Interview with Let’s Eat Grandma about “I’m All Ears”neol.jp | neol.jp

NeoL

開く
text by Takahisa Matsunaga
photo by Takayuki Okada

Interview with Let’s Eat Grandma about “I’m All Ears”

NeoL_LEG3| Photography : Takayuki Okada


2016年にリリースしたデビュー・アルバム『アイ、ジェミニ』では、独創的なファンタジックな世界を構築し、音楽メディアを中心に大きな話題をさらった英国出身のデュオ、レッツ・イート・グランマ。今年7月には、最新作『アイム・オール・イヤーズ』を携えて、フジロックフェスティバルで初来日パフォーマンスを敢行。独創性を持ちながらも、エネルギーに溢れたステージに、その後のSNSなどでは大絶賛の嵐を巻き起こした彼女たち。そのライヴ直後に語った、音楽への思いとは?

──フジロックのステージはいかがでしたか?日本での初ライヴにもなったわけですけど。

ロサ「とても素晴らしい体験ができたわ。みなさん、私たちの音に対してリスペクトを払ってくれている雰囲気が伝わってきた。また、すぐにでも戻ってきてプレイしたいくらいよ!」

──そのステージでも多く披露していましたが、最新アルバム『アイム・オール・イヤーズ』は、アップリフトな楽曲のヴォリュームが増えている気がしました。そうなったのは、これまでのライヴの経験が反映されていますか?

ジェニー「確かに。オーディエンスと一体感を味わうために、テンションの高い楽曲というか。ダンサブルなものを制作したわ。今回のパフォーマンスにおいても、そういう楽曲を多くセレクトしたの」

ロサ「でもアルバム自体、冒頭は明るくてダンサブルなんだけど、徐々にミステリアスでダークな世界へと色を変えていくの。今回のフジロックのステージではダークさをおさえて、若くてエネルギー溢れる私たちを感じて欲しかったのよね」


——Is it your first time in Japan? What do you think of the audience in Fujirock?


Rosa : Yes,It is our first time in Japan! We just arrived yesterday. The audience is so good! Very respectful!


——You played some new tracks form your new album came out in this year. I think those songs are like facing the audience and live show oriented.


Jenny : We are pretty enjoying play more dancing songs and trying to get the audience more involved and so there are songs that are quite high-energy and upbeat.


——The audience was so excited. We get the impression that the previous album was very deep. Would you please tell me what is the difference in the way of making the album?


Rosa : I think our new album is a lot brighter in the beginning.But it getting more dark and profound as it draw to the end. We have spent a lot of time at the festivals over the summer. We sort of want to capture that youthful energy.


NeoL_LEG5| Photography : Takayuki Okada


──アルバムはプロデューサーに、ザ・エックス・エックスなどを手がけるデヴィッド・レンチ、チャーリーXCXやマドンナなどを手がけているソフィーを起用しました。


ジェニー「二人とも個性と才能に溢れるクリエイターであることに、間違いないわ。私は特にデヴィッドの音の厚みのかけ方というか。何層も音を重ねていく緻密な仕事ぶりには、とてもインスパイアを受けた」


ロサ「ソフィーの作るトラックは以前から大好きで聴いていたの。だから、今回共演できて嬉しかったわ。私たちってポップ・ミュージックも大好きで聴くから、そういう部分を引き出してくれた感じね」


──ちなみに、二人はどんなポップ・ミュージックを聴くのですか?


ロサ「イヤーズ&イヤーズやザ・1975とか。日本のモンド・グロッソも好きよ」


──どういうきっかけで、モンド・グロッソを?


ロサ「動画をいろいろ探しているうちに、心に引っかかるものがあって。満島ひかりさんがヴォーカルをやっている“ラビリンス”の世界観とか、素晴らしいなって思ってチェックしていたの」


──彼らは去年のフジロックに出演して、大きな話題をさらいました。


ロサ「そうなんだ。同じフェスに出演することができて光栄だわ」


——So you are collaborating with a producer David Wench and Sophie now. What was the most fun thing you have done with them?


Jenny : I think that we had learned a lot from working with Sophie and David, because they both have different approaches to production. So we have learned a lot about how to write pop-structured songs with Sophie and production skills with David.


——Their style also has a very strong pop sensibility, what gives you the inspirations?


Rosa : Mostly we are have always been pop music fan. We are always fans of Sophie’‘s tracks before even collaborating. And we just want to try to make pop music ourselves this time.


——What kind of recent pop music do you like?


Rosa : Years & Years is amazing. Janelle Monae.The 1975 and we love Mondo Grosso.


——How did you get to know Mondo Grosso?


Rosa :I think we found “Labyrinth” online. The producer also did another project.Right? I love that, too. That music video in which the singer was in the city is amazing. The song was so good. We are really inspired by it.


——Mondo Grosso played here last year.


Rosa : It’s amazing!



NeoL_LEG4| Photography : Takayuki Okada


NeoL_LEG1| Photography : Takayuki Okada



──さて。アルバムの話に戻りますが。全体的にストーリー性を感じました。どんなテーマを持って制作したのでしょう?


ロサ「自分たちの人生そのものを表現したって感じかな。このアルバムの制作期間、時にはハイになることもあれば、救いようのないくらい落ち込む機会もあった。いろんなことを経験してきたの。それによって、人生について学べたというか。知らなかったことも、知られるようになったわ。そんな成長の過程をアルバムとして閉じ込めたの。だから、ポップな曲もあればダークなものもある」


ジェニー「人間って二面性を持っていると思うの。それをありのまま表現することが、リアルな音楽だと思うから」


ロサ「また、どんなに落ち込んだ瞬間でも、それを忘れてしまうくらい陶酔できる音楽を、ここに表現したかった部分もあるわ」


──でも、あんまり失恋ソングみたいなものはないですよね?


ジェニー「恋愛だけが、気分の浮き沈みを左右するものじゃないから」


ロサ「人生において恋愛って、ほんの些細な部分のような気がする。俯瞰で見たら、家族や友人とか、大切な存在ってたくさんあるしね」

——I get impression this album has a storyline or specific landscape. It has a lot of different sounds and start is bright but getting dark.


Rosa : I think all of our music is just representing our lives. Over the last couple of years we have had our highs and lows so I guess it is kind of like the narrative of just being us.


——Sounds is very bright and pop when you can relax, but it became dark when you felt frustration. That contrast is very intriguing.


Jenny : I like that contrast. It is more realistic for us.


Rosa : I think sometimes instead of being sad about things and just stay inside, we would rather put the sad lyrics to an upbeat song and dance to it.


——There are a lot of pop songs about breakups and sad love stories. But your new album is not really much about relationship.


Jenny : I think we are writing songs not just about ourselves, some of songs write about that.


Rosa : I want to write our whole life. It is also about friends and other people as well. t is not just about relationship. It is also life lol



NeoL_LEG2|| Photography : Takayuki Okada

──あと、アルバム終盤には10分以上に及ぶ、プログレ・ロックみたいな楽曲も収録されていますね。


ロサ「(笑)。そういうつもりはなかったんだけどね。ループするビートを演奏するうちに、物語(演奏)が進行していって歯止めが効かなくなって、気づいたら10分超えていたの」


──でもこの楽曲を聴いていたら、さまざまなことを経験して、新たなフェーズに踏み出していこうとする二人の姿が見えてきました。


ジェニー「実は私たち自身も同じことを考えていたの。このアルバムを作ったことで、次のフェーズへと向かえそうだってね。何か新しいことができる手応えを感じているわ。ただ具体的に何か、って聞かれても今は何も答えられないんだけどね(苦笑)」


ロサ「将来への選択肢はたくさん残しておきたいタイプなの。だって、何が起こるかわからない人生の方が、楽しいじゃない?」


──お二人とも13歳の頃から活動をスタートさせて、多感なティーンエイジを音楽に捧げてきた訳ですが、それがいやになったり、つまらなく感じたことはないのですか?


ジェニー「全くないわ。それこそ10代でいろんなことにトライしてきたけど、唯一飽きることがなかったのは音楽だったから」


ロサ「私たちは、音楽とともにこれからの人生を過ごすことだけは、はっきりと見えているのよ」


──11月にはチャーチズのヨーロッパ・ツアーに同行されます。彼らは、女性の立場などの多様性について明確なメッセージを発信しています。お二人も、そういうメッセージ性を感じる楽曲がありますが、今後はそういう社会的なメッセージを伝えていくつもりは?


ロサ「確かに、女性などにかかわらず、自分の立場をはっきりと言える状況が“普通”になっているのは、とても素晴らしいことじゃないかって思う。でも、特にそこを意識して伝えたいとは今は思っていないかな」


——The last track of the album is a twelve-minutes long song which is quite impressive. How was the process like? How did you get inspiration?


Rosa : We have a couple of long songs in this album. When we write, we didn’t use computers so we were just jamming with loops. And so we didn’t realize they were so long till we timed it. We wrote it pretty early and we knew that we were gonna finish the album with it. It’s got that kind of energy.


——Your experience in this album is definitely be a benefit for you future development. What do you have in mind for your next phase?


Jenny : I think we are excited about what’s coming next because we can go to so many different directions now. I think we have definitely found a new phase as you said. We have got a lot of big changes in our lives right now and let’s see how it goes.


Rosa : We are embracing changes. Like traveling to all these places, like Japan lol


——Since both of you have started by 13 and thats quite young, do you ever feel like you are sick of music?


Jenny : No. That’s not happening.


Rosa : We always keep music as our own thing. It is something that still belongs to us.


——You are set to support CHVRCHES on November. CHVRCHES often talks about gender. Did you get any inspiration from them?


Rosa : It’s a very big movent about gender or woman right. When we play first time, the situation was harder than now.It’s 6 years ago. I feel like things getting better.





photography Takayuki Okada
text Takahisa Matsunaga
edit Ryoko Kuwahara


Let's Eat Grandma/I'm All Ears(jake-sha)
Let’s Eat Grandma
『I’m All Ears』
(Transgressive / Hostess)
Now On Sale
※初回仕様限定:ボーナストラック・ダウンロードコード付ステッカー封入(フォーマット:mp3 / 発売日から1年間有効)。歌詞対訳、ライナーノーツ付


1. Whitewater
2. Hot Pink
3. It’s Not Just Me
4. Falling Into Me
5. Snakes & Ladders
6. Missed Call (1)
7. I Will Be Waiting
8. The Cat’s Pyjamas
9. Cool & Collected
10. Ava
11. Donnie Darko


日本盤ダウンロードボーナストラック
1. Soundtrack to Dark Continent SEMIRAMIS : Overflow (Instrumental)
2. Soundtrack to Dark Continent SEMIRAMIS : Glittering (Instrumental)
3. Soundtrack to Dark Continent SEMIRAMIS : Salt Lakes (Instrumental)


※アルバム絶賛配信中!
リンク:https://smarturl.it/xg4mym



Let’s Eat Grandma
イギリス出身のロサ(Rosa Walton)とジェニー(Jenny Hollingworth)からなるポップ・デュオ。2013年に結成。BBC Radio 1などで演奏し、NMEをはじめとする有名音楽媒体に取り上げられてじわじわと話題に。2016年6月にデビュー・アルバム『アイ、ジェミニ』をリリース。2018年7月、待望のセカンド・アルバム『アイム・オール・イヤーズ』をリリース。アルバム発売直後にはフジロックフェスティバル出演のため初来日を果たした。
http://hostess.co.jp/artists/letseatgrandma/

RELATED

LATEST

Load more

TOPICS