Joe Odagiri × Yu Aoi『Over The Fence』Interviewneol.jp | neol.jp

NeoL

開く

Joe Odagiri × Yu Aoi『Over The Fence』Interview

odagiriaoi1

 

妻に見限られ、故郷の職業訓練校に通いながら惰性な日々を送る男。自分の感情をうまくコントロールできない事から、他人を拒絶するも、それでも他人を求めてしまう風変わりなホステス。函館を舞台にした映画『オーバー・フェンス』は、壊れかけた心を抱えた男女が惹かれ合う、痛々しくも純粋な恋愛映画だ。原作は1990年に自ら命を絶った作家、佐藤泰志。『海炭市叙景』『そこのみにて光輝く』に続く“函館三部作”の最終章を、青春群像劇の名手・山下敦弘監督が映像化した。すべての虚飾を削ぎ落としたぶつかり合いから見えてくる、普遍的な男女の姿──。10年ぶりの共演で迫真の(ほとんど捨て身の)熱演を見せたオダギリジョーと蒼井優に、作品にかけた想いを聞いた。

 

──とても痛々しくて、同時に、このうえなくピュアな恋愛映画ですね。演じる側も相当な覚悟を強いられる作品じゃないかと感じたのですが……オファーを受けた際の感想はいかがでした? 

オダギリ「僕は以前から、高田(亮)さんの書かれるシナリオが好きだったんです。彼の脚本って……何て言えばいいのかな……すごく魅力的な壊れ方をしてると思うんですね。辻褄の合った会話だけできちっと物語を構築していくんじゃなくて。むしろ所々に、ボコッと欠落してる部分があったりする。台詞ですべてを説明しようとしていない感じがあって、役者としては、そこが演じたくなります」

──なるほど。

オダギリ「いい意味で言葉に重きを置きすぎない。今回の『オーバー・フェンス』もまさにそうですよね。あんなにリアリティーのある欠落とか空白って、本当に上手な脚本家さんしか作れませんから。なので、依頼をいただいて嬉しかったです」

蒼井「私も脚本を読ませていただいて、『ああ、こういう映画出たいなぁ』と素直に感じました。山下(敦弘)監督の作品は初めてですし、オダギリさんとご一緒するのも10年ぶりだったので、もちろんドキドキする部分はあったんです。何より、演じる上ですごく落としどころの難しい役だ思った。でも、そこはもう、やってみるっきゃないかなと。そんな感じで現場に入りましたね」

1 2 3 4 5 6

RELATED

LATEST

Load more

TOPICS