藤代冥砂「新月譚 ヒーリング放浪記」#49 眼の力neol.jp | neol.jp

NeoL

開く

藤代冥砂「新月譚 ヒーリング放浪記」#49 眼の力

meisa1


 先日、ある女優さんを撮影した後で、彼女はこう言うのだった。


「カメラマンさんには全てを見透かされているような気になります。レンズを通して見つめあったりするし。」
「うん、確かにそうだね。見つめ合うよね。非日常的なくらいに。」
 

 この何気ない短い言葉の受け渡しのあとで、私は、そこにとても大切な気づきがあると感じた。これは見過ごせない、見つめ合うことについて、あとでゆっくり時間をとって考えた方がいい、と。
 前述の女優さんが言うように、カメラを手にする者と、撮られる者との間には、非日常的な時間が流れる。なにしろ、言葉を交わさずに見つめあっている時間がとても長いからだ。


 言葉を交わさず見つめあっている時間。


 これは、恋の始まりにしか起こらない稀な瞬間の重なりで、つまり一般的には、長く短い人生の中でも、瞬きのような短時間にしか経験出来ないことだ。あくまで一般的には、だけれど。
 撮影者と被写体との間に生まれる、恋人のような共犯者のような、特別な関係は、言うまでもなく、見つめ合うことから始まる。もう少し付け加えるなら、見つめ合い続けることから生まれる。
 このことは、いったい何を意味するのだろうか?
 アイコンタクト、という言葉があるくらい、人は目と目でコミュニケーションできる。元々言葉を持っていない頃から、人もコミュニケーションが取れていたはずだから、目と目での意思疎通は出来て当たり前だとも言える。
 だが、この目と目によるコミュニケーションを、案外、現代人は等閑にしてはないだろうか?
 自分のケースで考えてみると、会話中には相手の目を見て話しはしているが、ここでは目よりも、言葉の取捨選択や組み立てに意識のほとんどが費やされていて、視線は一応相手の目に置いてあるような感じである。もちろん、目に現れる相手の感情の起伏や平坦さに気づきはするが、言葉のやり取りに、置いていかれてしまうのがほとんどだ。



2ページ目につづく

1 2 3 4

RELATED

LATEST

Load more

TOPICS