NY Issue: Interview with Irwin Tobias Matutina(POLANSKI)neol.jp | neol.jp

NeoL

開く
text by Ryoko Kuwahara

NY Issue: Interview with Irwin Tobias Matutina(POLANSKI)

polanski-01


2010年にスタートした「POLANSKI」は、アート、ファッション、デザインなどを一貫した秀逸なセンスでまとめあげた、洗練と刺激をまとったインディペンデント・マガジンだ。自身で企画からデザイン、編集までを手がける創始者のIrwinがどのような哲学に基づいて制作に当たっているのか。制作のプロセスや企画の生み出し方、デジタル社会における紙媒体の意義などを聞いた。


ーーまずはPolanskiがとても素晴らしくて、元々雑誌編集者だった自分から見て理想のマガジンだと言わせてください。このMagazineを立ち上げたのはどういうきっかけですか?


Irwin「ありがとう!この雑誌は、果たして自分がマガジンを作ることが出来るのかを試していく過程で出来上がったものなんだ。ブログとしてスタートして、そこからフォロワーが増えていき、出版を決めた。本格的に始まったのは、2010年の夏だね。雑誌名は当時はちょっとしたジョークだったんだ。言葉と見た目で遊んでみたんだよ」


ーーこのような素晴らしい内容を作っているあなた自身のバックグラウンドについても興味があります。


Irwin「僕の名前は、Irwin Tobias Matutina。NYを拠点にしたインディ雑誌、Polanskiの創始者。大学で絵画とデッサンを学んだんだけど、僕は同時にデザイン、フィルム、フォトグラフィーといったクリエイティブな表現方法にも興味があった。僕にとって、それは全て同じものなんだ。何かを作ることに変わりはないし、それが第一。表現手段はその次に来るものだからね。今のところ、ブルックリンにある自分の家のリビングが僕のスタジオだよ」

ーーファッション、フォトグラフィー、グラフィックが中心になっているように思いますが、Magazineのコンセプトは?


Irwin「この雑誌のアプローチは、一つには定まっていないと思う。最初の号が出版されたとき、店で売るのがすごく大変だったのを覚えているよ。バイヤーの殆どが何の雑誌がわからなかったんだ。これはエロティカなのか?ファッションなのか?アートなのか?もしくはデザインなのか?ポルノなのか?運良く雑誌を見た何人かの人々が作品そのものを気に入ってくれたから良かったけどね」

ーー役割としては企画、編集、ディレクション、レイアウトすべてですか?


Irwin「そうだよ。僕がほどんど全てを担当している。写真家を見つけ、彼らにテーマを伝え、編集し、デザインし、全てのレイアウトを監修しているんだ」

ーーすごい!あなたを含めたスタッフがどのようにしてこの素晴らしい雑誌を作っているかチームのフォーメーション/それぞれの役割を教えてください。


Irwin「この雑誌に関しては、チームというものは存在していない。僕の妻が最初の数号では手伝ってくれていたけど、その後息子が生まれたんだ。だから、それからは全てを自分でやった。最初は、多分スタッフを起用した”本格的な雑誌”を頭に入れて作業していたと思う。でも、数年それをやっていくうちに、スタッフがいなくたって本格的な雑誌として成り立っていることに気づいたんだ」


polanski-02


ーーでは1冊を作るプロセスを教えてください。


Irwin「どの号も、テーマと共にスタートする。それから、そのテーマに基づいた素晴らしい作品を提供してくれるのは誰かを考えるんだ」



ーー思いつきを企画にするプロセス、企画を形にするプロセスは?


Irwin「僕の決断のほとんどはフィーリングや直感に基づいている。もしアイデアを思いついたら、大抵の場合は、それをしばらく寝かせるんだ。そしてまたそのアイデアに戻った時点でも何か新しいものを感じれば、それを実行することにしてる」

ーーなるほど。紙の媒体を作る意義についてはどう考えていますか。


Irwin「自分自身を含め、今我々は常にスクリーンを見つめる社会に生きている。そんな中で、時に何か形のある、触れることの出来るものを手にするのはいいものだよね」


ーーNYで紙の媒体を作って継続するのは難しい?NYにおけるMagazineの状況を聞かせてください。


Irwin「NYで印刷出版物を製作することは大変かもしれない。なぜなら、コストがかかるから。でも、そんな中でもより多くの雑誌が出てきている。それは素晴らしいことだと思うね。多分、若いクリエーターたちが、本や雑誌を彼らの作品をリリースする良い手段だと感じているんだと思うんだ。紙の方が、媒体として大衆的だしね」



ーーNYのアーティストをメインに仕事をすることが多いですか?


Irwin「場所ではなく、彼らの作品の内容で仕事をするアーティストは決めるようにしているよ」

ーー一緒に仕事をするアーティストの基準は?


Irwin「作品が刺激的であることが何よりも大切だと思うんだ。自分がそれを刺激的だと思わなければ、それを見る他の人々もそれを感じるわけがないだろ?」

ーーデザイン/レイアウトで一番気をつけていることを聞かせてください。


Irwin「シンプルさ、ユーモア、そして偶然」



ーー編集で一番気をつけていることは?


Irwin「毎ページから何かを感じられなければいけない。歩調合わせやネガティヴスペースも必要だね」

ーーアートと雑誌の関係/ファッションと雑誌の関係をそれぞれ自分の視点で教えてくください。


「僕にとっては、その全てが同じ。そして、全てが繋がっていると思う」

ーー読者にどのような体験を与えたいですか。


Irwin「インスピレーションを得て、楽しさを感じてほしい」



ーーグッズも作っていますが、今後作ってみたいグッズは?


Irwin「それは今の時点ではまだ言えないんだ。これからもっとアート作品を作りたいと思っているし、一度限りの限定品も作りたいと思っているよ」


polanski-03

ーーNYの好きなところは?


Irwin「食、労働論理、自発的なところ」



ーーあなたにとって”雑誌”とは?


Irwin「雑誌は何にでもなれる。時間をかけてアイデアを表現していくためのプラットホームだね」


ーーPolanskiをプラットフォームだと捉えているとしたら今後どのような展開を考えていますか。


Irwin「Polanskiはクリエイティヴなプラットホームで、僕自身と僕をインスパイアしてくれる人々が、自分たちのアイデアを自由に表現出来る場所だね」


ーーどのような人々が主にあなたの雑誌を購入していますか?人々はどのようにしてあなたの作品を見つけるのでしょう?


Irwin「誰が僕の雑誌を買っているのかは全くわからない。僕の予想は、若いクリエイティヴな人たちかな。あと、変態もいると思う」

ーー(笑)。どのような雑誌、メディアを毎日チェックしていますか?


Irwin「雑誌は毎日はチェックしないんだ。でも、ソーシャルメディアは奴隷のように見てしまうよね。と思わない?」

ーー確かに。じゃあ、あなたにとってインターネットとは?


Irwin「インターネットには恐怖を感じているよ。特に、個人からどれだけのデータが収集されているかという面で」

ーー普段、情報はどこから得ていますか?


Irwin「ほとんどDIscogs、Soundcloud、それかYoutubeだね。時間とお金がある時は、未だに店でレコードも買うよ。友達のブライアンが、ブルックリンのBedstuyにMixtape Shopっていうレコードストアをオープンしたばかりなんだ」


ーー現代のトレンドはどこから来ていると思いますか?


Irwin「退屈していて、何かを表現したいと思っている若者たち」


ーーお気に入りの写真家は?


Irwin「果たしてお気に入りがいるかはわからないけど、Gerhard Richterは好きだね」


ーーどんな音楽を聴きます?


Irwin「最近は、Public Possession、Music from Memory、Mood Hut、Golf Channel Recordings、Beach Freaks、L.I.E.S.、Beats in Space、My Rules、Invisible City Editions、Born Free、Sofrito、ESP Institute、Antinoteっていうレーベルの音楽が気に入っているよ」



ーー5年後、もしくは近い将来、自分は何をやっていると思います?


Irwin「天井の高いスタジオで、大きな絵を描いていたいね」

ーー何かニュースがあれば教えてください。


Irwin「ロサンゼルスの大麻ブランド、Pure Beautyというブランドと今一緒にコラボしているところなんだ。もしスモーカーだったら、チェックしてみて」


POLANSKI
http://polanski.co/



interview Ryoko Kuwahara
coodinator spinning books http://spinning-books.com




polanski-04


ーーTo begin with Polanski is simply amazing, and as a former magazine editor it is the ideal magazine. I really love the content. What made you start this magazine? What year first launched ?


Thank you so much! The magazine was sort of an experiment to see if I could make a magazine. It started out as blog and it built up a following, so then I decided to make it a publication. It officially launched the summer of 2010.


ーーHow did you come up with name?


It was a bit of a joke at the time. It’s a play on words and images.


ーーCan you tell us about yourself?


My name is Irwin Tobias Matutina and I am the founder of Polanski, an independent publication based in New York.
I studied painting and drawing in college, but I was also interested in other creative outlets like design, film, photography.
I considered it all the same. It was just about making something, the medium was almost secondary. Currently my studio is my living room in Brooklyn. 


ーーIt seems like fashion, photography, and graphic is the focus, but what is the magazine’s concept?


I think the magazine’s approach was to never really define it. I remember when the first issue came out, it was very hard to sell it in to stores. Most of the buyers couldn’t figure out what it was, they thought;
is this erotica? Is this fashion? Is this art? Is this design? Is this pornography? Luckily some people saw it for what it was and loved it.


ーーIs it your role to do everything like planning, editing, directing, and and doing the layout?


Yeah, I pretty much do everything. I reach out to photographers, brief them on the theme, edit, design and art direct all the layouts.


ーーIn order to make this wonderful magazine with all of the staffs including yourself, how is the team formed? Can you tell about each of the roles?


The magazine really doesn’t have a team. My wife was helping me with it for the first couple of issues, but after we had a son. I pretty much did everything myself. I think in the beginning, I was very concerned about the magazine feeling like a “real magazine” with a staff. But after years of doing it, I realized it is a real magazine regardless of the “staff”.


ーーCan you tell me how you make one issue?


It always starts with a theme, then I try and think of contributors that could provide great work based on that theme.



ーーWhat is the process of planning an idea like? Tell me a out the process you go through when you’re putting together a project.

A lot of the decisions I make are just based on feeling or instinct. If I have an idea, normally I’ll let it sit for a bit. Then come back to it, if it still feels new then I usually do it.


polanski-05


ーーWhat is the meaning of producing paper media?


We live in a society where people are constantly looking at screens (including myself), sometimes it’s nice to have a tangible object.


ーーIs it challenging to continue producing paper media in New York? I want to know what the situation for magazines is like in New York.


It can be challenging to print publications in New York, because of cost. More and more publications are coming out though, which is great. I think younger creatives are seeing the printed book or magazine as good way to get their work out. The medium is more democratic.


ーーDo you happen to mainly work with artists in New York?


We try to work with artists based on their work, not their location.


ーーWhat standards have you set when choosing artists to work with?


I think the work just needs to be inspiring. If I don’t find it inspiring, how can someone else have the same feeling?


ーーWhat is most important for you about when it comes to design and layout?


Simplicity, humor and accidents.


ーーWhat is most important when editing?


Every page should feel like it’s hitting you over the head. Pacing and negative space is also good.


ーーWhat is the relationship of art and magazines and fashion and magazines from your point of view?


To me it’s all the same thing and all of it is connected.


ーーWhat kind of experience do you want to provide for the readers?


I want them to be inspired and entertained.


ーーYou make goods as well, but what kind of goods would like to make in the future?


There’s things in the works that I can’t mention just yet. I would like to make more art objects and get into making one-off pieces.

ーーWhat is “Magazine” to you?


A magazine can be anything. It’s any platform to express ideas over time.


ーーIs Polanski a platform? If so, what kind of development do you have in mind?


Polanski is a creative platform where myself and people who inspire me can express ideas freely.


ーーWhat do you like about New York (besides location)?


The food, the work ethic, the spontaneity



ーーWho is buying your magazine mainly? How people are finding you?


I have no idea who’s buying the magazine. My guess would be young creative people. Maybe perverts too.


ーーWhat kind of magazines, media are your daily must check?


I don’t really check magazines daily, but we’re all slaves to social media, right?


polanski-06


ーーWhat’s Internet to you?


The internet scares me, especially how much data is being collected from each individual who uses it.


ーーWhere do you think the trend comes from today?


From youth who are bored and want to express something.


ーーWho is your favorite photographer?


Not sure I have one. I like Gerhard Richter.


ーーWhat kind of Music you listen to? Name of Band/Artist?


Currently, I like music from these labels:
Public Possession, Music from Memory, Mood Hut, Golf Channel Recordings, Beach Freaks, L.I.E.S., Beats in Space, My Rules, Invisible City Editions, Born Free, Sofrito, ESP Institute, Antinote


ーーHow do you find the information usually?


Mostly Discogs, Soundcloud or Youtube. I still buy records at shops when I have the time and money. My friend Brian just opened a great record store in Bedstuy, Brooklyn called the Mixtape Shop.


ーーWhat do you think you will be doing in 5 years? Near future?


Hopefully doing a big painting in a studio with high ceilings.


ーーAny news, or highlight you want us to note about? The latest News on your brand?


Currently working with a cannabis brand out of Los Angeles called Pure Beauty. If you are a smoker, I would check it out. 


POLANSKI
http://polanski.co/



interview Ryoko Kuwahara
coodinator spinning books http://spinning-books.com

RELATED

LATEST

Load more

TOPICS