TOY『Clear Shot』Interviewneol.jp | neol.jp

NeoL

開く
text by Junnosuke Amai
photo edit by Ryoko Kuwahara
photo by Kentaro Takahashi

TOY『Clear Shot』Interview

20160930 Toy BW-3


ロンドンの5人組、トーイの最新作『クリア・ショット』は、ミステリー・ジェッツの『カーヴ・オブ・ジ・アース』と並んで、今年イギリスでリリースされた屈指のサイケデリック・ロック・アルバムの一枚。もっとも、以下にトム・ドゥーガル(Vo/G)が語ってくれたように、「サイケデリック」という言葉だけでは捉えきれないスケールと多様な音楽性こそが『クリア・ショット』の醍醐味、であることは言うまでもない。ポスト・パンク、シューゲイザー、ゴシック、クラウト・ロック……などが全編を通じて複雑に交差し、いわく形容しがたい輝きをその音楽は放っている。バット・フォー・ラッシーズとのコラボ・プロジェクト、セックスウィッチも話題を集めたかれらの、最新メール・インタヴューをお届けする。


―最新作『クリア・ショット』は3年ぶりのアルバムになります。トーイの音楽世界がさらに奥深くまで押し広げられた作品、という印象を受けましたが、当人としての手ごたえはいかがでしょうか?

TOY「新しいアルバムを出せたことと、サウンドの仕上がりにはとても満足しているよ。感想を伝えてくれてありがとう。前のアルバムを出してからいろいろなことが起きたし、僕らも音楽や他の芸術の分野においていろいろな手段を試してみたんだ。それらのことが何らかの形で僕らの世界に滲み出してきて、それがこのアルバムに反映されているように感じるよ」
We’re very pleased with how it sounds and to have a new album out. Thank you for your observation. Since the previous album a lot has happened and we’ve explored a lot of different avenues in music and other art forms. I feel these have seeped into our world somehow and are reflected on the album.


―ベクトルやディテールは異なりますが、ミステリー・ジェッツのアルバム『カーヴ・オブ・ジ・アース』と並んで、今年イギリスでリリースされたサイケデリック・ロック・アルバムを代表する作品、という印象を受けました。この意見についてはいかがでしょう? 

TOY「ミステリー・ジェッツのアルバムをレコーディングしたのは僕らの古くからの友達だし、僕らも彼らがあのアルバムのレコーディングをしたのと同じスタジオを使ったんだ。実験的なことをするのにいい空間だよ。彼らのアルバムは聴いていないけど、いいアルバムらしいね。僕らはこのアルバムが特にサイケデリックだとは思っていないんだ。最近じゃサイケデリックって言葉は何に対しても使われているよ。僕はこのアルバムは特定のジャンルに括ることが難しいと思う」
The person who recorded the Mystery Jets album is a very old friend of ours and we have recorded in the studio they did that album in. It’s a great space for experimentation. I haven’t heard their record but I have heard it is good. We don’t really feel like this record is particularly psychedelic. The term psychedelic is used to describe everything these days. I think this record is difficult to assign to a specific genre.

1 2 3

RELATED

LATEST

Load more

TOPICS