Interview with Nanaco+Riki Hidaka about “Golden Remedy”neol.jp | neol.jp

NeoL

開く
text by Shoichi Miyake
photo by Nanaco

Interview with Nanaco+Riki Hidaka about “Golden Remedy”

Nanaco Riki | Photography : Nanaco


NeoL_Nanaco Riki | Photography : Nanaco


佐藤奈々子という美しきシンガーでありフォトグラファーと、Riki Hidakaという透徹し混沌とした美学を描くギタリストが、Nanaco + Riki Hidaka名義で『Golden Remedy』と冠されたレコードをリリースした。あらかじめジャンルの区分を必要としていない夢見心地で生々しい本作のサウンドと歌は、触れた者に忘れがたき余韻をとめどなく残していく。NanacoはJan(jan and naomi/GREAT3)の生みの親であり、彼女とHidakaはそれぞれ“息子の友人”“友人の母”として出会った。以下のインタビューではそんな二人がこんなにも尊い音楽作品を完成させ、リリースするまでのストーリーを紐解いた。いや、まるで実の親子のような二人の対話は、必然的に音楽表現と真摯に向き合ううえで大切な未来についても及んだ。


Nanoko Sato, both as a charming singer and a photographer, is collaborating with the tal-ented guitarist Riki Hidaka who is very good at illustrating chaos beautifully. Together as Nanaco + Riki Hidaka, they have released their new record called “Golden Remedy”. It is not necessary to classify the genre of this record since the sound is so fresh that it leaves a dream for the audience to imagine. Nanaco is Jan (jan and naomi / GREAT 3)’s mother and she met Hidaka as “a friend of the son” and she was seen as “the mom of a friend”. With a rarely close relationship like this, they have had an intriguing conversation regard-ing their completion of their music work and countless details behind the story. The story will definitely help build an inviting future towards their music pursuit.



──二人にとってとても大切な作品になったのではないかと思います。完成したときの感触はどうでしたか?


Nanaco「完成自体はかなり前にしていたんですね。レコーディングが始まったのはちょうど1年前くらいで、マスタリングが終わったのは去年の11月くらい」


──完成からここまで半年以上、何度もご自身でこの作品を聴かれましたか?


Nanaco「いや、完パケてからはそんなに聴いてなかったんですよ。でも、リリース日が決まったときから何度も聴くようになりましたね。リリース直前と直後ですごく違うのは、自分が思っていたよりも周りのミュージシャンの友だちとかが『すごい!』って言ってくれること。あと、聴いてくれている人たちに深く届いているという感じ。言葉であったり、サウンドであったりが、とっても深いところで受け止められているということを今回すごく感じました。そういうことはリリースするまでは思いもしなかったですね」


──Hidakaはどうですか?


Hidaka「う〜ん、けっこう……ずっしりとしたものになったなぁと自分では感じてます。それは音のことだけじゃなくて、いろんな面で。だから、今はちゃんと作品になったのがうれしいです」


──「いろんな面で」というのは例えば?


Hidaka「さっきマミコ(HidakaはNanacoのことをこう呼んでいる)が言っていたように、レコーディングが始まったのはちょうど1年前くらいで。レコーディングも3箇所に分けて録ったんですね。それは曲ごとじゃなくて、最初にベーシックを録って、次にギターとか楽器のダビングはまた別の東京のスタジオで録って、ヴォーカル入れはニューヨークでやるとマミコが言って、スタジオとかマミコが手配して、ニューヨークでレコーディングした。その作業と作業の間に時間が空いてるし、流れた時間と関わってくれた人たちとか、自分の気持ちも含めていろんなものが多層的に重なってる感じがあって」


Nanaco「レコーディング前のある出来事をなくしては語れないアルバムなんですよ。それはなんだったかというと、あるときHidakaが私に『一緒にアルバムを作りたい』と言ってきて。最初はどんな風の吹き回しやらと思った(笑)。だけど、その1年前にHidakaがニューヨークから一時帰国したとき、私の家には加藤和彦さんのギターがあるんだけど、部屋に置いてあるそのギターを、「このギターを弾かせてもらってもいいですか?」と言って弾いたんですよ。そしたらおもいのほか上手かったの。『あらまぁ、きれいな音だね。上手になったねぇ』って。そのときに私がHidakaに『いつかHidakaと一緒に音楽でもうやろうかね』ということを言ったらしいんですよ。でも、私はすっかり忘れていて(笑)」


Hidaka「完全に忘れてたもんね」


──でも、Hidakaは強く覚えていて。


Hidaka「俺はマミコがそう言ってくれたからがんばってみようと思った。せっかくもし一緒に音楽をやるんだったら、1、2曲やるよりもちゃんと一緒に1枚のアルバムを作りたいと思って。それをマミコに伝えたんですけど」


Nanaco「私は全然覚えてなかったから、『どうしたんだろう、この人』って思って(笑)。『曲ができました』と言うから『聴かせて』と言って、Hidakaがギターをポロポロと弾いて口ずさむんだけど、この人、音痴だからわけわかんないくて(笑)。『う〜ん、これに歌ねぇ』と思ったんです。でも、どんどん話が進んでいって、『レコーディングやりますから』と。お金がないからHidakaと(オカモト)レイジくんの二人で1日で全部録るって言って」


——It is an important work of both of you for sure. How did you feel when it was fin-ished?


Nanaco: We finished the whole thing quite a while ago. It was probably about a year ago when we began the recording and we finished mastering about last November.

——Have you listened to it yourself after completing it for more than half a year?


Nanaco: No. I didn’t really listen to it that much. But I have started to play it on repeat when the release date was decided. It was quite different before and after the release. I got friends and musicians saying “wow” to me and it didn’t feel the same listening to the work after that. The sound and the words all require time to be understood profoundly and accepted. I had never thought about that before the release.


── How about you, Hidaka?


Hidaka: Well, I feel pretty …. I feel that it has become a solid thing, it’s not just the sounds but in various ways. It’s nice to have a work properly and I am quite happy with it.


── What do you mean when you say “in various ways”, can you be more specific?


Hidaka: Just like what Mamiko (Hidake calls Nanaco Mamiko) just said, we started the recording part just about a year ago and that happened in three different places. We first completed the basic recording in Tokyo. Did the guitar and another instrumental recording at another studio in Tokyo and then Mamiko finished the vocal part in a studio in New York. The process was kind of divided into different time periods and the feelings changed through the gap of the flowing time.And I am grateful to all people who supported us.



Nanaco: I couldn’t get a grasp of it before completing the whole album. I didn’t think of it that seriously when Hidaka said that he wanted to make an album together. It was when he got back from New York a year ago and saw the guitar of Kazuhiko kato in my house, he asked if he could play it. Then I liked how it sound and said “we might as wall make music together”. I couldn’t remember it well for quite some time lol


Hikdaka: You have totally forgotten.



─ ─ But, Hidaka vividly remembered.


Hidaka: I thought that I have mentioned it. I wanted to make an album rather than one or two songs together. That’s what I told her.


Nanaco: Since I couldn’t recall any of that, I was like “what is wrong with this person” lol Just saying that he finished a song and then started to play it roughly on the guitar was really funny. I thought that he didn’t know how to sing. As we got to talk with each other more, we had decided to record.Hidaka didn’t have much money and so he said that he will finish the recording with Reiji from Okamoto’s in one day.






──ベーシックを?


Hidaka「ベーシックというか、ドラムとギター1本だけレコーディングした」


Nanaco「そのスタジオに行ってみたらすごくパンクな二人組がいる感じで。私のキーとか何も気にしないでうるさい曲を録っていて。でも、『せっかくスタジオに来たんだから1曲だけセッションしたい』って私が提案して、アルバムに入ってる英語の曲(『I Will Marry You』)だけインプロで録ったの。でも、『このあとどうするの!?』って感じだったんですよ」


Hidaka「考えてましたよ!」


Nanaco「そうこうしてるうちに『日高もNYにいることだし、そうだ、ニューヨークで歌を録ろう!』と思って。それで、友人のJesse(キーボード&コーラスとして参加したJesse Paris Smith)に訊いたらいろんなスタジオとエンジニアを教えてくれて。その中からFigure8というスタジオを選んだんですね。そこで歌を録ってるときにJesseのコーラスとキーボード、さらにチェロとトロンボーンも入れようっていろんなミュージシャンが来てくれて」


Hidaka「もちろん、マミコが歌うということを前提に曲を作ったんだけど、メロディとかはなんも考えてなくて。いや、なんとなくメロディを考えていた曲もあったんだけど、上手く伝えられなくて。あと、マミコが書いた歌詞が乗ったらメロディも変わると思ったしお任せしたんだけど、それって今思えばめちゃくちゃイカれたことだなって思いますね(笑)。そのときはいけるだろうと思ってたんですけど、めちゃくちゃご迷惑をおかけしました」


Nanaco「ご迷惑なの?」


Hidaka「いや、わかんない(笑)」


Nanaco「まったくちがう素敵な作品ができたんじゃない?」


Hidaka「できた!」


Nanaco「今さら『ご迷惑おかけしました』って言われても、そんなの最初からじゃん(笑)。この人は初めて会ったときから何も変わらないから」


Hidaka「最初に会ったときにめっちゃ怒られたんですよね」


Nanaco「ウチに来てね」

——Have you listened to it yourself after completing it for more than half a year?


Nanaco: No. I didn’t really listen to it that much. But I have started to play it on repeat when the release date was decided. It was quite different before and after the release. I got friends and musicians saying “wow” to me and it didn’t feel the same listening to the work after that. The sound and the words all require time to be understood profoundly and accepted. I had never thought about that before the release.


── How about you, Hidaka?


Hidaka: Well, I feel pretty …. I feel that it has become a solid thing, it’s not just the sounds but in various ways. It’s nice to have a work properly and I am quite happy with it.


── What do you mean when you say “in various ways”, can you be more specific?


Hidaka: Just like what Mamiko (Hidake calls Nanaco Mamiko) just said, we started the recording part just about a year ago and that happened in three different places. We first completed the basic recording in Tokyo. Did the guitar and another instrumental recording at another studio in Tokyo and then Mamiko finished the vocal part in a studio in New York. The process was kind of divided into different time periods and the feelings changed through the gap of the flowing time.And I am grateful to all people who supported us.



Nanaco: I couldn’t get a grasp of it before completing the whole album. I didn’t think of it that seriously when Hidaka said that he wanted to make an album together. It was when he got back from New York a year ago and saw the guitar of Kazuhiko kato in my house, he asked if he could play it. Then I liked how it sound and said “we might as wall make music together”. I couldn’t remember it well for quite some time lol


Hikdaka: You have totally forgotten.



─ ─ But, Hidaka vividly remembered.


Hidaka: I thought that I have mentioned it. I wanted to make an album rather than one or two songs together. That’s what I told her.


Nanaco: Since I couldn’t recall any of that, I was like “what is wrong with this person” lol Just saying that he finished a song and then started to play it roughly on the guitar was really funny. I thought that he didn’t know how to sing. As we got to talk with each other more, we had decided to record.Hidaka didn’t have much money and so he said that he will finish the recording with Reiji from Okamoto’s in one day.



─ ─ The recording was quite basic?


Hidaka: Basically, I just recorded the drum and one guitar.


Nanaco: There are two punk boys when I first got to the studio. They recorded the songs without worrying about my vocal key or anything. Since I’ve come all the way to the studio, I hoped I’d like to session a song with them. And that was an English song called “I Will Marry You”. That was included in the album as well. I didn’t know what would happen after that.


Hidaka: I thought very carefully about our work.


Nanaco: We recorded in New York because I remembered that Hidaka was also in the city. My friend Jesse(Jesse Paris Smith), who participated as keyboard and chorus, told me about the studio and sound engineer stuff and we ended up using the one called Figure 8. Jesse’s chorus and keyboard were recorded along with the trombone by other musicians.


Hidaka: Of course I wrote the songs for Mamiko to sing but I hadn’t thought about about melody or anything. I thought that the melody will change with the lyrics and I didn’t want to mess it up I feel sorry that it might have caused some inconvenience.


Nanaco: Did you feel sorry for me?


Hidaka: Well, I am not so sure lol


Nanaco: Did you have another piece that was wonderful?


Hidaka: There you go.


Nanaco: You have always been like this lol Even if it had been confusing. I knew about you from the start.


Hidaka: You were pretty much pissed when we first met.


Nanaco: I remember when you came to my place.



NeoL_Nanaco Riki | Photography : Nanaco


──なんで怒られたんですか?


Nanaco「ウチにはJanくんのいろんな友だちが来てたから。そうすると、狭い部屋でみんな猫みたいに丸まって寝ていて。Hidakaもその一人だったの」


──最初はHidakaがギターを弾いてるという認識もなかったんですか?


Nanaco「全然。美大に行くとか行かないとか言っていて。Janに誕生日プレゼントと言って自分で描いた絵を渡してね。で、なんで私が怒ったかって、この人、Janの部屋の壁をペンキでめちゃくちゃにして! 黒かなんかで」


Hidaka「黒じゃなくて青! でも、それほんとに俺のせいじゃないんだよ!」


Nanaco「あれが怒った原因だった」


Hidaka「あのときはJanがクソ酔っ払っていて、『青のペンキで壁をめちゃくちゃにして』って言われて」


Nanaco「ヒドい部屋」


Hidaka「確かにあれはヒドかった。Janは最終的に屋上で寝ていた俺にそのペンキをかけて、朝起きたら俺はペンキでカピカピになっていて。『Jan!』って呼んだらいなくなってるし、マミコはヨガをしていて。部屋がヤバい状態になっていて怒られるという。でも、最後にマミコがバナナをくれて」


──最高です、そのエピソード(笑)。


Nanaco「怒っててもバナナはあげるの。この人たちはみんなお腹を空かせている雰囲気だったからね」


──母性ですね(笑)。


Hidaka「俺がハタチくらいのときですね」


Nanaco「なんにも変わってないなぁ」


Hidaka「変わってるし!」


Nanaco「それからJanとHidakaが一緒に演奏をしているのを見て、ヘンテコリンなことをやってるなぁと思って。でも、いきなり私とこういうまじめな音楽をやりたいって思ったのはどうしてなの?」


Hidaka「だって、マミコは忘れてるけどすげぇ褒めてくれたから。普通にすごくうれしくて。ずっと怒られていただけだったから、褒められてすげぇうれしいなと思ったんだよ」


Nanaco「よかったね(笑)」


Hidaka「あの日、マミコが褒めてくれたから俺はがんばるぞって思ったんです」


Nanaco「よかった。私たちはね、ケンカしたこともいっぱいあるけど、それくらい愛があるの。ね?」


Hidaka「(笑)」


Nanaco「ほんとにこのアルバムができたのは、いろんな素晴らしいミュージシャンの力だったり、エンジニアの力やいろいろな力が注がれたから。今回、それぞれにすばらしいスタジオですばらしいエンジニアだったけど、特にNYのスタジオとエンジニアのPhilip Weinrobe。彼はとてもクリエイティブなすばらしいアーテイィストだった。そしてマスタリングエンジニアのHarris Newmanもすばらしく、とてもスピリッチュアルな人で、テクニカルなことは言わずに詩を書いて送ると、魔法のような音にしあがって送られてきて、そのやりとりがとてもしあわせだった」


Hidaka「スペシャルだった。夢みたいな場所だなって。数年間ニューヨークに住んでいたけど、『こういうところにみんないるのか!』って思った」


——Why were you angry?


Nanaco: Because there were many friends of Jan and everyone was crouching together like cats and Hidaka was one of them.


——When did you first recognize that Hidaka played guitar?


Nanaco: I didn’t realize it for quite some time. He said that he was going to art schools. He gave Jan a painting by himself as a birthday gift. The reason I got mad was that he messed up Jan’s room. There were black paint everywhere!


Hidaka: It was blue, not black! And I didn’t mean to do that!


Nanaco: Anyway, that was why I got mad at him.


Hidaka: Jan was really drunk at that time and he said that he wanted to paint the whole wall blue.


Nanaco: You have done a pretty good job at that.


Hidaka: Yea it was pretty bad. Jan ended up sleeping on the rooftop and I yelled at him when I woke up and saw the painted wall. Even though Mamiko got angry, she gave me a banana in the end.


——That was a really interesting episode.


Nanaco: I thought that he might be hungry and gave him the banana even if I was pissed.


——You were really a good mom.


Hidaka: That was when I was about 20 years old.


Nanaco: Nothing really changed.


Hidaka: I am changing!


Nanaco: Then I saw Jan and Hidaka playing together and I thought they were doing their thing again. But then he asked me seriously about making music together.


Hidaka: Because Mamiko forgot about it. I was very happy when she praised me. She was usually mad at me.


Nanaco: I am glad to hear that.


Hidaka: I made up my mind to work harder the day she praised me.


Nanaco: I am glad that we worked together. We fight a lot but there is love, right?


Hidaka: (laugh)


Nanaco: This album was really made by a lot of wonderful musicians and sound engineers. They have really helped a lot. Especially the studio in NY and the sound engineer Philip Weinrobe. He is a very creative artist. Also Harris Newman helped a lot with mastering as well. He was very spiritual. I sent a message like a poem not technical things, but he understood what I really mean. He makes it sounds like magic. I was really impressed.


Hidaka: That had been very special. I have been living in NY for several years how-ever it was the first time for me that I realize it was like a dream-like place.



NeoL_Nanaco Riki | Photography : Nanaco


──話は前後するけど、Hidakaは最初Janのお母さんとしてNanacoさんと出会ったと思うけど、シンガーとして認識したのはいつごろだったんですか?


Hidaka「下北沢のラウンであった演奏会を観に行ったときですね」


Nanaco「誰がいた?」


Hidaka「長田(進)さんとか。Janも出てたかな。でも、その前にJanから音源を聴かせてもらっていました。昔のレコードとか」


Nanaco「でも、それは過去のソロ作品だけでしょ。その間のコクトー・ツインズのレーベルから出したアルバム(『Luminous love in 23』)とかは聴いてないでしょ」


Hidaka「聴いてない。聴きたい! 初めてマミコがラウンで歌ってるとき『すごい人なんだ!』って思った」


──Hidakaが2年前にレイジと対談したときに歌のアルバムを作るって言ってたのを覚えていて。


Hidaka「それ、今から作るっす。ちょっと時間がかかっちゃってるんですけど」


Nanaco「Hidakaが歌うの?」


Hidaka「歌う、歌う。ボイトレですよ」


──ボイトレするの?(笑)。


Hidaka「嘘です(笑)」


──Hidakaにはボイトレしてほしくないな(笑)。


Nanaco「でも、私、1994年に素晴らしいボイストレーナーに出会って。その人はハリウッドのメソッドで教えていた有名なボイストレーナーなんだけど。その先生がある日、南米のペルーに行ってジャングルの中でシャーマンに会ったらしくて。で、そのシャーマンがしゃべると言葉の対象が光ったんですって。たとえば『りんご』って言ったら、りんごが光る。それに感動して、その先生は今までのメソッドをやめて。人の声を管楽器として捉えて、それは煙突のようなもので、自分自身の内側が汚れているときれいな声がでないから、全部きれいにしてからクライアウトするということを教えてくれたんです。先生に会うとダイレクトコンタクトで何も言わなくても理解できる感じだった。そして、その先生は実はKurt Cobainも教えていて」


──Kurtってボイトレしていたんですね。


Nanaco「むしろKurtは先生の一番の優等生だった。あのボーカルでボイストトレーニングをやっていることが信じられないと思うけど、先生のメソッドからしたらKurtこそが一番素晴らしいの」


──興味深い話ですね。


Nanaco「だから本物のボイストレーニングってそういうものなの。Kurtがああいうふうに歌えたのも、その先生の教えがあってこそというのも今ならはっきりとわかる」


──技巧的なものを超えたところにある本質的なその人の歌を引き出すということなんですかね。


Nanaco「そう。私は先生のレッスンをロサンゼルスで10回受けて。それから即興で歌うことができるようになったんです。(オケを)聴いたらその場でパッと歌えるようになった。フィジカルとマインドをコントロールしながら歌う。マインドコントロールボーカリゼーションっていうんだけど、それを教えられるのはその先生がたぶん最初で最後」


──継承できるものではないと。


Nanaco「そうかもしれない」

——We probably have mentioned this before, so Hidaka first met Nanaco as Jan’s mother, right? When did you start recognizing her as a singer?


Hidaka: I think that was the time when we went to a concert in Shimokitazawa.


Nanaco: Who was there?


Hidaka: Mr. Nagata was there.I guess Jan also came and he let me listened to the old record before that.


Nanaco: But it was all solo work. You hadn’t listened to the whole album ( “Luminous love in 23”) from Cocteau Twins’s Label (Bella Union)during that time.


Hidaka: Yea but I very much love to hear it! I thought that Mamiko was pretty good when I first heard her work.


——Do you remember the time you talked to Reiji about how you wanted to make an album about two years ago?


Hidaka: I am making that right now. It is taking a lot of time.


Nanaco: Do you sing?


Hidaka: Yea I do. I want to do voice training.


Nanaco: For real?


Hidaka: Haha not really.


——Hidaka does not really want to do it.


Nanaco: I met a wonderful voice trainer in 1994. That person was a quite famous voice trainer for the Hollywood method. He met with Sherman in the jungle the time he went to Peru in South America. That Sherman could make things shine when he speaks the name of the subject. Like when he says “Apple”, the apple glows. The teacher was impressed by this episode. He thinks that people’s voice is just like an instrument. It is like a chimney and when the inside of oneself is dirty, it can’t come out with a beautiful voice. So he taught me to cry out to do clean up my voice. I understood it without saying any word. That teacher have also taught Kurt Cobain.


——Kurt is also doing voice training, wow.


Nanaco: Kurt was the best of them all. It was almost impossible. Kurt was really the most wonderful one according to that teacher.


——That was really an interesting story.


Nanaco: That was some real voice training. Kurt can sing like this because of that training directed by the teacher.


——You are saying that the teacher has somehow brought out the essence of a person and that is not only about skills, right?


Nanaco: Yea. I have taken ten classes with the teacher in LA. I became able to sing improvise after that. It is about controlling your mind and physics at the same time. That teacher was the first one and probably the last one who taught me that.


——That is not something that can be inherited.


Nanaco: Probably.


NeoL_Nanaco Riki | Photography : Nanaco


──アルバムの話に戻すと、全曲が呼応し合って連綿と繋がっているようにも聴こえるんですね。


Nanaco「重なり合いながら世界が繋がっていったところはありますね。歌詞に関しては自分でもあまり意識してなかったんだけど、大切なことが最後にわかって。ニューヨークでのレコーディングが終わって、帰国する前日にJesseと遊びに行ったの。そこにアクセサリー屋さんがあって。そこでアンティークのすごく古いアクセサリーを見つけて。古いアクセサリーは宗教的なモチーフのものが多いのね。祈りをするためのものだったり。それは丸いコインのネックレスだったんだけど、そこに“Father”とか“Mother”と書いてあってフォントがすごくきれいだったの。私はそれを写真に撮って、Jesseが買ったんです。Jesseは『お母さんにプレゼントしたい。お母さんは生まれたときからお父さんがいなくて、自分も7歳のときにお父さんが亡くなったんだ』って言ったの。そして、私もこのアルバムのレコーディングの前年にお父さんが亡くなったから3人ともお父さんがいないんだと思って。そうかと思って。このペンダントがアルバムのジャケットになると思ったんです。このアルバムは大切な人が亡くなったことから感じることがたくさんあって、それを繰り返し歌っているような内容になってるなって謎が解けたような気がして。それはまさに『Golden Remedy』だなって。それって私の個人的な世界の話なんだし、Hidakaにはまったく関係のないことだけど、Hidakaが天使のようにやってきて導いてくれたんだと思ってる」


Hidaka「褒めてくれるじゃないですか」


Nanaco「だって最後に褒めないとみんな暗くなっちゃうじゃない(笑)」


Hidaka「光栄です」


──夢見心地ではあるんだけど、ずっと生々しい感触が通底しているレコードだなと思います。此岸と彼岸の間で交信するような感覚があるというか。


Nanaco「夢見心地なんだけど生々しいっていいこと言うね。今日お会いできてよかった」


──言い方が難しいんですけど、最後の「白鳥(Swan)」はNanacoさんが音楽に残しておきたい遺言のようにも聴こえるなと思ったんですね。


Nanaco「そのときはぜひこの曲をかけてください。あれは美しい歌になりましたね。Hidakaの力で残させていただきました」


──Hidakaはどう? このアルバムに込められているものについて。


Hidaka「さっきおっしゃったみたいに、夢見心地で生々しい感じ──そういうものにしたかったし、そうなると思ってました。マミコが言ったようにいろんな人たちの力で発表できることになって、聴いてくれた人の感想を聞くと伝わってる感じがするなって。ほんとによかったです」


──6曲目の「Secret Rose」のサウンドは意外でもあったし、新鮮だった。今のHidakaからこういう音が鳴るんだって。リズムもポップな跳ね方していて。


Hidaka「あれはJohn Caleの『PARIS 1919』というアルバムに”Macbeth”という曲があって。あそこにヒントがあった。その曲はツインドラムが右と左で別のフレーズを鳴らしていて、それがずっと刻まれていくんだけど。それに影響されて、やりたいことが明確にあった」


──ギターソロもすごくいいよね。赤ん坊が楽しくて叫んでるみたいな。


Hidaka「うれしいです。レイジくんのドラムは一発録りだったから、録り音はドタバタしちゃってたんだけど、俺のやりたいことをエンジニアのPhilip(Weinrobe)さんがミックスのときに親身になって理解してくれて曲をよくしてくれました」


Nanaco「それはこの曲だけじゃなくて全曲に言えること。三次元にあるものを五次元的な音楽に変えてくれる感じ。本当にクリエイティブなんですよ。録った音がさらに輝くようにしてくれる」


──エンジニアとのセッションですよね。


Nanaco「そう。このエンジニアじゃなかったらこういう音になってない」


──4曲目の”I Will Marry You”のMVはNanacoさんがディレクションされていて。


Nanaco「ディレクションなんて言えるものではないけど(笑)。いままで自分のMVを作ろうなんて思ってもみなかったけど、今回は作れるような気がしたの。JanのガールフレンドのKaliにお願いして出てもらったんだけど、撮影の当日まで海に行こうか山に行こうか悩んで。でも、やっぱり海だなってなって。それで千葉に行ったんだけど、その途中で側道をふと見たら壁中が薔薇になってる道があったの。『ここで撮りたい!』と思って。一番メインになってるところはJanが好きな場所。編集もJanに教えてもらって、自分でやってみました」


──技法的には一部でNanacoさんの写真家としてのアイデンティティでもある多重露光を用いてますよね。


Nanaco「あれは重ねたらきれいだろうなって思っただけなの」


──また映像を撮ってみたいと思いましたか?


Nanaco「撮ってみたいし、あのMVを観てくれたいろんな人たちに『撮って!』って言われるようになって。もともと私は映画を撮りたくて1990年にニューヨーク大学の映画コースに行ったんだけど。そこで学んだことって一人でできることじゃなくて、プロダクションを学ぶ感じで。そのときにJanのお父さんもパリからニューヨークに遊びに来ていて、映画は完成しなかったけど、Janはメイド・イン・ニューヨーク(笑)」


Hidaka「その話、聞いたことある(笑)」


Nanaco「でも、これからだ! 私、映画を撮りたい」


Hidaka「いいと思う」


──このアルバムを二人で作れことで生まれたものがまたありますね。


Nanaco「そうだよね。愛だよね」


Hidaka「愛ですね」


──NanacoさんはHidakaにどういうミュージシャン、音楽家であってほしいと思いますか?


Nanaco「Hidakaらしく弾いてくれればいいよ。私はギターを弾けないからどうこう言えないけど、インディペンデントなちゃんとしたミュージシャンであってほしい。それ、すごく大事だから。日本だと甘っちょろくやれて天才だなんだって持ち上げられるかもしれないけど、世界中どこに行ってもインディペンデントなミュージシャンであってほしいの。それは自分が作ったレコードがリリースされる最後まで全部自分一人で責任を持つことを学ぶ人のこと。Janなんかはすっごい学んでる。そういうことはこれからすごく大事になる。これからどうやって音楽を伝えていくかは自分たちで考えないといけない」


Hidaka「俺ももちろんそう思う。どう言えばいいのかな? でも──がんばります」


Nanaco「私はね、Hidakaががんばるとしか言えない気持ちもわかる。私が言ったことは私自身も全部はできてないから。もしかしたらJanのほうがよくわかってる。Hidakaにもそういうことをやれるミュージシャンであってほしい。これこそ愛情だと思う。どうでもいいと思ってる人には言わないことだから」


──Hidakaの「でも──」というのはどういうニュアンですか?


Hidaka「う〜ん。自分がどういうふうに音楽を作って、どういうふうに音楽を続けていくか勉強中だから。ギターのことも、ギター以外のことに関しても。天才でも鬼才でもないことは俺が一番よくわかってるから。何が言いたいのか自分でもわからないけど、でも、マミコがこういうふうに言ってくれることはよく考えてる」


Nanaco「私も全然よくできてないけど、そういう意識だけははっきり持っておかないとね。作品をリリースするってすごいことだと思うの。作品を作ることは楽しいしね。だけど、それを伝えることの扉を開くことが大切で。開け放つことを全力でやるとみんなにもたくさん伝わるような気がする」


Hidaka「うん。時間はかかると思うけど、大丈夫です」


──その過程でまた二人でいつか──。


Nanaco「今、それ言うと思った。『いつかまたHidakaとアルバムを作りたいですか?』って訊こうとした?」


──しました。


Nanaco「もちろん。ね、Hidaka」


Hidaka「いつかやろう」


Nanaco「いつかじゃなくてすぐじゃないの?」


Hidaka「俺、すぐは無理だな」


Nanaco「あのね、私はいつまで生きてるかわかんないだから」


Hidaka「そういうこと言う?(笑)」


Nanaco「大丈夫です。またやると思います。今日も朝、新しい歌ができたから」


——Let’s go back to the discussion of your album. The songs are all relating to one another, what do you think about that?


Nanaco: There are places where the worlds are linked while overlapping. I didn’t even realized that the lyrics are related to myself. I knew that at the end. Jesse and I went out the day before I returned to Japan and that was when I just finished recording in NY. We went by an antique accessory shop where we found many religious related accessories. I found a coin necklace that have the font “Father” or “Mother” inscribed. I took a picture of it and Jesse bought it for her mom. Jesse’s mom didn’t have a father when she was born, and Jesse’s father passed away when she was only seven. My dad passed away the year before the album was released. Three of us all have lost our fathers. Most of the songs in this album are all revealing the sense of losing someone that was important. That means “Golden Remedy”. That was really personal. Even though that has nothing to do with Hidaka, he helped and guided me through the process like an angel.


Hidaka: Are you complimenting me?


Nnaco: Gotta do it at the end or it seems to dark lol


Hidaka: I am honored.


——Even though it is a dreamy album, the sense of being touched and moved is felt. It is like exchanging signals across heaven and the real world.


Nanaco: You mean it is dreamy and it is also about being vividly alive. That was well said. It is truly lucky for us to see each other today.

——I don’t know how to put this right, but the last one “Swan” sort of gives out the sense that you are publishing it as if those are your last words.


Nanaco: I wanted to include that song anyhow. That was a really beautiful piece. Hidaka helped me a lot with it.


——What do you think about the album, Hidaka?


Hidaka: Just like what you said, it is dreamy but it is also about being vividly alive. We have been helped by a lot of people and the message is all in the music itself. We want the audience to feel our thoughts. I am really glad that we made it.

——The sixth song “Secret Rose” was quite surprising and fresh. The rhythm is also quite pop. What do you think about it as yourself right now, Hidaka?


Hidaka: There was a song called “Macbeth” in John Cale’s “PARIS 1919”. That was an hint, I guess. The twin drums on the right and the left are ringing in different phrases and I was pretty much influenced by it.So there’s something I really wanted to do.


——Guitar solos are also very impressive. It sounds like a happy voice of a baby screaming.


Hidaka: I am happy with it. The recording of the drums are done with Reiji and we only recorded once so we’re swamped. But when I worked with the sound engineer Philip (Weinrobe) we changed it to make it better. Philip really understood what I wanted.


Nanaco: Not only with this song. He made all the songs feel like as if those three dimensional songs are tuning into five dimensions. It is really creative and the recording was done perfectly.


——That is the session with the sound engineers, right?


Nanaco: Right. Without them it wouldn’t sound like this.


——You were directing to help make the MV for the fourth song “I Will Marry You” right, Nanaco?


Nanaco: I won’t say much about directing myself lol I had never thought about making my own MV but I felt like I could do it this time. I have asked Jan’s girlfriend Kali for help. On the day of the shoot, I couldn’t decide if it’s the sea or the mountain that I should go. We ended up in Chiba because it is close to the sea. I decided that I wanted to shoot there when I saw the roses down by the road. The main scenes are shot in Jan’s favorite place. I also did the editing part myself with Jan’s technical advise.


——Technically it also involved your identity as a photographer when you used malt-iple-exposures.


Nanaco: I just thought that it would look beautiful.


——Do you want to make more videos?


Nanaco: Of course I do. People who have watched the MV all told me to make more videos. I was in the University of New York studying films in 1990. I learned about productions there. Jan’s father also came to visit in New York from Paris. I didn’t finish my film but Jan was made-in-NewYork lol


Hidaka: I have heard about the story lol


Nanaco: I am really expecting my own movie now.


Hidaka: That’s great.

——That’s what you have realized while collaborating with each other.


Nanaco: That is love, right?


Hidaka: It is love indeed.

——What kind of musician do you want Hidaka to be, Nanaco?


Nanaco: I hope that you always play like yourself. I can’t say much about it since I don’t play guitar. But I want you to be an independent an proper musician. It is the most important thing. Don’t be spoiled in Japan when people call you talented. I wish that you can be an independent musician in the world. Jan is leaning many things as an independent musician. To take your own responsibilities and always think about how to send your music to audience.


Hidaka: That is also what I have been thinking about. I don’t know what to say. I will do my best.


Nanaco: I understand how it feels to say these things as to tell him to work hard. I myself can’t really do it well. Probably Jan will feel more relatable. This is love between us. I don’t say this to people that I don’t care.


——What do you mean when you say that you don’t know what to say, Hidaka?


Hidaka: Well. I am learning to everything about music and myself and I wanna continue to study. Not just guitar but everything else. It has nothing to do about how people call me, whether they think of me as talented or not. I know I’m not a genius but I will be constantly thinking about what Mamiko has said.


Nanaco: I myself can’t really accomplish all of that. But it is good to always be conscious of it. It is great to have released our work. It was a lot of fun making music. But, It is important thing to be open up. I want to send our music to people.

Hidaka: Right. That is going to take some time. I am okay with it.


——We are expecting the collaboration between you two, maybe in the future.


Nanaco: I knew you would say that. Did you just asked me that if I want to make another album with Hidaka again?


——Yes. I have just asked you that.


Nanaco: Of course. Right, Hidaka?


Hidaka: Let’s do it, may be someday.


Nanaco: Not may be someday.


Hidaka: I can’ really do it now, though.


Nanaco: Seriously. I don’t know how long I am going to live.


Hidaka: That’s what you are saying?


Nanaco: It’s fine. We will make it. I just got an idea of a new song this morning.



photography Nanaco
text Shoichi Miyake
edit Ryoko Kuwahara


NeoL_Nanaco Riki | Photography : Nanaco
Nanaco+Riki Hidaka
『Golden Remedy』
Now On Sale
http://p-vine.jp/music/pcd-25259
<トラックリスト>
1. Old Lady Lake
2. 王女の愛 (Love of Princess)
3. Frankincense Myrrh Gold
4. I Will Marry You
5. 美しい旅人 (Beautiful Traveller)
6. Secret Rose
7. 未来の砂漠でギターを弾く君と私 (The Desert)
8. 魔法使い (Wizard)
9. 白鳥 (Swan)


<参加ミュージシャン>
オカモトレイジ (OKAMOTO’S):dr
野宮真貴:cho
ジェシー・パリス・スミス:keys, cho
Babi:cho
佐藤優介 (カメラ=万年筆):p
佐藤望 (カメラ=万年筆):chorus arrangement
ほか


岡村靖幸、佐野元春、鈴木慶一など、超豪華アーティストからのコメントはこちらをチェック
http://p-vine.jp/news/20180620-170000



Nanaco (佐藤奈々子) + Riki Hidaka、10月に東京・名古屋・広島での『Golden Remedy』ツアーが開催決定!スペシャルゲストとして長田進、Jesse Paris Smith、Rebecca Foonが参加。



2018年6月20日にNanaco + Riki Hidaka名義によるアルバム『Golden Remedy』をリリースしたシンガーソングライター佐藤奈々子とギタリストRiki Hidaka(日高理樹)が、10月に東京・名古屋・広島でのリリース記念ツアーを開催することが決定!
佐藤奈々子、日高理樹、外川良 (wagot) のトリオを基本編成に、スペシャル・ゲストとしてギタリストの長田進、さらにニューヨークからアルバムにも参加したPatti Smithの実娘=Jesse Paris SmithとチェロのRebecca Foonを迎えた豪華ラインナップで行われるこのライブ。『Golden Remedy』の美しく夢幻的な世界がどのような形で表現されるのか必見だ。


“Golden Remedy” tour
出演:佐藤奈々子 (Vo.) / 日高理樹 (Gu.) / 外川良 (Gu.)
special guest:長田進(Gu.) / Jesse Paris Smith(Key.) / Rebecca Foon(Vc.)


<東京公演>
2018年10月14日(日)
原宿Galaxy – Gingakei
開場18:00 / 開演19:00
前売¥3,800(税込 / ドリンク代別 @¥700)


チケット発売日:2018年 8月25日(土)
e+(イープラス):http://eplus.jp/
メール予約:http://www.thegalaxy.jp/contact/  watanabe@thegalaxy.jp
主催:Golden Remedy
問合せ:原宿Galaxy – Gingakei (03-6427-2099)


<名古屋公演>
2018年10月15日(月)
名古屋クラブクアトロ
開場18:00 / 開演19:00
前売¥4,800 (税込・整理番号付/椅子自由席/ドリンク代別@¥600)


チケット発売日:2018年 8月25日(土)
ローソンチケット:0570-084-006(Lコード:41553) http://l-tike.com/
チケットぴあ:0570-02-9999 (Pコード:125-567) http://pia.jp/t/
e+(イープラス):http://eplus.jp/
※QUATTRO WEB先行(先着): 8/10(金)12:00~8/19(日)18:00 http://www.club-quattro.com/
※ぴあ:プリセール(先着): 8/11(土)12:00~8/19(日)18:00  http://t.pia.jp/
※ローソン:プレリクエスト(先着): 8/11(土)12:00~8/19(日)18:00  http://l-tike.com/
主催:STEREO RECORDS
協力:パルコ
問合せ:名古屋クラブクアトロ (052-264-8211)


<広島公演>
2018年10月16日(火)
広島クラブクアトロ
開場18:00 / 開演19:00
前売¥4,800 (税込・整理番号付/椅子自由席/ドリンク代別@¥600)


チケット発売日:2018年 8月25日(土)
ローソンチケット:0570-084-006(Lコード:61440) http://l-tike.com/
チケットぴあ:0570-02-9999 (Pコード:126-041) http://pia.jp/t/
e+(イープラス):http://eplus.jp/
エディオン広島本店プレイガイド
タワーレコード広島店
STEREO RECORDS
※QUATTRO WEB先行(先着): 8/10(金)12:00~8/19(日)18:00 http://www.club-quattro.com/
※ぴあ:プリセール(先着): 8/11(土)12:00~8/19(日)18:00  http://t.pia.jp/
※ローソン:プレリクエスト(先着): 8/11(土)12:00~8/19(日)18:00  http://l-tike.com/
主催:STEREO RECORDS
協力:YUMEBANCHI/パルコ
問合せ:広島クラブクアトロ (082-542-2280)


佐藤奈々子 (Nanaco)
歌手・写真家
1977年 佐野元春氏との共作アルバム『ファニー・ウォーキン』でデビュー。
4枚のソロアルバム他をリリース。
1980年以降、カメラマンとなり、広告、雑誌などで活躍し、5年間パリで暮らす。
1996年 アルバム『Love is a drug』をイギリス、アメリカ、日本でリリース。タイトル曲のシングルは、日本人アーティストではじめて、NMEの”single of the week” に選ばれる。
1998年 イギリスBella Unionより、Simon Raymondeプロデュースによるアルバム『Luminous love in 23』をリリース。
2000年 R.E.Mを手がけたMark Binghamのプロデュースにより『sisters on the riverbed』をリリース。
2013年 カメラ=万年筆とのコラボレーション・アルバム『old angel』(diskunion)リリース
2016年 前田司郎監督の映画「ふきげんな過去」の主題歌を歌唱+作詞。
近年はライブ活動も行なうようになり、さまざまなミュージシャンとのセッションやライブツアーも行なっている。
写真家としては、広告、雑誌、またCoccoや細野晴臣といったミュージシャンのCDジャケットなどの撮影を多数手がけている。
ピチカート・ファイヴに楽曲提供した「Twiggy Twiggy」は世界的なヒットとなった。


Riki Hidaka
1991年LA出身。東京育ち。2014年よりNY在住。ギター奏者。
『NU GAZER』(‘11)、『POETRACKS』(2011)、『LUCKY PURPLE MYSTERY CIRCLE』(2017)など、自主制作による限定リリースを含む多数のソロ作品をリリースするほか、QN、THE OTOGIBANASHI’S、GIVVNなどの作品にギタリストとして参加。また、アートワークやフィルム制作、ショーの音楽など、様々な分野で活動している。ライヴも精力的に行い、2017~18年に行われたジム・オルーク、石橋英子との二度に亘るスリーマン・ツアーは話題を呼んだ。

RELATED

LATEST

Load more

TOPICS