NeoL

開く

あなたの走りが東北の被災地の〈桜の木〉になる!「名古屋ウィメンズマラソン2014」ウイークに、ナイキが「BLOOM TOGETHER」を開催中。

top

2012年の第1回大会からナイキがシルバースポンサーを務める「名古屋ウィメンズマラソン」。現在ナイキでは、2014年3月9日(日)に開催される第3回大会に合わせて、3月1日(土)~3月9日(日)の期間に、Nike+ Running(※1)を活用して走ったランナーの合計距離に合わせて桜の木を植樹する「BLOOM TOGETHER」を開催中。

全参加ランナーによる走行距離の合計100kmにつき、桜の苗木1本を「SAKURA+ PROJECT in 福島」として、特定非営利活動法人「ハッピーロードネット」が運営するふくしま浜街道・桜プロジェクトという植樹プロジェクトを通じて、被災地に寄付し、植樹・生育をサポート。(※最大200本まで植樹)
なお本キャンペーンは3月1日(土)より、Nike+ Runningのアカウントを取得し、モバイルサイト「BLOOM TOGETHER」へ登録することで、どなたでもエントリーができるとのこと。全ランナーが走った合計距離は、3月7日(金)~9日(日)に開催されるイベント「名古屋ウィメンズマラソン2014 EXPO」内のNIKEブースで表示されるほか、「BLOOM TOGETHER」のサイト内でも閲覧が可能。
また参加ランナーはサイトを通じて、自身の走行結果をFacebookやTwitterなどのソーシャルメディアへ公開し、キャンペーンの共有・告知をすることもできるそう。
1本でも多くの桜の苗木を植樹できるよう、ぜひあなたもこの「BLOOM TOGETHER」に参加してみてはいかが?「数年後、東北の街に美しい桜並木ができて、東北の女性たちがその下を走り抜けていく姿を想像する」――ナイキが理想に掲げるこのビジョンを共有しながら走れば、日々のランにも活力が生まれるはず。

被災地を元気づけるナイキの社会活動から、今後も目が離せない。

※1 Nike+ Runningとは
Nike+ SportWatch GPSやiPhoneなどを使い、ランニングデータ(ペース、距離、消費カロリー)をリアルタイムでモニターすることができるプロダクト&サービス。ランニング後には、nikeplus.com 上でデータを蓄積、管理することができ、ランニングで蓄積した自身のデータをFacebookやTwitterで友達とシェアし合うことで、ランニングへのモチベーションをさらに高めることができる。自身のレベルや目標別にトレーニングプログラムを組むことも可能なので、まさにNike+ Runningが自分だけのトレーニングコーチに! さらにランナーは、「 nikeplus.com 」を通じて、身近な人だけでなく世界中のランナーとつながりながら、ランニングを楽しむことができる。

RELATED

LATEST

Load more

TOPICS