『ポリーナ、私を踊る』アナスタシア・シェフツォワ インタビューneol.jp | neol.jp

NeoL

開く

『ポリーナ、私を踊る』アナスタシア・シェフツォワ インタビュー

ÉÅÉCÉìs


フランス漫画界期待の新星バスティアン・ヴィヴェスのグラフィックノベル『ポリーナ』。BD書店賞やACBD批評グランプリに輝いたこの人気作が映画『ポリーナ、私を踊る』と して、いよいよ幕を開ける。一人の天才バレエ少女が、成長していく姿を描いた物語では、バレエをはじめとした様々なダンスの美しさに触れることができる。監督は幅広いジャンルの作品を手掛けているヴァレリー・ミュラーと、バレエダンサーでありコンテンポラリー・ダンスの振付家としても世界的に活躍するアンジュラン・ プレルジョカージュが共同で担当。ふたりの目にとまり、ヒロインに抜擢された現役バレリーナであるアナスタシアのインタビューをお届けする。


——原作のグラフィック・ノベルのことは、この映画以前に知っていましたか。


アナスタシア「ええ、すでに読んでいたわ。とても好きな本よ。ダンスに関するディテールがすごく正しかったから、ずっと著者はプロのダンサーだと思っていたの。でも違った(笑)。とにかくポーズとかディテールが正確だし、ストーリーも大好き」


——オーディションは長いプロセスだったそうですが、どんな経緯でこの役をやることになったのですか。


アナスタシア「最初ロシアのキャスティング・ディレクターから連絡もらってサンクトペテルブルクのオーディションに呼ばれた。でもあとで知ったのは、アンジュラン(・プレルジョカージュ)とヴァレリー(・ミュラー)の娘さんがわたしのことをフェイスブックで発見したのがきっかけだったそうよ。で、とにかくオーディションに行ったんだけど、そのときは多くのプリマ・バレリーナが来ていて、わたしはとてもナーバスになった(笑)。そのあと、2回パリでオーディションを受けたの。原作のコミックが大好きだったから、この役はすごくやりたかった」


——自分と役柄のシチュエーションが似ていることも魅力でしたか。


アナスタシア「そうね。ヒロインもロシア人でクラシック・バレエを学んでいたから、わたしの人生とすごく似ている。そしてこの映画の経験によって、わたしもコンテンポラリー・ダンスの面白さを発見して、いまはコンテンポラリー・ダンスの方が好き。将来はコレオグラファーになりたい」


——まさにポリーナのようですね。では彼女の生き方に共感しましたか。


アナスタシア「もちろん」


ーーあなたはコンテンポラリー・ダンスとクラシックの違いをどう思いますか。ポリーナが感じるように、クラシックはやはり感情面での制約が多いと思いますか。


アナスタシア「そう思うわ。もちろんクラシックも好きだけど、あまり自由がない。ポーズが決まっていて、約束事が多い。それにクラシックはストーリーがとても古典的なところが好きになれないの。おとぎ話で、プリンセスがいて、という(笑)。でもコンテンポラリーはいまの時代のもの、現代のことでしょう。自由に自分自身を表現できる。それにクラシックの場合は気をつけなくてはならないことがたくさんある。ポーズを完璧にできるかとか、ちゃんと足を高く上げられるかとか。だから自分の感情をダンスに入れられない」


——では今回の経験、とくにコレオグラフィーとして有名でもあるアンジュランとの仕事はあなたに何をもたらしましたか。


アナスタシア「言葉にできないような大きな経験を与えてくれたわ。もちろん撮影前にすでにアンジュランのキャリアのことは知っていた。6、7年前、アカデミーにいた時代、彼について学んだことがあるの。だから一緒に仕事ができることは夢のようだった。彼と仕事をして、彼のコレオグラフィーを学べることは。わたしはクラシックの経験ばかりでモダンの経験がなかったから、ダンサーとしても素晴らしい経験になったわ。それにわたしにとってこの映画は、初の俳優としての仕事だった。だからこれまで経験したことがないような恐れも感じた。でもこの映画を撮り終えたいまは、これからも女優の仕事を続けたいと思う。とても素晴らしい経験だったから。本当にこの仕事が大好き。素晴らしい人々に出会えて、思いきり表現ができる」


——この映画のあなたは本当に素晴らしかったと思いますよ。女優としてぜったいに続けられると思います。


アナスタシア「ありがとう!」


ÉTÉuÉTÉuá@s


ÉTÉuáCs

1 2

RELATED

LATEST

Load more

TOPICS