NY Issue : Interview with Rachel Trachtenburg from WOOINGneol.jp | neol.jp

NeoL

開く
text by Ryoko Kuwahara
photo by Diego Garcia

NY Issue : Interview with Rachel Trachtenburg from WOOING

NeoL_WOOING_PORTRAIT_COLOR_02 | Photography : Diego Garcia

少女のように可憐な佇まいのレイチェルを軸に結成された三人編成のバンド、WOOING。素朴なアートワークとは裏腹に、カントリーからサイケにまで転がりいく彼女たちの音楽は実に独創的で刺激的。作曲からアートワーク全編を手がけるレイチェルに、音楽との絆と現在の生活を語ってもらった。


——両親は音楽家ということですが、どんな音楽を手がけていたんですか。


Rachel「コンセプシュアル・アート・ポップ。演劇のような感じのものですね」


——あなたが担当していた楽器は?


Rachel「ドラムです。6歳からやっています。母親は音楽に合わせて流す映像を担当していて、父親はピアノとギターを弾いていました。家族三人だけでやっていたんです」

——ドラムを始める前から、音楽を作っていました?


Rachel「ええ、ほんの少しだけ。ピアノとか、ちょっとしたおふざけ程度に。14歳くらいまでは、あまり真剣に音楽をやっていなかったんですけど、その頃に自分で作曲し始めて、いろんなバンドを組み始めて。ファミリーバンドでもよくツアーをしていたから、たくさん演奏しました」


——どんな音楽が好きだったんですか。


Rachel「60’sのサイケデリックな音楽と、グランジかな。60’sと90’sのミックス。HeliumとQuasiはお気に入りのバンドだし、Led Zeppelinみたいなクラシックロックも大好きだし、Neil Youngの大ファンでもあるんです」


——ああ、確かに。WOOINGにはサイケデリックな音楽の影響を感じます。


Rachel「うん、そういうのって自然と出てしまいますよね」



——アートワークは誰が作っているんですか。


Rachel「私が作っています。ロゴをデザインしたし、アルバムのアートワークやパンフレットも全部私が担当しているんです」


——すごい! 素敵なヴィジュアルですよね。


Rachel「全て独学で、刺繍など全てのアートを自分でやっています。そういうものを作るのが好きなんです。音楽にとってヴィジュアルは大事だから、そのふたつが合わないとうまくいかない。だから愛を込めて作っています」

——どこから曲のアイデアが生まれるのでしょう。


Rachel「ドキュメンタリーからが多いですね。あとは映画かな。『Alice in Wonderland』のような昔のディズニー映画も宮崎駿も大好きだし、名作に影響されています。風景と、感情を呼び起こされることで大きなインスピレーションやコンセプトを得ているんです」

——では、アートのインスピレーションは?



Rachel「同じくフィルムですね。その他には自然の影響も強い。NYに住んでいると、綺麗な空気や緑があまりないから、自然の力を得ると音楽に打ち込むことができます。自然にはインスパイアされ続けていますね」

——作曲とライヴではどちらを大切にしています?



Rachel「エネルギーを発散できるから、ライヴの方が楽しい(笑)。演奏中も後も最高の気分です。作曲は、気分によりますね。楽しい時もあるけど、締め切りがあって焦っている時はちょっとね。でもチャレンジするのはいいことだと思います。考え方も変わるし、いいチャレンスですよね。スタジオでレコーディングするのは大好き。書き終わった曲にスタジオで新しい部分を加えていく作業すら楽しい」


——本を持っているけど、読書が好きなんですか。


Rachel「これはEmma Clineの”The Girls”って本。マンソン事件を知っていますか? 女の子の視点から書いた本なんだけど、とても素晴らしい。ホラーとかカルトっぽいのにハマっているんです(笑)。ストックホルム症候群の心理学とかね」

——読書は歌詞を考えるのに役立ちますか?どのように歌詞を考えているのでしょう。


Rachel「白昼夢を見ているように自分の考えに入り込んで、気持ちに人格を与えるような感じかな。自然ともっと繋がって、自然に感謝しようというテーマもあります。地球をリスペクトすることについて書きました」


NeoL_WOOING_PORTRAIT_COLOR_01 | Photography :  Diego Garcia


——音楽の一番好きなところは?


Rachel「歌うことが好きなんです。最近はいろんな歌い方を試していて。昔は自分の声が大嫌いだったから、成長して1年くらい前から今みたいに歌えるようになったのが嬉しくて仕方ないんです。声が楽器になるというのは素敵なこと。もっと歌でいろんな楽しいことにチャレンジしたいし、自由になった気がしてワクワクしています」

——今は前と全然違います?

Rachel「全く違います。最近Melanie Safkaのバックシンガーをさせてもらったんです。彼女は60’sの歌手で、最近新しいアルバムを出したんです。 伝説の歌手のバックシンガーをするのは楽しかったし、他の人の歌だからいつもと違う感じで、それもまた素敵な経験でした」

——あなたはモデルでもありますが、どうやって音楽とモデル活動のバランスをとっているんでしょう。


Rachel「自然とできているんです。私のエージェントは、時間に気を配ってくれますし、音楽を最優先していることも理解してくれていて。モデルをやっているといろんな経験をできるし、楽しくてクリエイティブな作業がほとんどでとても楽しい。様々な人に会えるし、両方に良いフィードバックをできるから両立できているんです」

——将来は誰とコラボレーションしてみたいですか。



Rachel「Kim Deal。The Breedersが大好きなんです。彼女とコラボするためなら何でもします(笑)。『逆立ちして』と言われたらすぐやりますね。WOOINGをプロデュースしてくれないかな。一緒に働いてみたいわ」

——どうして音楽を作るんでしょうね。


Rachel「存在していない音楽を聴きたいから。同じような音楽を作っている人はいないから、よく自分たちの音楽を聴くんです」


——あなたにとって音楽とは?


Rachel「人生の全てです。昔からずっとそう。両親も音楽がきっかけで出会ったから、私のそもそもの成り立ちにも関係しています。音楽がなかったら、存在意義もないかも。音楽は全てです」

——音楽におけるSNSの影響についてどう思いますか。


Rachel「エンタテインメント界にとってSNSが欠かせない存在になってしまったのは、ちょっと寂しいですね。アカウントがないと活動についてあまり知ってもらえないし、人と繋がるのも難しい。でも私はインスタグラムに時間を使いすぎているかも。何時間も見続けてしまうから、たまに友人に怒られてしまいます(笑)。楽しいし、世界中の人と繋がれるのが好きなんです。日本にいるファンと話したり、意見を聞いたりできるのは最高だと思います。どういう人にフォローされているか最近チェックしたんですけど、私のはフォロワーの86%は同年代の女性。自分に似ている人に発信しているということを知ってクールだと思ったし、パワーをもらった気分です。SNSにはマイナス点もあるけど、上手く使えば音楽を盛り上げられると思います」


——いま進行中のプロジェクトと、最新のニュースがあれば教えてください。


Rachel「まだ確定はしていないものも多いけれど、来年の準備をしています。シューズブランドSteve Maddenがビデオをスポンサーしてくれることになったから、たくさんの作品を作る予定です。とても楽しみ!」


——新曲も作っていますか。

Rachel「アルバム1枚分の曲はありますね。今は来年のレコーディングの準備をしています。いろんなプロデューサーと会って、誰とアルバムを作るか決めている最中。アートワークなどはもう決まっています」


——楽しみにしています。ありがとう。


Rachel「こちらこそありがとう!」



WOOING BAND
https://www.instagram.com/wooingband/
https://m.soundcloud.com/wooing-band


photography Diego Garcia
interview Ryoko Kuwahara




NeoL_WOOING_PORTRAIT_BW_02 | Photography : Diego Garcia


——Your Parents are musician, Right? So what kind of music did your parents play?


They played like conceptual art pop. It was a very theatrical concept.


——What kind of instrument did you play?


I played the drum. There were slides in the background and my mom worked on those visuals slides that the music went to. And my dad played piano and guitar. So, it was just the three of us.


——When did you start drumming?


I started drumming at age 6.


——Were you already making music, before you started drumming?


Yeah, a little bit. Like piano and a little silly stuff. But I didn’t take it too seriously until I was like 14. That’s when I started writing my own songs full-time and always having bands and stuff. The family band toured a lot when I was younger and we played for a long time.


——What kind of music did you like?


I like a mixture of psychedelic like 60’s stuff and then I like a lot of grunge era stuff. So, a mixture between the 90’s and 60’s. I love like Helium and Quasi, are some of my favorite bands. And then, I love classic rock like Led Zeppelin. I love Neil Young.


——I feel the psychedelic influences in WOOING.


Oh yeah, it’s there.


——Who creates the album art and visuals for your music?


Me. I designed the logo. I do all the album artwork and the fliers.


——You’re so talented. I love the visuals!


I’ve just been teaching myself how to do all of it. All self-taught. Yeah I do all the embroidery and stuff. I love it. It’s a big part of it for me, the artwork, because music is very visual and if the two don’t fit together naturally, it’s just not going to work. Yeah, I put a lot of love into that as well.


——How do you usually come up with ideas for songs?


A lot of it comes from documentaries for me. That’s usually where a concept or inspiration comes from. Usually film, old Disney films like Alice in Wonderland. Just like classics. I really love Miyazaki. So those kind of visual landscapes and emotional reactions are big inspirations.


——How about your artwork?


Similar for film and stuff and nature. I feel like since I live in NY and you don’t get much fresh air and trees, so that’s a big inspiration for trying to get grounded and that pulls me back into the music. It keeps me inspired.



——Which is more important in music, making music or playing live?


Concerts are more fun because there’s so much energy and release. I feel amazing after a show, and on stage. Writing songs, it depends. If I’m in the mood, it’s fun. But, if it’s like, “I have deadlines and I have to get shit done!,” it’s harder, of course. But it’s challenging in a nice way because it makes you think in a different way. I love recording, I love being in the studio. That’s really fun for me. And working on a song once it’s already written and done, and being able to go to the studio and add more stuff, you feel like you’re rewriting it all over again. I love that.

——I see you have a book, but do you love reading books?


This is “The Girls,” by Emma Cline. Do you know the Manson Murders? This is from the girls’ perspective and it’s really good. I’m very into horror and that kind of cult thing. The psychology behind Stockholm Syndrome and just what it can do to you.


——Is it for songwriting? How do you write?


I think it’s kind of similar to the EP. It’s a lot about daydreaming and getting caught up in your own thoughts and like the personification of your feelings. And a lot about nature and wanting to connect to it, and being appreciative of how much it gives us. And just kind of about being respectful to the planet that we are given.



——What aspect of music do you enjoy the most?


Singing. I’ve been doing a lot more with my voice and I’ve been feeling more comfortable with that, which is really nice. I used to hate it. It’s nice to look at it s an instrument of its own because I was never like that. And I have a lot of friends who are beautiful vocalists and I never thought of myself as someone like that. So it’s nice that lately, I’ve been feeling more comfortable with my own voice and doing a lot more challenge and fun stuff. And that’s really exciting because it’s very freeing.



——Your vocals feel very emotional. And now it’s very different from before?


Yeah. I recently got to sing backup vocals for Melanie Safka. Do you know of her? She’s like a singer from the 60’s. She has a new album out and She sang the and wrote the song brand new key. But it was really fun to sing back-up for such a legend. Also it was fun because they put me out of my element by singing in someone else’s song. Yeah, so that was nice.

——How do you balance music and modeling?


It comes together very naturally. My agent is very respectful of my time and that music comes first for me. But modeling gives me a lot of opportunities and it’s really fun and creative, a good amount of the time. It’s fun. You meet people, and they kind of both feed into each other very nicely and it somehow works out.



——If you could collaborate with anyone, who would you choose?


Kim Deal. I love The Breeders. I would do anything. If she’s like, “Stand on your head,” I’d be like, “Okay, here I am.” That’s my dream collaboration. Or if she’d wanna produce Wooing or something, I’d love to work with her.

——Why you make music?


I think it comes from wanting to hear what isn’t happening. I listen to my music a lot, so it’s one of those things where I don’t think there’s a band like what I make.


——So, what does music mean to you?

It’s my whole life. It always has been. My parents met at an open mic so it just kind of related to my existence and everything. And I feel like there wasn’t music, I wouldn’t be a reason to really exist. It’s everything.


——What do you think about social media’s influence on music?


I think it’s sad that it’s so important because it’s a very important aspect of a career in entertainment, I think. If you don’t have it, it’s hard for people to see what you’re doing and connect and stuff. So um, I definitely spend way too much time on Instagram. Like HOURS.It’s fun. I like that you can connect with people all around the world. That’s really cool. I like being able to talk to people in Japan in my messages, and hear from fans and stuff. I just did that thing where you can see what the demographics of your followers are, and 86% of them are women my own age. I think that’s really cool and empowering that I’m speaking to people that are just like me. I love that. It has its downsides because it’s controlling in a lot of ways, but it can be empowering for music if used in the right way.

——Any exciting news or information about ongoing projects?

Things are still kind of like up in the air right now, but we have some exciting stuff that we’re working on for next year and a lot of videos. And the band partnered up with the shoe company Steven Madden, so they’re sponsoring us for a little bit for some videos and stuff. So we’re doing some collaborative context with them. So that’s really fun.


——Did you sign to a label?


We have a small label here that we’re starting to work with, but we’re trying to figure things out and see what the right fit is.


——I see.I Are you making more albums?


We have enough to make another album, and right now, we’re working on pre-production. We’ll probably be recording it next year. But we’re meeting with producers and trying to figure out who’s the right person to make it with. I’ve already tried to figure out artwork and all of that.

——Thank you for your time.


Thank you for meeting me here!

WOOING BAND
https://www.instagram.com/wooingband/
https://m.soundcloud.com/wooing-band

photography Diego Garcia
interview Ryoko Kuwahara

RELATED

LATEST

Load more

TOPICS