アーティストによって創られた祭り:マーメイドパレード/The Coney Island Mermaid Parade – A Festival Invented by Artistsneol.jp | neol.jp

NeoL

開く
text by Karin Horikoshi
photo by Scotty Lynch

アーティストによって創られた祭り:マーメイドパレード/The Coney Island Mermaid Parade – A Festival Invented by Artists

Mermaid Parade 2018|Photography : Scotty Lynch


スパンコールだらけのビキニ、ピンク色の髪の毛、鱗素材のスカートにニップルシール。ニューヨーク、ブルックリン区のコーニーアイランドで行われるマーメイドパレードでは1983年から毎年3000人以上の人々が夏を迎えている。今年6月16日に行われた第36回目のパレードでも、夏、海洋神話、クリエイティビティを祝う賑やかなブルックリンの姿が見られた。手作りの色鮮やかな人魚の衣装を着て踊る人々の精神は衣装以上に自由で華やかに見えた。


Sequined bikinis, pink hair, fish scale skirts and pasties. Since 1983, over 3000 people celebrate the start of the summer season every year at the Mermaid Parade, held in Coney Island in Brooklyn, New York. At this year’s 36th Annual Mermaid Parade, we saw the lively community of Brooklyn celebrating summer, ancient mythology, and the arts. Participants wearing colorful, handmade mermaid costumes exuded free, flamboyant spirits that outshone their costumes.


Mermaid Parade 2018_1|Photography : Scotty Lynch


「コーニーアイランド・マルディグラ」の伝統を受け継いでいるマーメイドパレードはディック・ジグン(Dick Zigun)によって創設された。アメリカのマルディグラといえば、ルイジアナ州ニューオーリーンズの印象が強いが、もともとマルディグラとはフランス語で「肥沃な火曜日」という意味で、フランスやスペイン系移民によってもたらされた「告解火曜日」のこと。マルディグラは各地方で開催されるが、ニューオーリンズでは国内でもっとも大きな祭りを催している。この祭りの期間中はマルディグラを代表する黄色、緑、紫の三食で作られた「キングケーキ」を食べることが伝統となっている。食べ物だけではなく、カラフルな服や衣装を着て踊る人々の姿が印象的だ。そんな歴史を持つマーメイドパレード。今となっては、地元の海開きと共に夏の始まりを祝う祭りとなっている。


The Mermaid Parade was conceptualized by Dick Zigun, and pays homage to the former ‘Coney Island Mardi Gras’. Mardi Gras in the United States is mainly celebrated in Southern Louisiana, including the city of New Orleans. Mardi Gras, which translates to “Fat Tuesday” in French, refers to Shrove Tuesday, a holiday observed by many Christians. Mardi Gras celebrations are held all over the country; New Orleans hosting one of the biggest. During the celebrations, a ‘King Cake’ consisting of colors that represent Mardi Gras – yellow, green and purple – is eaten. Not only is the food colorful, but so are the clothes and costumes participants dance in. Today, the Mermaid Parade has evolved into a festival celebrating the opening of the ocean for the summer swimming season.


Mermaid Parade 2018_2|Photography : Scotty Lynch


マーメイドパレードは肌の露出が多いことで知られるイベントだが普段、露出を責められる女性やセクシャルマイノリティ(性的少数者)にとって自分自身を表現できる場でもある。年齢、性別、ジェンダー、生活スタイル関係なく、マーメイドパレードに訪れた全ての人々が自分なりに人魚や海の生物を表現する。今年のパレードでは2017年に公開された Shape of Water の影響もあり、クリーチャーや宇宙人を表現した衣装も数多く見られた。しかし、中には海や人魚と無関係な衣装を着てパレードを楽しんでいる人も。マーメイドストリートとネプチューンストリートに住むコミュニティの人達に、アートを通して海洋神話を伝えていくというだけでなく、ファッションを自由に楽しむ大切さを伝えるのがマーメイドパレイドなのだ。どれだけ露出をしたって、変わっている格好をしたって良い。マーメイドパレードはそのような、個性を尊重する精神を持っている。普段は観光地として注目されがちなコーニーアイランドだが、人々の強い意思によってブルックリンの独創的な文化が引き出されている。


The parade is well-known for its remarkable costumes and occasional nudity, yet it can also be considered a place for women, men and sexual minority individuals to showcase their individualities. No matter their age, gender or lifestyle, all people who visited the Mermaid Parade celebrated marine life in their own way. Perhaps due to the release of Shape of Water (2017), there were many costumes this year that resembled creatures and aliens. Among the participants were people enjoying the parade, dressed up in costumes completely unrelated to the ocean. Not only does the Mermaid Parade achieve its goal of “bring[ing] mythology to life for local residents who live on streets named Mermaid and Neptune”, it also communicates the importance of enjoying fashion freely. No one will criticize you for how much skin you show, or for how extraordinary your costume is. The Mermaid Parade has such a spirit that respects character. Although Coney Island is often dismissed as a “tourist’s area”, the strong sense of the Brooklyn community creates an ingenious culture.


Mermaid Parade 2018_3|Photography : Scotty Lynch



ニューヨークでは、他にも毎年恒例のLGBTプライドマーチ(同性愛者・バイセクシュアル・トランスジェンダーのコミュニティーを祝うイベント)やカリブ人のルーツを堪能するウエストインディアン−アメリカン・デーなどのお祭りが年中行われている。
マーメードパレードは多くのお祭りと異なり、宗教や商業を目的にしていない。アーティストが中心となって創られたニューヨークホリデーだからこそ、「どんな人でも自由な格好ができるべき」という現代的なニューヨーカーの強い思いが毎年マーメイドパレードを賑わせている。


New York City hosts many other annual festivals such as the New York City LGBT Pride March, and the West Indian-American Day celebrations. Unlike most parades, the Mermaid Parade has no religious or commercial aims. Since it is a New York holiday invented by artists, this vivacious event exhibits the modern New Yorker’s philosophy that “all people should be able to dress freely”.


Photography Scotty Lynch (Referring Link/a>)
text Karin Horikoshi

RELATED

LATEST

Load more

TOPICS