on coaches, doing our own sound at shows, booking tours from friends and contacts we had at the time. It was really hands on, and this major sense of solidarity within the unit came about in a strong way from those particular tours in a way you can’t really predict. This was or thing, and we couldn’t stop doing it, figuring it out as we went. The more we took our music out to places that maybe weren’t so embracing of women playing loud aggressive music, the more we came across the sexist cliches, people expecting you to not be able to use your amp, one guy after a show said that we better practice because in ten years our looks will fade. These are only two examples of many, generally not being taken seriously, just because you are a girl was what taught us to dig our heels in rock it even harder. It definitely gave us a drive to prove people wrong all the more. We figured a lot of this stuff out along the way, by getting ourselves out there, and seeing what we could do on our own. Now, given the platform that Dream Wife now is, we want to address these issues and make gigs and music a safe and accessible space for women and female identifying people to engage with and feel a part of.”




――ただし、こう言ってしまうと語弊があるかもしれませんが、そうしたメッセージやテーマを抜きにして、まずサウンドとしてリスナーを引き付けるエッジやキャッチーさがあるところがドリーム・ワイフの素晴らしさ、大前提ではないかと思います。そうしたドリーム・ワイフのサウンドはどのようにして生まれたのでしょうか。具体的に参考になったもの、出会い、インスピレーションなどいくつかのキーワード、リファレンスを教えてもらえれば。



DW「私たちにとって、ポップとロックのクロスオーヴァーはすごくエキサイティングで、ヤー・ヤー・ヤーズやストロークス、クリブスは10代の頃から主なインスピレーションの源。音楽としてはロックなんだけど、本当にすごく楽しくって、ちゃんと問題提起があっても、それ自体に深刻になりすぎる必要なんてない。彼らにはそういったすごく親しみやすい部分があって、それは自分たちで初めて曲を作るときにとくに影響された。私たちがバンドとしてプレイすると、時々とんでもないエネルギーが生まれるの。お互いを完全に信用していれば、音楽的な均衡がもたらされて、ただそれに身をまかせればよくなる。私たちは本能的にそれをやっているけど、そのベースにあるのはロック・ミュージックがすごく楽しいものだってこと。私たちは真剣にやっているけど、深刻になる必要はないんだってことね。私たちの音楽的アティチュードには、そういうすごく奔放な部分がある」


――You’ve shared the band policies with us here, but I think even without the topicality, Dream Wife music is enchanting, and the edgy and catchy sounds has power to simply attract people. What were the specific things that inspired you when you find your own musical style? If you have any keywords, references, or wonderful encounters you’d like to share.



“For us the cross over between pop music and rock music has been exciting, bands like The Yeah Yeah Yeahs, The Strokes and The Cribs were major inspirations for us when we were teenagers, it was rock music but it was also really really fun, it could address issues but also didn’t have to take itself too seriously. There was something so accessible and inspiring about those bands in particular when we were getting into music on our own for the first times. When we play together as a band it’s a crazy energy sometimes, where you all trust what each other can bring to the equation musically, and you just roll with that, it’s an instinctive thing for us, but this basis of rock music that was super fun still feels like it informs us, we take what we do seriously, however we don’t take ourselves seriously, there is something really liberating about that as our attitude musically. “



DW 69 ret LR


Hollie_1813_02 ret bw Rakel mouth closed LR

――先日リリースされたファースト・アルバム『ドリーム・ワイフ』は、これまでのEPやシングルを集めたコレクション的な側面があり、現時点でのバンドの集大成、バンドの成長の記録としても聴ける作品だと思いますが。自分たちにとってはどんな作品になりましたか。


DW「ようやく最初の子供を産んだって感じ。大好きよ。まだ理解しようとしている最中で、成長を続けてるの。聴きたいと思ってくれる人たちに、こうやって全部の曲が届けられるのは素晴らしいことだし、今のところすごく好意的なリアクションをたくさんもらえていて、私たちが伝えたかった想いやエネルギーが多くの人の琴線に触れて、誰かにとって意味を持つってことは、本当に特別で大切なこと。その気持ちはまるでみんなとの対話のよう。それがこのアルバムのすべて」



――The album ‘Dream Wife’ is like a compilation of your works that shows your growth as a band. What kind of album is it for you?

“For us it’s like we just gave birth to our first child. We love it. We are still understanding it now, it’s still growing.
It was an amazing thing to be able to share all of these songs with everyone who is willing to listen, the reaction to the album has been incredible so far, the subject matter we are touching on and the energy on the record has definitely touched people, these songs mean something to them, to us, and that is a very special and precious feeling, it’s like a conversation, and that’s what this is all about. “

―― “Somebody”の “I am not my body / I am somebody” というラインが印象的ですが、この曲はどんなきっかけで生まれた曲なんでしょうか。



DW「“Somebody”はほとんどが私たちの練習場で出来上がったんだけど、きっかけは2年前にレイキャヴィークで行われた『SlutWalk(※性暴力反対運動)』ね。たくさんの友人が、心が砕かれるような性暴力の経験をそこでシェアしていて。そういう話を他人と共有することはすごくパワーが必要なの。自分の身になにか良くないことが起こったとき、人は本能的にその後ろ暗い部分を暗闇のなかに隠してしまうから。けれど、光のなかで 『Somebody=誰か』と自分や友達の経験を持ち寄って、その経験を明るみに出してやることで、本当に傷を癒すことができるの」


――I love the impressive line from “Somebody” that says “I am not my body / I am somebody,” please tell us the background how you come up with the song.



“Somebody came out pretty much fully formed in the practice space. It was written in the wake of Reykjaviks ‘slut walk’ 2 years ago; so many friends sharing heart breaking stories of sexual assault but there is so much power in the sharing of these stories. When bad things happen to you the instinct is to hide those dark parts in the shadows but healing happens in the light and with Somebody we are bringing our own experiences, our friends experiences into the light. ”





――“Let’s Make Out”では、“Let’s make out / Let’s make out / Or are you too shy?” というシャウトが突き刺さります。この曲が掴もうとしたフィーリング、リスナーに伝えようとしたエモーションとはどんなものなんでしょうか。



DW「“Let’s Make Out”はセクシュアリティの讃歌よ。人生を掴み取る(それと、目をつけてるキュートな誰か)を掴み取るってことがテーマで、それを勝ち取るためには勇気を持ってぶつかっていけってことね」

――The emotional shouts in the song “Let’s Make Out” really hit me. What kind of feelings did you try to capture in the song / try to express to the listeners?



DW「Let’s make out it a celebration of sexuality. It’s about grabbing life (and that cute person you’ve had your eye on) and taking life by the horns.」


――話は前後してしまうのですが、“F.U.U.”でフィーチャーされているラッパーのフィーヴァー・ドリームとは、どんな縁で知り合ったんですか。強烈な存在感を放っていますが、どんなアーティストなんでしょう?

DW「フィーヴァー・ドリームことヴィグディスは絶対的なパワーの持ち主で、知りうる限り1番ワルで最高なビッチ! ラケルとヴィグディスは昔アイスランドで一緒に活動していたからずっとコラボレーションのアイデアを持ってて、数年前にアイスランド・エアウェーヴスっていうフェスティバルにみんなで行ったときからプロジェクトが進み出したの。運よく私たちが一緒の場所にいるときには、ヴィグディスはステージにあがってくれるし、そこで解き放たれるエネルギーは驚異的なの」


――Going back to the song “F.U.U.”, you collaborated with a rapper Fever Dream, and she has such a strong presence. How did you guys meet each other and what is she like as an artist?

“Vigdís aka Fever Dream is an absolute FORCE, one of the Baddest Bitches we know. Rakel and Vigdís used to work together in Iceland and had the idea for a collaboration, which we got underway a few years ago when we went over for Iceland Airwaves. When the planets align and we all end up in the same place Vigdís joins us on stage and the energy is phenomenal, it always gets unchained.“



――当初は大学のアート・プロジェクトとしてスタートしたドリーム・ワイフですが、リリースを重ねてライヴやツアーを繰り返すことで、自分たちの意識や、バンドを取り巻く環境は大きく変わったのではないかと思います。そうした中で、ミュージシャンとして、あるいはバンドのテーマやコンセプトに対する思考の部分において、自分たちとしてはどんなところに一番の変化や成長を感じますか。



DW「私たちは自分たちの身体と心に気を使って、互いに支え合うのに一生懸命なの。この役目はずっと守っていきたい。それと、真剣に音楽をやるけど、深刻にならないってこと。健康って人それぞれに別の指標があって、直線上に伸びていくものじゃないし。すべてはこれまでのポジティヴな軌跡についてなんだけど、習得するまでに時間がかかったことと、うまくいかなかったことは新しい解決法を見つけるためのチャンスでもある。学んで、成長して、自分と他人に優しくすることが、ずっと私たちの信念」


――Probably the circumstance of the band have dramatically changed through these two years, and it‘s not hard to imagine that there are some shifts in your mindset. Compared to the very beginning of the band, which part of yourself do you think has grown the most as a musician?

“We are all working hard to look after our bodies, our minds and each other. We want to honor this position, it’s about taking the music seriously but not ourselves. Health looks different on everyone and is not a linear progression. It’s all about the positive trajectory but heavy learning curves and taking things that have gone wrong as a chance to find new solutions. It’s about learning and growing and being kind to yourself and everyone else. “


――ところで、あなた方をはじめ、たとえばビッグ・ムーンだったり、サウス・ロンドンのシェイムやゴート・ガールに象徴される最近のイギリスの音楽シーンの盛り上がり、それもロック・バンドやギター・バンドが活気を見せている状況については、ここ日本でも伝えられる機会が最近多くなりました。実際のところ、あなたの目から見て、最近のイギリスの音楽シーンはどのように映っているのでしょうか。同世代のバンドから刺激を受けることもありますか。

DW「今ロンドンではワクワクさせてくれる音楽が本当にたくさん生まれていて、それが日本にも届いているってことはすごいことだと思う! でもおかしなことに、私たちは最近ツアーに出てばっかりだから、正直自分たちがロンドンにいるって気が全然しないんだけど! シェイムはすごく気のいい奴らで、オーストラリアのレーンウェイ・フェスティバルのときはたくさんの時間を一緒に過ごしたの。私たちの弟みたいな感じ。この夏も多分いろんなフェスで会うことになると思う。ロンドンにいるときよりもね」


――In recent years, UK music scene has become lively and especially guitar rock bands are reviving. South London based indie rock bands including Dream Wife, The Big Moon, Shame or Goat Girl are all getting big attentions as a surging scene even here in Japan. What’s your perspective on today’s UK music scene? Do you get motivated by other bands from the same generation?

“There is so much exciting music happening in London these days and amazing so much of it is making it over to Japan! But the funny thing is we are actually on tour so much these days it hardly feels like we are in London at all! Shame are such a sweet bunch of boys, we spent a lot of time with them at Laineway festival in Australia, feels like they are our little bothers. But far more likely to see them on the festival circuit this summer than in London.”


――最後に、あなたをエンパワーメントしてくれる音楽をいくつか挙げてください。あるいは音楽以外に小説、映画、ドラマ、アートでも構いません。または、最近エンパワーメントされた出来事など。

DW「私たち、デヴィッド・リンチの作品での女性の描かれ方がすごく好きなの。作品でのすごくパワフルで複雑なキャラクターと、ハリウッド映画の枠にハマらない女性の見方はとても新鮮味があって、大いにインスピレーションを刺激されるわ。
ジョイス・キャロル・オーツの『Foxfire』は孤独を感じてるティーンをすごく力づけてくれる。50年代のニューヨークのガール・ギャングの話なんだけど、誰にもナメられないように必死で、互いの身体にタトゥーを入れたりするの。ずっとそのギャングに入りたいって思ってたんだけど、私はかわりにワイフたちを見つけたから。うまくやったわ。だからほら、あなたも自分のガール・ギャングをみつけて、一緒にバンドをはじめなよ。彼女たちが支えてくれるから!」

――Lastly, would you name some songs or any other things (such as novels, movies, dramas, stories, or arts) that empowered you, please share them with us.

“We love the way women are portrayed in the works of David Lynch, there are some seriously powerful and complex characters at play and to see women on screen who aren’t the standard Hollywood fit is really refreshing and a majorly inspiring.
The book FoxFire by Joyce Carol Oates was really empowering to read as this loner teenager, its about this girl gang in New York in the 50s who don’t take any shit and give each other stick and poke tattoos and stuff. I used to wish I was in that gang, but then I found my wives. So hey, I guess it all worked out, find your girl gang and hold on to them. Start a band with them. They’ve got your back.”




photography Hollie Fernando
text Junnosuke Amai
edit Ryoko Kuwahara




20171129181629
Dream Wife
『Dream Wife』
(Lucky Number / Hostess)

http://smarturl.it/guo0ju


1. Let’s Make Out
2. Somebody
3. Fire
4. Hey Heartbreaker
5. Love Without Reason
6. Kids
7. Taste
8. Act My Age
9. Right Now
10. Spend The Night
11. F.U.U.



Dream Wife
2015年、ブライトンのアート・カレッジで出会ったラケル・ミョル (vocal)、アリス・ゴー (guitar)、ベラ・ポドパデック (bass)の3人がパフォーマンス・アート・プロジェクトの一環として結成したガールズ・パンクポップバンド。ガーリーなルックスから想像のつかない激しいライブ・パフォーマンスが話題を呼び、期待の新人をフィーチャーして行われるDIY’S HELLO 2017のヘッドライナー、The Killsのツアーサポートに選出されるなど、活躍の場を広げる。2018年、待望のセルフタイトル・デビュー・アルバム『ドリーム・ワイフ』をリリースするほか、The Laneway Festivalへの出演、EUとUSでの大型ヘッドラインツアーも決定している現在要注目のニューカマー。サマーソニック2018にも出演!

RELATED

LATEST

Load more

TOPICS